2012-01-10

雨乞いの社『飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社』@明日香村

雨乞いの社『飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社』@明日香村

奥飛鳥に鎮座する『飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社(あすかかわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ)』にお詣りしてきました。長い石段が特徴で、日本一長い名前の神社であり、日本で一番古い雨乞い伝説が残る神社でもあるとか。また河瀬直美監督の映画『朱花の月』のロケ地でもあります。


神奈備川に建つ、皇極天皇の雨乞いの神社

奈良県の明日香村の奥まった土地「奥飛鳥」。石舞台古墳から15号線をさらに山中へ進み、稲渕地区と栢森地区の間くらいに、『飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社』という古社があります。

ここは、どうやら「日本一長い名前の神社」であり、「日本で一番古い雨乞い伝説が残る神社」でもあるそうです。主祭神は「宇須多伎比売命(うすたきひめのみこと)」。飛鳥坐神社の御子神とされている方で、大国主命のお妃様として知られています。



日本最古の歴史書『日本書紀』に雨乞いが行われた地との記録が残る。642(皇極元)年、日照りが続き、農作物が育たず、人々は飢えに苦しんでいた。
当時、政治の実権を握っていた蘇我氏が、先に雨乞いの儀式をするが、少ししか雨が降らない。ところが皇極天皇が四方拝して雨乞いすると、雷が鳴って大雨が降り出したという。雨はしばらく降り続け、この地に恵みをもたらした。その様子を見て、人々は大いに喜び、天皇の徳を称えたと伝わる。
本殿はなく、拝殿後方の南淵山をご神体とする原始神道の神社。祭神は、古代宇佐国(福岡県北部)の多伎都比売命(たぎつひめのみこと)で、大国主神のお妃である。自然の偉大さを感じられる神秘的な場所だ。


清らかな飛鳥川が流れ、それを見守るように長く急な石段が続きます。下から見上げるとかなりの急角度で、登った先が見えないほどでした。

ちなみに、この神社は、奈良を舞台に映画を撮り続けている河瀬直美監督の作品『朱花の月』のロケ地にもなっていて、劇中に長い石段と境内の建物が登場しています。個人的に大好きな映画でしたので、今回のお参りはそのロケ地巡りの気分も味わえました。


飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-01

奥飛鳥に建つ『飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社(あすかかわかみにいますうすたきひめのみことじんじゃ)』。観光客の姿もほとんど見られない、静かな場所に鎮座しています。急な石段の前を、飛鳥川の清流が流れ、とても雰囲気があります

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-02
石段のすぐ脇に建つ古い建物(おそらく社務所だと思います)。いつくらいの建築物なのかは分かりませんが、歴史を感じさせる佇まいです

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-03
石段脇にある手水舎

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-04
傾斜の急な石段。光のコントラストが強すぎて、上が見えません

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-05
石段を登りきって下を見下ろしたところ。約150段ほどあるようです。かなり息が切れますので、のんびりと登ってください


後方の「南渕山」をご神体としています

石段の先にある鳥居をくぐると、鳥居と社殿が見えてきます。

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社は、本殿を持たず、大神神社と三輪山のように、後方の山「南淵山」をご神体としており、拝殿だけがあります。境内はとても神さびた雰囲気ですし、古くから続く信仰の形を感じられるようで、厳かな心持ちになりました。自動車でないと行きづらい場所ですが、お詣りしてこの雰囲気を感じておくだけの価値はあると思います。


飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-06

石段を登り切った先に、鳥居と社殿が見えてきます。静かで厳か。清浄さが感じられる場所でした

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-07
境内にある、備品などを収納するちょっとした建物。ここも映画『朱花の月』に登場していて、縁側部分に主役のお二人が並んで腰掛けていました。ファンとしては実物を拝見できて嬉しいです!

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社@明日香村-08
飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社の拝殿。本殿は持たず、大神神社のように、後方の山「南淵山」をご神体とする原始神道の形態を残しています。拝殿の両脇には、境内社の仁徳天皇社と武内社が祀られています


「南淵請安」先生のお墓もすぐ近くです

すぐ近くには、中大兄皇子と中臣鎌子に儒学を教え、乙巳の変(大化の改新)に関わった「南淵請安(みなみぶちしょうあん)」のお墓があります。ここも飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社の末社があり、毎年例祭が行われているとか。お時間のある方はぜひ合わせてお詣りしてみてください。



大きな地図で見る


■飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社

HP: 参考サイト(玄松子の記憶)
住所: 奈良県高市郡明日香村稲渕698
主祭神: 宇須多伎比売命、神功皇后、応神天皇
創建: 不明
開門時間: 境内自由
アクセス: 近鉄「飛鳥駅」より徒歩60分


■参考にさせていただきました!

飛鳥川上坐宇須多伎比売命神社
奈良の寺社: 飛鳥川上坐宇須多岐比賣命神社










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ