2016-08-12

国重文!和風の教会建築『日本聖公会奈良基督教会』@奈良市

国重文!和風の教会建築『日本聖公会奈良基督教会』@奈良市

東向商店街に面して建つ『日本聖公会奈良基督教会』。昭和初期に建てられた全国的にも珍しい和風の教会建築で、2015年5月、併設の「親愛幼稚園」とともに国の重要文化財へ登録されています。「土曜・日曜の午後」には見学可能になっていますので(※除外日あり)、奈良の街に溶け込んだ素晴らしい近代建築を堪能してみてください!


祝!国重文!土日に見学できます

近鉄奈良駅から徒歩5分ほど、東向商店街に面して建つ『日本聖公会奈良基督教会(にほんせいこうかいならきりすときょうかい)』(Wikipedia)。昭和初期に建てられた和風の教会建築で、2015年5月に国の重要文化財へ登録されています。

教会の施設ですし「親愛幼稚園」も併設されているため、普段は部外者は立ち入ることはできません。私たちは以前、クリスマスのイベントの際に内部を拝見して、ご紹介したことがありました。


しかし、現在では「土曜・日曜の午後」に教会の見学ができるようになっているのだとか。幼稚園の保育などのある日、また人手が足りない日には見学できないこともあるそうですので、「拝見できたらラッキー」くらいの気持ちで行ってみるといいですね。


日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-01

東向商店街にある『日本聖公会奈良基督教会(にほんせいこうかいならきりすときょうかい)』の建物。通り沿いに鉄柵が設けられていて、その先は石段になっています。同じ敷地に親愛幼稚園があり、園児や父兄の方たちが出入りしていますが、普段は部外者は立ち入ることはできません

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-14
門のところの貼り紙。「教会信徒・在園保護者以外で、無断で立ち入ることはご遠慮ください。」と明記されていますが、「教会の見学は、土曜日・日曜日の午後のみできます。(※幼稚園の保育がある日は、見学できません。)」とのこと。ありがたいことです!この日はちょうど土曜日の午後だったため、教会内部をさせていただきました


全国的に珍しい和風の教会建築です

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-02
『日本聖公会奈良基督教会』の入口部分。純和風の外観ですが、屋根に十字架がかかげられ、ここが教会であることを知らしめています。奈良市の中心である近鉄奈良駅からも近く、興福寺三重塔のすぐ真裏くらいの位置関係になります。街の中心部にこんな歴史ある建物が現存しているのが、さすが奈良ですね!

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-15
この日いただいた案内書。「奈良基督教会は、1887年(明治20年)花芝町に開かれました。その後現在の地に移転し、1930年(昭和5年)に信徒で宮大工の大木吉太郎氏の設計により純和風の礼拝堂が建てられました。外観は和瓦葺きの屋根に真壁造りの壁面、内部は主に吉野の檜を用い、数寄屋風に仕上げられています。この礼拝堂は祭壇、説教壇、聖書台、長椅子等を含め、幼稚園舎とともに国の重要文化財に指定されました(2015年)。これらは創立100周年を記念して設置sれたパイプオルガンとともに、現在も大切に利用されています。(一部抜粋)」

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-04
入り口の脇には聖母子像が。和と洋が自然と溶け込んでいます。片山東熊の設計により1894年に建てられた「奈良国立博物館旧本館(現・なら仏像館)」が、「奈良公園に洋風建築はそぐわない。けしからん」と非難されたこともあり、奈良基督教会の建物は教会でありながら純和風になりました。歴史のいたずらと言えるかもしれません


欄間に格天井。古都の風情があります

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-05
『日本聖公会奈良基督教会』の「会堂(かいどう)」(国重文)の内部。中央が広く東西に側廊を設けた「三廊式」で、欄間や障子があったり、天井の格天井(ごうてんじょう)などは、いかにも和の建築です

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-06
正面の祭壇。境目に欄間があるのも珍しいのですが、その模様が小さな波を表している、他ではあまり見かけないものでした。細部まで面白いですから、ぜひじっくりと観察してみてください!

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-07
説教壇、聖書台など、会堂家具45点も合わせて国の重要文化財に登録されています。この日は関係者の方にお話を伺えたのですが、このクラスの建築物となるとちょっとした修理でも各所への届け出などが大変ですが、国重文に登録されたことで届出先に文化庁が加わり、ますます大変になったとか。奈良が好きで、近代建築が好きな私などは、ただただ感謝です!

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-12
会堂にずらりと並ぶ長椅子も重要文化財です。大事に大事に受け継いでいって欲しいですね

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-08
創立100年を記念して、教会会堂の後部に設置されたパイプオルガン。1200本ものパイプを使った巨大なものです

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-09
パイプオルガンの鍵盤の部分。楽器に疎い私にはよく理解できませんが、つまみがたくさん並んでいます。一度迫力の音を聞いてみたいですね!

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-10
特別な礼拝の際に使用される、大理石製の「洗礼式」なども拝見できました。側面に浮き彫りになっているのは、鹿……かと思いきや「羊」です。頂上部には鳩が乗ったふたがあり、ここが開くようになっています。キリスト教の知識はほぼありませんが、説明を伺うといろんな驚きがありました

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-11
会堂に吊るされたライトも、十字架の文様が。和と洋がしっくりと溶け込んだ素晴らしいデザインですね

日本聖公会奈良基督教会 @奈良市-13
なお、隣接する親愛幼稚園の園舎も重要文化財です。ここに通う園児さんたちは、大人になってから「すごいところに通園してたんだな」と思われるんでしょうね。他所の者からしたら羨ましい限りです!



■日本聖公会・奈良基督教会

HP: http://www.nskk.org/kyoto/nara/
住所: 奈良県奈良市登大路町45
電話: 0742-22-3818
駐車場: なし
アクセス: 近鉄奈良駅から徒歩5分ほど

※教会の見学は、土曜・日曜の午後のみ行われています。幼稚園の保育などのある日は開催されませんので、開催されていない場合はまた日を改めてお出かけください。

※実際に施設を拝見したのは「2016年7月30日」でした


■参考にさせていただきました

奈良基督教会 - Wikipedia
日本聖公会奈良基督教会の重要文化財(国)指定について/奈良県公式ホームページ


■関連する記事








" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ