2009-06-15

「スターの恋人」ロケ地『飛鳥板蓋宮跡』@明日香村

飛鳥板蓋宮跡@明日香村

明日香村の石造物見学ツアーのスタートに、これまで行く機会が無かった『飛鳥板蓋宮跡』へ立ち寄ってみました。

実際は何もない宮の跡地なんですが、あの蘇我入鹿が殺害された「乙巳の変」の舞台であり、韓国ドラマ「スターの恋人」のロケ地でもある・・・と知っていると、重みを感じるかもしれません!


蘇我入鹿が殺害された場所なのです

その昔、天皇の代が変わるごとに遷都を繰り返していた時代がありました。明日香村岡にある『伝飛鳥板蓋宮跡』は、夫である舒明天皇の死後に即位した皇極天皇が造営し、643年に遷都した宮の跡地と言われています。

こんな言い方をするよりも、「645年の日本初のクーデター「乙巳の変(いっしのへん)」の舞台となり、蘇我入鹿が殺害された場所」といった方が分かりやすいかもしれませんね。



642年1月、皇極天皇は夫である舒明天皇の崩御(死)により即位し、同年9月19日、大臣である蘇我蝦夷(そがのえみし)へ新宮殿を12月までに建設するよう命じた。これにより完成したのが板蓋宮である。643年4月、遷る。

板蓋宮は、645年6月12日に発生したクーデター(乙巳の変)の舞台となった。この日、皇極天皇の眼前で大臣の次期後継者である蘇我入鹿が刺殺されるという凶行がなされ、これにより皇極天皇は同月14日に退位し、事件の真の首謀者と目される軽皇子(かるのみこ)が即位することとなった(孝徳天皇)。孝徳天皇は、難波長柄豊碕(なにわのながらのとよさき)に宮を置いた。

654年(白雉5)10月孝徳天皇が難波宮で没すると翌年の初めに皇極上皇は板蓋宮において再度即位(重祚)し、斉明天皇となった。この年の末に板蓋宮は火災に遭い、焼失した。斉明天皇は川原宮へ遷った。

Wikipedia「板蓋宮」より引用


こんな歴史を持つ場所なんですが、正直なところ、今はちょっとした広場程度のものでしかありません(笑)

現地にあった案内看板によると、発掘調査によって、以下のようなものが見つかっているそうです。

・掘立柱列で囲まれた、東西約156m、南北約197mの長方形の区画(内郭)
・五間×二間の門
・七間×四間の建物
・高床式の大きな建物や大井戸の跡
・九間×五間の「飛鳥エビノコ大殿(仮称)」という大規模な掘立柱建物

古代史好きな方は、ぜひ立ち寄ってみてください。道が細いので車だとややこしいですが、レンタサイクルで来ると便利ですよ!


飛鳥板蓋宮跡@明日香村-01

『飛鳥板蓋宮跡』の案内看板。皇極天皇が造営を命じた宮の跡地で、橿原考古学研究所の発掘調査によって、様々な遺構が発見されている、というようなことが書いてあります

飛鳥板蓋宮跡@明日香村-02
『飛鳥板蓋宮跡』とは言っても、周囲はこんな感じ。決して何か特別なものがあるワケではありません

飛鳥板蓋宮跡@明日香村-03
643年に、時の皇極天皇が住まわれた宮があった土地です。決して、ただの公園ではありません!

飛鳥板蓋宮跡@明日香村-04
別角度から見てもこんな感じ。ちょっとコメントに困るような何も無さですね(笑)

飛鳥板蓋宮跡@明日香村-05
これは当時の水路跡を復元したものでしょうか。見つかった遺構は、東西約156m、南北約197m。高床式の大きな建物や、大井戸などが見つかっているそうです

飛鳥板蓋宮跡@明日香村-06
飛鳥板蓋宮跡のすぐ脇は、水をたっぷりとたたえた水田です。「日本の原風景」みたいな土地ですので、のどかな雰囲気をお楽しみください!


チェ・ジウさんのドラマのロケがあったとか

なお、この『飛鳥板蓋宮跡』は、奈良県全域でロケが行われていた、チェ・ジウさん主演の韓国ドラマ「スターの恋人」(仮タイトルは「アスカの恋人」でした)でも登場したのだそうです!

奈良県が作成した「スターの恋人/奈良県公式ホームページ」には、このドラマのロケ地マップなどもダウンロードできますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

私は(WOWOWに加入しているにもかかわらず・・・)まだドラマは見ていないのですが、そのマップによると、

「マリとウジンの思い出の地、そしてチョルスとの愛が芽生えたのはココ!」
「ここではマリが初恋の人、ウジンとの思い出を回想するシーンが撮影されました。」

というような説明文があります。また渋いところで愛を育んだものですね(笑)

一見、ただの公園のように見えますが、蘇我入鹿が殺害され、話題のドラマのロケ地に選ばれた場所と思ってみてみると、なかなか迫力があるように見えるものです。飛鳥観光の際にどうぞ!



大きな地図で見る


■飛鳥板蓋宮跡

HP: 参考サイト(Wikipedia)
住所: 奈良県高市郡明日香村岡
電話: 0744-54-5600?(明日香村 文化財課)
駐車場: なし

※発掘当時の様子などは、以下のページに詳しいです
 甘樫丘東麓遺跡 飛鳥板蓋宮伝承地 蘇我入鹿 大化改新 蘇我蝦夷










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ