2008-02-05

真剣に『東大寺』巡り <1.大仏殿編>

東大寺(大仏殿)-奈良の大仏

日本一の規模を誇る大寺院『東大寺』には、これまでも何度も足を運んでいます。しかし、奈良県民の悲しさというか、他県からいらっしゃった方のように、時間をかけて丹念に見ていくということはあまりしておらず、ちょっと空いた時間に大仏殿だけ拝観して・・・というパターンばかりだったんですよね。

しかも、自分の場合は、それが「なら燈花会」の日だったりするものですから、あまり昼間の大仏さんも見た記憶が無かったりして・・・。そこで今回、朝から早起きして、東大寺を丹念に見て回ることにしました。

・・・とはいえ、やはりあれだけのスケールのお寺ですから、全ては無理だとして、「大仏殿」から「正倉院」、東側の「二月堂」「三月堂(法華堂)」「四月堂(三昧堂)」などから見ていきます(「戒壇院」「転害門」や公開日が限定されているものは別の機会に)。



■真剣に『東大寺』巡り
<1.大仏殿編><2.二月堂編><3.三月堂など><番外:鹿のいる風景>

東大寺巡りは「南大門」から!

東大寺巡りの最初はもちろん「南大門(国宝)」から始まります。鎌倉時代に大仏殿を再建したりと、東大寺の再興の祖として知られている「俊乗坊重源」が伝えた建築様式を用いているそうです。この門の内部は吹き抜け(?)のようになっていて、天井が貼られていないため、最上部まで見渡せるというちょっと珍しい構造です。

左右を固める金剛力士像はもちろん国宝で、高さ8.4m。「阿形は快慶作、吽形は運慶作」と習っていたのですが、解体修理によって発見された資料から、それが少し違っていたことが分かっているのだそうです。いずれにしても力強く迫力のある像で、じっくり見ていても飽きませんね。「阿形・吽形が向かい合っている」「右に吽形・左に阿形と、普通とは逆」というのもここの特徴です。

こんなすごい建築物と仏像の脇で、鹿が観光客を追い回して盛大にフンをしているんですから、何だか不思議な光景ですね(笑)

東大寺(大仏殿)-南大門
運慶・快慶作の「金剛力士立像(国宝)」で有名な「南大門(国宝)」。台風で倒壊した後、鎌倉時代に再建されたものです

東大寺(大仏殿)-南大門の斗きょう
東大寺南大門の「斗きょう(ときょう)」。軒先を支える組木のことで、ここのものは前に6段も張り出す「六手先」という珍しいスタイルなのだとか。門の内部も吹き抜け風(?)で、ちょっと面白い感じになっています

東大寺(大仏殿)-吽形
向かって右手に「吽形(うんぎょう)」。湛慶などが指揮をとって制作されたそうです。大きすぎて、写真を撮るのが難しい被写体ですね(笑)

東大寺(大仏殿)-阿形
左手の「阿形(あぎょう)」。運慶が製作総指揮で快慶も参加(異論は色々あります)。間近で見ると、並外れた力強さを感じますね

東大寺(大仏殿)-吽形の足
吽形の足元。筋骨隆々でアンクレット(?)がカッコイイ!


「金堂(大仏殿)」は大きいだけじゃない!

南大門からさらに進むと、朱色の「中門」、そこで拝観料を払って入場すると、いよいよ「金堂(大仏殿)」です。これだけの巨大建築物というだけでも圧倒されてしまいますが、背後に見える若草山や広々とした緑地など、遠目から見ていてもいいんですよね。また、建物の細工も素晴しくて、ジ~ッと見ていても飽きることがありません。

中学生時代に修学旅行で来た時には、そんなありがたみはサッパリ分かりませんでしたが、よ~く見てみるとすごい建築物なんだと、今さらながら気付きました(笑)

東大寺(大仏殿)-中門
大仏殿の手前にある「中門(重文)」。2階建ての楼門で、江戸時代に再建されたもの。まだ朱塗りが鮮やかに見えますね

東大寺(大仏殿)-大仏殿1
東大寺の「金堂(国宝)」。通称の大仏殿という名前の方が有名ですね。間口57.01m、高さ48.74mで、自由の女神像も収納できるサイズ。2度の火災から再建されています

東大寺(大仏殿)-八角灯籠
金堂前の「八角灯籠(国宝)」。大仏殿に目が奪われてしまいますが、コチラも天女の細工などが美しいものです

東大寺(大仏殿)-大仏殿2
下から大仏殿を見上げた図。左下にある窓は、「なら燈花会」などの際に開放されて、遠目からでも大仏様の顔が見られるようになります


奈良の大仏さん、いつ見てもデカっ!

大仏殿の中にいらっしゃいますのは、もちろん奈良の大仏さんこと「盧舎那仏像(るしゃなぶつぞう)」です。もうとにかく「デカっ!」としかいい様がありませんね。これは中学生の時も、それから20数年経った今でも一緒です(笑)

脇侍の「虚空蔵菩薩」さんも「如意輪観音」さんも素晴しいのですが、やはりご本尊の迫力に押されてます。いずれも、比較的、制作年代が新しいこともあってか、見て楽しい仏像的なインパクトは薄めかもしれません。特に、このところ艶かしい如意輪観音さんに出会ってきているので、やや物足りない感が・・・。

しかし、この日は平日でまだ観光客が少なめでしたし、修学旅行シーズンからも外れているのでまだ静かなものでしたが、それでも「大仏さんの鼻の穴」辺りは賑やかでしたね。アジア方面からの団体さんも多かったのですが、やっぱりここが一番盛り上がるようです。信仰心とは全く関係ない話ですが、こんな娯楽性があってエンターテイメントを感じるのも東大寺の良さなのかもしれませんね。

東大寺(大仏殿)-盧舎那仏像1
ご存知「奈良の大仏さん」。正式には「盧舎那仏像(るしゃなぶつぞう)」で、もちろん国宝。752年の開眼ですが、ほとんどが後に補修されていて、当時から残っている部分はほとんどないそうです

東大寺(大仏殿)-盧舎那仏像2
大仏さんはさすがに大きすぎて、細部を眺めて楽しむものでもありませんし、つい畏怖の念を覚えてしまいます。光背にいる仏さんまで大きいですからね!

東大寺(大仏殿)-虚空蔵菩薩坐像
大仏さんの向かって左側の脇侍が、木造の「虚空蔵菩薩坐像(重文)」。ずっと昔からここにいらっしゃったのかと思いきや、1752年の作なんだそうです。裾の部分の処理が飛鳥風に見えます

東大寺(大仏殿)-如意輪観音坐像
向かって右側の脇侍は「如意輪観音坐像(重文)」。こちらは1738年の作だとか。拝観順路の一番最後になるので、ややスルーされやすい存在かもしれません(笑)

東大寺(大仏殿)-広目天像
金堂の西側を守る「広目天像」。こちらもなかなかの大きさで、このサイズの仏像さんがこれだけ間近に見られるのもなかなか珍しいかもしれません

東大寺(大仏殿)-多聞天像
四天王のお一人「多聞天像」さん。目の前にはお馴染みの「大仏さんの鼻の穴」があるので、落ち着いて見ていられません(笑)

東大寺(大仏殿)-ご朱印
東大寺金堂でいただいたご朱印です。華厳宗大本山なので「華厳」。乾かし方が足らなくて、汚れちゃいましたよ・・・


※マウスの乗せると「i」のマークが現れます。それをクリックするとコメントが表示されます。

■画像の一覧は【Flickr】でどうぞ。



大きな地図で見る


■東大寺

HP: http://www.todaiji.or.jp/
住所: 奈良県奈良市雑司町406-1
電話: 0742-22-5511
宗派: 華厳宗大本山
本尊: 盧舎那仏(国宝)
創建: 8世紀前半
開基: 聖武天皇
拝観料: 大仏殿:500円、三月堂(法華堂):500円、戒壇院:500円
拝観時間: 8:00 - 17:00(季節・施設により変動します)
駐車場: 有料駐車場あり(一日1,000円程度)
アクセス: JR奈良駅・近鉄奈良駅より、市内循環バス「春日大社大仏殿前」下車、徒歩5分






 【真剣に『東大寺』巡り <1.大仏殿編>】へのコメント
muku  08-10-27 22:11

はじめまして。mukuと申します。
今度奈良まで行こうと考えてまして、此方に辿り着きました。
とても素敵な写真ばかりで、どこに行こうかますます
迷ってしまいました。また参考にさせてくださいね。

naka  08-10-29 0:19

>mukuさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

奈良にはホントに色んな観光スポットが沢山ありますので、ぜひお越しください。
京都よりは地味だし、大阪ほど食べ物のバラエティーはありませんが、
1泊2日の旅行の間で、20回くらいは「渋いっ!」って言えると思いますよ(笑)

何か迷うようなことがあったら、遠慮なくご相談くださいねー。

東本願寺  10-02-15 23:16

浄土堂へ行って、また南大門が見たくなりました。東大寺はもう何度も行ってますけど、あの賑やかな雰囲気はいいですね。南大門は800年間一度も解体修理してないみたいで、凄いと思います。
大仏殿は鎌倉の天竺様大仏殿が見たかった。浄土堂を見て、内部空間の迫力は天竺様のが1番凄かったのではないか、と思えてきました。初代より棟が短くなり、下層屋根が柱の途中に取り付けられただけの天竺大仏殿(初代と今の大仏殿は身舎の周りを庇が囲む)は、浄土堂と同じく内部空間の上昇感が凄かったと勝手に想像してます(笑)

naka  10-02-16 21:31

>東本願寺さん

今の大仏殿でもあれだけ巨大でほとんど天井が見えないくらいなのに、過去のものはどれだけスケールが大きかったのかと想像が膨らみますよね。大仏さんも同様ですが、当時の技術でそこまでのスケールのものを作り上げたことにロマンを感じます。

大仏殿に復元模型があったと思いますが、両脇に七重塔があったというのもすごいですよね!その全てが完全に今に残っていれば、どれだけ壮観な景色だったことか。今さら復元もしてくれないでしょうし、想像上で楽しむしかありませんが(笑)

東本願寺  10-02-16 22:23

明治に大仏殿を修理したさいに、七重塔復元計画があったとか聞いたことあります。実現して欲しかったです。
昔は凄いですよね。相国寺には東大寺七重塔を上回る109mの七重塔があったといいますし、秀吉の方広寺大仏殿は東大寺大仏殿より大きかった。1859年まであった元興寺五重塔は高さ73mで史上最大の五重塔だった。
・・・やはり想像の世界になってしまいます(笑)

naka  10-02-17 23:09

>東本願寺さん

そんなに高い建物なら、そりゃ雷も落ちるし地震にも弱いし・・・ってなりますからね。何年も残すのは難しいとは思いますが、やっぱり見てみたい!東大寺で復元して欲しいですねー。数字だけ見ても、よくそんな無茶な計画を立てたと驚いてしまいます(笑)

東本願寺  10-03-13 21:44

行きました!東大寺。
学生の頃から行ってますけど、私もあの頃はそれほど寺に興味がありませんでした。
南大門や金堂の斗栱は独特で面白いですね。
独特といえば金堂の柱。再建時は大きな柱がなくて数本の木を継ぎ、周りに
16枚の木を打って金属ベルトで締めてると言われます。
この16角形柱は技術的には凄いのでしょうが、少し人工的。個人的には蔵王堂の自然木の方を好んでいます。
私は仏像の知識に疎いので、いつも参考になります。
両脇の仏像は本尊のインパクトに隠れるというか、確かに印象は薄かったですね。本尊は大きいだけでなく、鋳造ならではの重量感が凄かったです。

naka  10-03-15 19:57

>東本願寺さん

東大寺は何回行ってもいいですよね!

私も以前はお寺の良さなんてサッパリ分かりませんでしたが、改めて見てみると、隅から隅まで面白いですよね。大仏様の建築や斗きょう、木材を継ぎ足して作った太い柱(巨木が不足したためと聞いたことがあります)など、不思議で仕方ないです(笑)

大仏殿の仏さまに関しては、近いうちにもっと詳細な記事を書きたいと思ってますので、ぜひそちらもご期待ください!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ