2008-02-11

天理教の巨大な「神殿」へ行ってみました

天理教教会本部(神殿)

日本で唯一といえる宗教都市・天理市の中心にあるのが『天理教教会本部(神殿)』です。

「新宗教の本部」と聞くと、何となく敬遠したくなる方も多いと思いますが、私も同様でした。今回、ちょっと勇気を出して行ってみたのですが、これが想像以上の規模でした!本当に大きな神殿で、体感的にはこれまで行ったどの神社よりも巨大に感じられたほどでした。



■宗教都市「天理市」建築物ツアー
宗教都市「天理市」の建築物見学天理教の巨大な「神殿」へ行ってみました


天理教の神殿はとにかく巨大!

事前に何も調べずにお邪魔したため、どこから入ればいいのかすら分からない状態でした。適当に東側の駐車場に車を停めさせてもらったのですが、そこからが遠いの何の!しかも、それが全て教会の敷地内ですから、その広大さに驚かされました。

最初に目に付いた神殿も、相当に巨大です。後から知ったことなんですが、私たちが最初に見たのが「東礼拝場」でした。これ単独でも相当なサイズですが、同様のものが東西南北の4つあり(東西は大きく、南は中くらい、北は小さい)、それぞれが2階建ての回廊で結ばれています。そしてその中央には「かんろだい(いわゆるご本尊のようなもの)を取り囲むようにして建てられているのだそうです。

実際に周りを1周してみると、本当に広いんですよね。巨大な敷地をグルリと回廊が取り囲む様子は、どことなく大陸的な(中国的な)雰囲気すら感じました。木造建築ですので、この例えが正しいかどうかは分かりませんが、そのくらいのスケール感がありましたね。

私はそれなりに日本各地の有名神社にも行っていますが、このように神殿の周囲をグルリと1周できるところはそれほど多いワケではありません。周りを歩いた感じでは、これまでのどの神社よりも大きいと感じました(京都の伏見稲荷大社の山歩きは別格)。

ちなみに、その建築の際の様子などが、建築を請け負ったと思われる企業さんのページにアップされていました。

 天理教立教147年に竣工された東西礼拝場は、総檜づくりの荘厳な建造物です。昭和52年、神殿の東西礼拝堂普請がうちだされました。神殿には既に50~70年以前に建てられた壮麗な南北礼拝堂があり、東西の礼拝堂を建てることにより、四方からの礼拝がおこなえます。

 翌53年には木曽檜の御用材300本(大型トラック24台分、589m3)が運び込まれ、西礼拝場の基礎工事が開始されました。昭和56年には西礼拝場が完成し、東礼拝場の掘削工事が開始、昭和59年に神殿を囲む礼拝場四つが揃い、様々な式典が行われました。

株式会社 勝野木材HP「天理教教会本部」より


また、天理教関係の施設の概要などは「天理ミニガイド」ページからご覧ください。


天理教教会本部-01

巨大な天理教の本部ですが、正面がよく分からなかったため、東側から入りました。とにかく広い!そして大きい!

天理教教会本部-02
「これが正面だ!大きいな~」と話していたのですが・・・、後で気付いたのですがこれは「東礼拝場」でした・・・。これだけでも十分に巨大です!

天理教教会本部-03
提灯に描かれているのが天理教の紋。総檜作りの回廊の雰囲気と相まって、とてもいい雰囲気ですね

天理教教会本部-04
神殿と回廊で結ばれている「教祖殿」。現世では亡くなった教祖様が住まいとしているところなのだそうです

天理教教会本部-05
礼拝場をグルリと取り囲んでいる回廊。あまりの巨大さに、ここまで引きで撮影しても収まりきれません。周囲を1周するだけで、ちょっとした散歩になりましたね(笑)

天理教教会本部-06
これが正面となる「南礼拝場」。 巨大な東西南北の礼拝場が、中心にある「かんろだい」を取り囲み、四方からお祈りできるようになっているそうです(神殿内部は撮影不可)(※画像は恐らく東西のどちらかの礼拝場とのこと。コメント欄の「たつやさん」からご指摘いただきました。失礼しました!)


宗教が生活に根ざした独特の雰囲気

ようやく正面の「南門」へたどり着いてみると、ここからの眺めも独特です。天理教とは、神道に近い存在ではあるとされていますが、純粋な神道ではありません。このため、神社では鳥居が立つ位置にある「南門」も、明らかに鳥居とは違う形なのです。

ここから神殿側を眺めると、その壮大さに圧倒されますね。神殿の内部からは祈りの声が聞こえ、非常に厳かな雰囲気もあります。その一方で、門と神殿の間には、お好み焼きの屋台や履物屋さんなどが営業してるんですから不思議な感じです。天理高校の生徒さんたちは通学路のショートカットにズンズンと歩いていきますし、法被を着た信者さんたちも引っ切り無しに参拝に訪れます。

しかし、良く見てみると、誰もが神殿の敷地を出入りする時には小さく一礼しているのが分かります。信者さんですから当然といえば当然なんですが、今の無宗教化した世の中ではなかなか見られない光景でしょうね。若い信者さんの数も多く、「こんな世界があったのか!」と改めて驚きました。

新宗教の本部などなかなか入る機会もありませんし、どことなく怖さを感じてしまう方も多いと思います。しかし、天理教の神殿の壮大さは、見ておくだけの価値があると思います。

また、初めて天理教の本部へ行った方は、ぜひ南門からさらに南側の「天理参考館」方面を眺めてみてください。見慣れている方にはどうってことのない光景かもしれませんが、その規則正しい連続性を見ていると、どことなく悪夢っぽいイメージすら湧いてきます。ぜひご覧ください!

天理教教会本部-07
神殿の南側、高さ11mの「南門」。一見、鳥居っぽく見えますが、天理教は神道とは少し違った教義を持つため鳥居ではありません。独特ですね

天理教教会本部-08
南礼拝場。この写真ではガランとしているように見えますが、老若男女、多くの方が熱心にお祈りをしていました

天理教教会本部-09
西礼拝場と南礼拝場の間の回廊。2階建ての回廊が各礼拝場を繋いでいます。内部は信者さんが常に磨いているためピカピカなのだとか

天理教教会本部-10
南門から南側を見た図。正面にあるのが、博物館「天理参考館」、事務を行う「教庁」などが入る建物です。コの字型の建物と両脇に伸びる陸橋が、とても不思議な雰囲気ですね


※マウスの乗せると「i」のマークが現れます。それをクリックするとコメントが表示されます。

■画像の一覧は【Flickr】でどうぞ。



大きな地図で見る


■天理教教会本部(神殿)

HP: http://www.tenrikyo.or.jp/ja/top.html
住所: 奈良県天理市三島町271
電話: 0743-63-1511
宗派: 天理教本部
創建: 1984年
開門時間: ??
拝観料: 無料
駐車場: 無料
アクセス: JR・近鉄「天理駅」から徒歩10分ほど

※天理教は「黒住教」「金光教」と、日本三大新宗教の一つに数えられています

※なお、私は決して天理教に入信しているワケではありません。また、宗教に否定的な意見を持つ者でもありません。日常生活の中に信仰が深く根ざしている生活には憧れすらありますが、ある特定の宗教に深く帰依してしまうと、趣味の神社仏閣巡りもやりにくくなってしまいますので、今のまま「緩めの仏教徒」というポジションをキープしていきたいと思っています。


■関連する記事






 【天理教の巨大な「神殿」へ行ってみました】へのコメント
東本願寺  09-12-19 23:43

いやはー、私も行ってみました。
とにかく雰囲気がデカイですね。内部も凄い。私は西側の駐車場から入ったので、あまり歩きませんでしたが。
それにしても、畳敷きの空間であれほど巨大な場所はないでしょうね。
建物単体では東本願寺の御影堂の方が大きいですけど、うまく複数の建物を連結してますね。
純粋な木造建築はどこでしょうかね。教祖殿、南北礼拝所・・・・・
組物がない建築は日本的な外観を感じさせました。

さすがに少し緊張しましたけど、建築的には目を見張るものがありますね。
廊下なんかも凄かった。

naka  09-12-20 15:15

>東本願寺さん

本当にあの大きさは圧巻ですよね!畳が何畳分あるのか数えてみたかったんですが、それどころの騒ぎじゃないですからね~。それぞれの礼拝所を繋ぐ廊下も、信者さんが常に拭き掃除をしていてピカピカですし、「生きた信仰」の形が感じられます。建築物も、見た目は簡素なんですが、重厚です。

いわゆる新宗教の神殿ですから、あまり見に行く方も少ないと思いますが、(信者さんたちの邪魔にならないように)ぜひもっとたくさんの方に知って欲しいところです!

たつや  10-10-19 0:09

ブログ拝見させていただきました。
僕は信者ですがそれ以外の人にも神社仏閣を見学するように観ていただきたいです。

上げ足を取るようですみませんが 『これが正面となる「南礼拝場」』のコメントの画像は南ではなく、東西のどちら(西かな?)かです。階上 礼拝場入口の引戸が障子ではなくガラス張りになっているし階下の様子も違います。
何枚かあとの『南礼拝場。』のコメントではじまる画像が正当です。
気になったものですみません。

naka  10-10-19 20:14

>たつやさん

コメントありがとうございます!
信者さんにどう思われるか不安なところもあったんですけど、私も(部外者ですが)もっと普通の寺社仏閣としてお参りして欲しいと思ってます。他では見られないものですからね。

あと、写真のミスのご指摘、ありがとうございました!本人は気づくことが出来ないので、こうしてお教えいただけると助かります。文中で修正しておきましたので、これからも何かありましたら、よろしくお願いします!

卒業生  11-03-31 3:36

天理高校の生徒さんたちは通学路のショートカットにズンズンと歩いていきますし、生徒が帰りに参拝出来るようにと本部をすぎた所に寮が建てられているんです。

夏場と冬場で時間は30分ほど違いますが、平日の8時頃に行けば毎日、天理小、中、高、天理教高の2000人?ほどの生徒が参拝してますよ。

毎日参拝から始まる学校は世界でも天理くらいだとよく聞きます。

写真を見させていただきました。
<春の学生おぢばがえり>に参加したことがあるのですがどんな行事?と書いてあったので軽く説明させてもらいたいです。

毎年あるんですが全国から何千人という学生が天理にやってきます。本部の近くにたくさんある宿舎に泊まっていろんな企画をしたり、簡単な教理に触れたりして笑顔や感動がたくさんって、解散の頃には寂しさなどもあって、泣いてしまう学生もたくさんいました。

天理教の信者ではない学生も、普通なら宗教というだけで
身構えてしまうんですが、「お泊まり会」のような感覚でたくさん参加しているのですごいなあと想います。

今年は本部前で東日本大地震のチャリティーのようなイベントがプログラムに入っていました。私もこの場にいましたが(近所ですので)、被災者の助かりを願って涙を流しながらお祈りする学生がたくさんいてとても感動しました!

少々長くなってしまいました。

naka  11-03-31 20:46

>卒業生さん

地元の方ならではのリアルな情報をありがとうございます!
寮や学校の位置までちゃんと考えてあるんですね。普通の時間帯でも、宗教が生きていることが感じられますが、朝の通学時間は壮観でしょうね。いつかその光景も拝見してみたいと思います。

「おぢばがえり」ですが、この記事を書いた後、その季節に天理市内を通りがかったこともあったのですが、街全体が賑やかになってるんですね!小さな頃から自然と信仰に触れられるのは、すごいことだと思います。大震災の被災者さんたちに詰所を提供されるとも聞いていますし、こんな時にこそ宗教の力が発揮されますので、おかしな言い方ですがぜひ頑張って欲しいと願っています。

詳細なコメント、ありがとうございました!

ヤッキー  11-05-04 0:51

私も信者の一人です
このように天理教を紹介していただけると非常に嬉しいですね。

天理教教会本部は観光地ではありませんが、多くの方々が天理に訪れていると聞いています。そして、神殿の大きさに皆さん驚いています

さて、これから天理に行ってみようと思っている方もいらっしゃると思いますので、ブログの内容にコメントを追記させていただきます。

開門:??と書かれていましたが、24時間参拝出来ます

入館料:無料と有りましたが、出来ればお気持ちをお賽銭箱に入れていただきたいです。お賽銭箱は一般の神社やお寺さんと違い表にはありません。拝殿の中にあります。

駐車場:無料ですが、バスでお越しの方はバス専用の駐車場がありますので係員に聞いてください。

その他:出来れば天理教の信者さんと一緒に行けば細かな説明をしていただけると思いますが、信者さんがいらっしゃらなかったら、参拝をしている信者さん何方かに教えてくださいとたずねられたら、心安く教えてくださると思います

みほ  11-05-05 16:33

私は天理教の信者です。教会本部の神殿に入ると、包み込まれるような感じで気持ちがとても落ち着きます。どなたでも自由に出入りできますし、信者ではない友達も観光がてら見に行ったりしています。

写真がとても綺麗で、説明の文章もとてもあたたかくて、感動したのでコメントさせて頂きました。これからも頑張って下さい♪

naka  11-05-05 19:02

>ヤッキーさん

詳しいコメント、ありがとうございます。参考になります!

この記事を書いたのは、今からもう3年も前のことになりますが、今でも天理に行くたびに新しい発見があったりする、私にとってずっと面白い街なんですよね。当時の私の驚きをそのままお伝えしていますが、お陰さまでたくさんの方にご覧いただいています。

ただ、さすがにそろそろ内容に手を加える必要も出てきましたので、また改めて今の私の知識で内容を書きなおしてみたいと思っていますので、(いつになるか分かりませんが)またご期待ください!

naka  11-05-05 19:11

>みほさん

記事中にも書きましたが、私は天理教の信者ではないどころか、他所の土地から来た者ですから、こんな形で天理教の施設をご紹介することで、熱心な信者さんの気分を害さないかと心配もしたんですよ。でも、おおむねご好評いただいているようで安心しました(笑)

天理教の施設、形式、人々の心のありようなど、他宗の信者の方であっても感じることは大きいと思います。ぜひ、観光でも興味本位でもいいので、その空気を感じて欲しいと思っています。これからも天理に関する記事をたくさん書いていきますので、またお付き合いください!

中山 充  11-05-14 23:50

天理教教会本部や親里館(おやさとやかた)の事を素晴らしい記事にしていただきとてもありがたく思っています。

天理教の教えの中に“陽気ぐらし”がありますが、これは人がみんなで互いにたすけあって仲良くニコニコと楽しく暮らすことです。
この記事に書いてあるように一般お方も宗教とか関係なく普通に神社やお寺にお参りやお参拝、また観光気分でもいいのでドンドン天理教教会本部に来ていただければ何よりも嬉しいです。

天理教の建物に関して、こんなに素晴らしく(しかも写真付きで!)紹介していただいて本当にありがたく感じてコメントさせていただきました。
ありがとうがざいました。

naka  11-05-15 22:22

>中山さん

いえいえ、とんでもありません!私が奈良に移ってきて特に驚いたことを、そのまま素直に書いただけなんですから。

誤解を招く言い方かもしれませんが、奈良の歴史ある社寺と比べて、新宗教に分類される天理教さんの本部では、やはり心理的に行づらい感じもあると思うんですよね。そんな感情を抜きにして、ぜひあの壮大な建物も、やや風変わりにさえ見える信者さんの風習も、そして皆さんの信仰のあり方も含めて、ぜひ実際に見てみて欲しいと思っています。

また改めて取り上げさせていただくこともあると思いますので、どうぞご期待ください!

友井 英勝  11-07-06 1:48

私も信者です。
写真にコメントされていることを拝見して、ふと修養科生活(教会本部での合宿生活)のことを思い出しました。

信者詰め所で夜寝ているとき、どこか暖かで包まれているような安心感がありました。お写真は昼だけですが、夜の天理もいいですよ。

私が一番好きな時間帯は、本部夕勤めの時です。季節によって、夕勤めの時間帯が変わりますが、味わってみてください。

信仰は教理や教義など関係なく、自分の心の状態を冷静に吟味して、自分で自分の心の面倒をみることから始まるんだと思います。

自分で自分の心をまあるく保って、思う存分出来るだけ多くの人に天理を味わってほしいと思います。

素敵な写真と安定したコメント、ありがとうございます。

naka  11-07-07 20:17

>友井さん

コメントありがとうございます。
信者さんと私のような部外者では、また色んなものの感じ方が違ってくると思いますが、天理市内の人も町も空気も暖かさがあっていいですよね。夕暮れの教会本部も一度だけ近くを通ったことがあったんですが、お勤めの方々が当然のようにお詣りに集まってくる姿に感動したものです。そんな魅力がもっと伝わるといいですね!

fuka  11-07-14 20:55

こんばんは^^
天理教信者・現役天高生のfukaと申します。
私は自宅生なんですが、天高生はまあ人にもよるけれど
すごく信仰心が強くて、毎日神殿に足を運んでいる人もいますよ。

写真が綺麗で、コメントも温かくて嬉しかったです。
天理教外の方から見ると本当に奇妙かもしれませんが、
素晴らしい人たちばかりです。みんな優しいです。
夜の神殿は暗い中に灯りがあって、圧倒されます。天理の神様を信じている私にとっては、ありがたくて涙が出そうな光景です。是非夜にも行ってみてください^^
今年の春学(春の学生おぢば帰り)は東日本大震災を受けて、とても感動的なものになりました。天理の学生たちは、全国の学生に比べて信仰があることで、きちんと自分の考えを持てているような気がします。
もうそろそろ夏の〝子どもおぢばがえり〟が始まります。是非気軽に見ていってほしいと思います。

naka  11-07-16 15:27

>fukaさん

コメントありがとうございます!
天理の街は、街の中や人の中に宗教心が生きているのが伝わってきて、本当にいいところだと思います。fukaさんくらいの年代の方が、ここまで自然に信仰心を持ち、自然に共存しているところは、他にはなかなか見つからないと思います。初めて見た時は、私もビックリしましたけどね(笑)

また今年も「おぢばがえり」の時期になって、天理の街も賑やかになりますね。街の方々も準備などで大変だと思いますけど、頑張ってください!

パリ  12-07-15 22:44

ただ単に行っていただくだけで充分です。
パワースポット的とこですよね♪

naka  12-07-16 18:20

>パリさん

コメントありがとうございます。
パワースポットというか、もっとはっきりとした、現代にも生きている信仰の強さを感じますよね。新宗教とされるところの神殿というと敬遠なさる方も多いと思いますけど、もっと気軽に行ってみて欲しいですよね!

りこ  12-12-12 21:54

天理教の信者さんが友人にいるものです。
天理教協会本部-04の写真ですが、友人いわく「真柱(しんばしら)様(代々教祖様の子孫の長男の方が継ぐ役職のようなもの)のお宅ではないかと言っておりましたのでコメントさせていただきます。

naka  12-12-13 19:58

> りこさん

コメントありがとうございます。
04は「教祖殿」としている写真ですよね?調べたところ、今でも教祖さまが存命でここに祀られていらっしゃる、というところだと認識していました。真柱さまもこちらにお住まいなのかしら?また調べてみますね。ご指摘ありがとうございました!



" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ