2009-09-28

国宝の美仏に会える小寺『宝菩提院願徳寺』@西京区

『宝菩提院願徳寺』@京都府西京区

京都市西京区大原野にある『宝菩提院 願徳寺』へ行ってきました。

あまり聞き慣れないお寺かもしれませんが、国宝の美仏「如意輪観世音菩薩半跏像」がいらっしゃるため、ぜひ一度行ってみたいと思っていました。やっとその念願が叶ったのですが、本当に凛とした素晴らしい仏様で感動しました!


「週刊 日本の仏像」で一目ぼれしました

2007年から50巻にわたって刊行されていた「週刊 日本の仏像」というシリーズがありました。価格も一冊500円とお手頃でしたし、毎回詳しい情報が掲載されていたため、見に行けそうな近場の仏像の回にはよく購入していました。

ある日、店頭で「週刊 原寸大 日本の仏像(31) 宝菩提院願徳寺 如意輪観音と西山」の回を偶然手に取ったのですが、あまりの美しさにお寺の名前も場所も知らなかったにも関わらず、即座に購入していました!そのくらい、圧倒的な美仏だったのです!

お寺の名前は『宝菩提院 願徳寺』。京都の西山に位置する小さなお寺で、国宝に指定されている「如意輪観世音菩薩半跏像」以外には、ほとんど書くべき内容が無い・・・というようなところのようです。

京都の中でも西山方面となると、あまり見どころが少ない地域となりますので、普段はなかなか行く機会がありません。今回、西国三十三所めぐりのため、近くにある『善峰寺』へお参りしてきたため、ようやく実際にお会いできることが出来ました!


宝菩提院願徳寺@京都府-12

必要な回だけを買い集めていた、講談社の「日本の仏像」シリーズ。しかし、この『宝菩提院 願徳寺』の回だけは、パラッと数ページめくってみただけでジャケ買い(?)してしまいました。そのくらい圧倒的な美仏なんです!

宝菩提院願徳寺@京都府-13
見開きページ。凛とした表情と、今にも軽やかに動き出しそうな躍動感のある造形!衣紋の表現も見事ですね。片足を上げた半跏像で、ここまで動きを感じる仏様はなかなかいらしゃらないでしょう


持統天皇勅願の大寺院でしたが・・・

『宝菩提院 願徳寺(ほうぼだいいん がんとくじ)』(山号:仏華林山)は、678年に持統天皇の勅願によって向日市寺戸に創建された、この辺りでも最古の寺院でした。南北800m、東西1,300mにおよぶ寺領を持ち、当時の本尊は薬師如来(現在は太秦の広隆寺に安置されています)だったそうです。

平安時代から鎌倉時代にかけては、穴太流・西山派を生みだした密教系の大寺院でしたが、応仁の乱と織田信長の兵火によって伽藍は焼失。長く荒廃した状態が続きました。

本尊の「如意輪観音(国宝)」などは、1962年に「勝持寺(花の寺)」に安置されていましたが、1973年に願徳寺が向日市寺戸から現在地へ移転、1996年になってご本尊も願徳寺へ戻ってきました。

近年、向日市寺戸の跡地から、奈良時代の古瓦や、日本最古となる中世以前の湯屋などが発見されています。


ようやく再建されたコンクリートの本堂

京都府西京区大原野にある『宝菩提院 願徳寺』は、鉄筋コンクリートの新しい本堂があるだけの、本当に小さなお寺です。「地図にない京都で一番小さな拝観寺院」と名乗っていることからも分かるように、地図にはその名前は載っていませんので、隣接している「勝持寺(花の寺)」を目印にするといいでしょう。

(さすがにGoogleMapには名前が載ってました!)


宝菩提院願徳寺@京都府-07

勝持寺のすぐ隣、こんな細い石段の先にあるのが「宝菩提院願徳寺」です。知らずに来たら素通りしてしまいそうなほどの目立たなさですね

宝菩提院願徳寺@京都府-08
宝菩提院願徳寺の門前。「地図にない京都で一番小さな拝観寺院」を名乗っているだけに、本当に小じんまりしています。拝観の際には、脇のインターホンを押して、許可をいただいてから勝手口っぽい扉をくぐって入っていきます


国宝「如意輪観音像」はとにかく見事!

本堂へ入ると、正面に簡素な厨子があり、その中に「如意輪観世音菩薩半跏像(国宝)」(登録名は菩薩半跏像)がいらっしゃいます。まず最初に、住職から5分ほどの説明がありますが、お堂内部の照明を低めに落とされてしまうので、肝心の仏様がよく見えません。

まずはお寺の縁起や、脇立ちの薬師如来立像・聖徳太子立像などのご説明が始まります。そして、如意輪観音像の説明に入ると、パッとライトが点灯して、鮮やかにその姿が浮かび上がるのです!心憎い演出ですね(笑)

実際に目前でお目にかかった仏様は、本当にきれいでした!

仏様の前に座ってやや見上げるようにしてみると、正面から見るよりもさらに凛々しさが増し、その美しさが引き立ちます。平安時代初期の作で、像高88.2cm、台座まで針葉樹の一木から掘り出されているそうです。

とそれほど大きな仏像ではありませんが、フッと大きく見えるのです。蓮華座の上からゆったりと右足を垂らし、その足先や指先、身にまとった衣文のうねるような流れなど、本当に軽やかな印象がある仏さまでした。十分に見に行っただけの価値はあったと思います!

なお、この像は、寺伝では「如意輪観音」となっていますが、左足を上げた半跏像であることから「三尊像の右脇侍」や「虚空蔵菩薩」などではないかという意見もあるそうです。仏様を目の前に見ながら、そんなことを色々と考えてみるのもいいかもしれません。


宝菩提院願徳寺@京都府-09

宝菩提院願徳寺の「本堂」。コンクリート作りの宝物館風の建物です。本堂と寺務所があるだけの、本当に小さなお寺ですが、ここにいらっしゃる「如意輪観世音菩薩半跏像(国宝)」が、驚くほどの美しさなんです!かなり不便な場所ですが、やって来ただけの価値はありました!

宝菩提院願徳寺@京都府-10
宝菩提院願徳寺の小さなお庭。本当にこれだけしかありません!

宝菩提院願徳寺@京都府-11
寺務所前に貼ってあった、「如意輪観世音菩薩半跏像」の絵はがき(1枚200円)。凛とした表情もいいですが、軽やかな動きを感じさせる全身像が特に素晴らしいんですよね。私が今まで見てきた仏様の中で、間違いなくトップクラスの美しさでした!

宝菩提院願徳寺-ご朱印
宝菩提院願徳寺でいただいたご朱印です


道順がややこしいのでご注意を

なお、宝菩提院願徳寺・勝持寺への道順はちょっとややこしくなっています。

私たちも間違えて正法寺・大原野神社前の道に出てしまったのですが、ここからでは有料駐車場(400円)を利用することになってしまいます。勝持寺の前まで行けば無料駐車場がありますので、間違えずにこちらを利用してください。

勝持寺の山門をくぐって進む道も、なかなか雰囲気があるのですが、それなりに距離がありますので、時間がない時は特にお気をつけください!


宝菩提院願徳寺@京都府-00

途中で道に迷った時に撮影した近隣マップ。一番左上に切れかかっているのが西国三十三所の20番札所「善峰寺」。宝菩提院願徳寺・勝持寺には無料駐車場がありますが、間違って大原野神社の方へ入ってしまうと、駐車代が有料(400円)になりますのでご注意を!

宝菩提院願徳寺@京都府-01
間違って大原野神社方面へ行ってしまうと、「花の寺(勝持寺)」の山門前に出ます。風情のある小道なんですが、それなりに距離がありますのでご注意ください

宝菩提院願徳寺@京都府-02
この山門は「花の寺(勝持寺)」のもの。役小角によって679年に創建されたと伝わっており、あの西行法師がここで出家した寺と伝えられています。桜の花が有名なほか、様々な文化財も所有しているそうです

宝菩提院願徳寺@京都府-04
いかにも京都らしい、竹林の脇の小道を歩きます

宝菩提院願徳寺@京都府-05
「花の寺(勝持寺)」前もこんな雰囲気。今回は時間の関係で立ち寄ることができませんでした



大きな地図で見る


■宝菩提院 願徳寺

HP: http://www.gantoku.or.jp/
住所: 京都府京都市西京区大原野南春日町1223-2
電話: 075-331-3823
宗派: 向日市寺戸
本尊: 如意輪観音(国宝)
創建: 678年
開基: 持統天皇勅願
拝観料: 400円(毎年2月は事前予約が必要)
拝観時間: 9:30-16:30
駐車場: 無料駐車場あり
アクセス: JR「東向日町駅」、または阪急「東向日駅」から、阪急バス「南春日町」下車、徒歩25分

※かなり交通の便が悪いため、駅からタクシーに乗って「勝持寺(しょうじじ。別名:花の寺)まで」と告げるのが手っ取り早いでしょう






 【国宝の美仏に会える小寺『宝菩提院願徳寺』@西京区】へのコメント
たぬき  09-10-10 7:49

重厚な仏像ですね。私もいつか見に行きますね。
10月11月は、滋賀の三十三所のお寺のご開帳が続きますね。三井寺も行かれる予定ですか?三井寺のお寺の近くの歴史博物館では、大津の社寺の名宝展してるの知ってますか?10/12~25にいくと最も多くの仏像の展示がありますよ^^

naka  09-10-10 15:15

>たぬきさん

ここの仏様は本当に美仏ですのでオススメです!機会があったらぜひ!

実は、三井寺も先週行ってきました(今晩その記事をアップする予定です)。時間が無くて歴史博物館には行けませんでしたし、それどころか、三井寺からも何体かの仏様が出張されていて、ちょっと淋しい思いまでしちゃいました(笑)

10月中にもう一度滋賀方面へ行こうと思ってるんですが、どうなることやら・・・。

櫻井一也  11-12-07 1:05

すいません、またコメントさせていただきます。
10月に行ってきました。「本当にきれい!」ですね~~。お顔も足先も、衣文のうねるような流れも・・・すばらしいです!。美仏ベストテン入りです!。
残念ながら、住職さんの説明はなく(期待していたのですが)、お堂を開けていただき、私が中に入ったら、住職さんは出て行き、戸を閉めてくださったので、一人で独占状態でした!。20分くらい?、対面させていただき、頭がぼ~っとなって、外に出たら、待ってらっしゃる方が1名、いらっしゃいました。なんだかちょっと申し訳ないような気分でしたが。
たしかに不便な場所です。なんとか高校前のバス停から30分近く歩きましたが、そんなことは全く問題にならないくらい、すばらしかったです。

naka  11-12-07 21:03

>櫻井さん

ここの仏さま、まさに「美仏」と呼ぶのに相応しいお方ですよね!凛として美しくて、それでいて力強さも感じられて。本当に大好きな方です。ご住職は何か所用があったのかもしれませんねー。あの突然ライトダウンされる感じはものすごく印象に残りますので、またぜひ行ってみてください!交通アクセスはアレですけど、その分の価値はありますよね(笑)





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ