2016-06-22

『岡寺』に無料駐車場があるってご存知でしたか? @明日香村

『岡寺』に無料駐車場があるってご存知でしたか? @明日香村

西国三十三所巡礼の第七番札所であり、日本最初のやくよけ霊場でもある、明日香村岡の『岡寺』。車で参拝した際に、いつも通り沿いにある民営の有料駐車場「岡寺門前駐車場」を利用してきましたが、山門のすぐ近くに無料の駐車場があることにようやく気付きました!なかなかわかりづらい場所なので、道順をご説明しておきます。


民間の有料駐車場だけではありません

日本最初の厄除け霊場を名乗る、明日香村岡の古刹『岡寺(龍蓋寺)』。西国三十三所観音巡礼の第七番札所でもあり、常にたくさんの参拝客で賑わっています。

私たちもこれまで何度もお詣りしてきたのですが、その際、いつも通り沿いにある「岡寺門前駐車場」(民営の有料駐車場)を利用してきました。

長い間、「岡寺の駐車場はここしかない」と思い込んでいたのですが、じつは門前のすぐ脇に、参拝客も利用可能な無料駐車場があったのです!道順がややこしいので、少しだけ丁寧にご説明します。


明日香村『岡寺』の無料駐車場-01

明日香村の小高い丘の上に建つ『岡寺』。境内の前を県道15号線が走っていて、門前には「岡寺門前駐車場」の大きな看板があります

明日香村『岡寺』の無料駐車場-02
「岡寺門前駐車場」は民営の有料パーキングで、普通車で500円など。駐車場はここしかないものだと思い込んでいたのですが、そうではありませんでした!(※車内から撮影した画像なので、見づらいのはご容赦ください)


道順はやや複雑。でも広くて無料!

明日香村『岡寺』の無料駐車場-03
県道15号線は、岡寺の前ではくねくねと曲がりながら南北に走っています。岡寺の北側には万葉文化館、南側には石舞台古墳があります。万葉文化館側(北側)から岡寺を過ぎて、石舞台古墳側へ50mほど進むと、右手(岡寺のある方向と逆)にそれる細い道があります。角に「和風レストラン 飛鳥めんどや」さんの看板が立っているのを目印にしてください

明日香村『岡寺』の無料駐車場-04
すると、すぐに小さな交差点が現れ、そこを左手へ。一番目立つ案内看板は先ほど通りすぎた「岡寺門前駐車場」ですが、一番上に小さく左向きに「岡寺」とあります

明日香村『岡寺』の無料駐車場-05
少し進むと、先ほどの県道15号線をくぐる道に出ます。ここは岡寺の本来の参道で、細い急坂が続きます。そこから駐車場までは200mほどです

明日香村『岡寺』の無料駐車場-06
ほぼ坂を登り切ったところに「岡寺臨時駐車場」の表示が見えてきます。この先すぐに山門がありますが、この先には車を停めるスペースはありません。なお、「臨時駐車場」とありますが、普段は一般の参拝客が駐車してもまったく問題ないとのことでした

明日香村『岡寺』の無料駐車場-07
駐車場の様子。未舗装ですが、かなり広めです。ここが第1駐車場で、すぐ下の敷地部分に第2駐車場があります。駐車場から石段を登ればすぐに山門のところへ出ますから、有料駐車場よりも近いのも便利ですね。わかりづらい場所にありますが、覚えておくといいですね


今なら御本尊の修復作業も見られます

明日香村『岡寺』の無料駐車場-08
岡寺の本堂。日本最古の塑像(=土で造られた仏さま)「如意輪観音坐像」を御本尊として祀っています。2016年のゴールデンウィーク明けから御本尊は修復作業に入っており、堂内に足場を組んで作業なさっていました。そんな現場が間近で拝見できる機会などめったにありませんので、平日にお詣りするといいかもしれません

明日香村『岡寺』の無料駐車場-09
本堂前のお線香の台は見事な蓮弁型

明日香村『岡寺』の無料駐車場-10
お庭の蓮の花はもう開花直前でした!



■岡寺(龍蓋寺)

HP: http://www.okadera3307.com/
住所: 奈良県高市郡明日香村岡806
電話: 0744-54-2007
宗派: 真言宗豊山派
本尊: 如意輪観音(重要文化財)
創建: 不明
開基: 義淵僧正(伝)
拝観料: 一般400円、高校生300円、中学生200円
拝観時間: 8:00-17:00(12月-2月の間は16:30まで)
駐車場: あり(民営の有料駐車場 500円)
アクセス: 近鉄「橿原神宮前駅」より、奈良交通バス「岡寺」下車、徒歩10分


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ