2020-11-05

物部守屋を射った迹見赤檮の墓?『小泉大塚古墳』@大和郡山市

物部守屋を射った迹見赤檮の墓?『小泉大塚古墳』@大和郡山市

崇仏派と排仏派が争った「丁未の乱」の際、物部守屋を矢で射抜いて勝利を引き寄せたと伝わる「迹見赤檮(とみのいちい)」。山岸凉子さんの傑作『日出処の天子』に「淡水」として登場している人物です。そのお墓とも伝わる『小泉大塚古墳』へお墓参りに行ってきました。とくに面白みのある場所ではありませんが、淡水ファンとしては感激でした!


本記事は共著書の追加情報です

2021年は聖徳太子の「一四〇〇年遠忌」に当たります。それに合わせて、共著のムック本『たずねる・わかる 聖徳太子』が発売になりました。

書名: 淡交ムック たずねる・わかる 聖徳太子
著者: 古谷正覚、千田稔、石川知彦、中村秀樹
出版社: 淡交社
定価: 1,650円(税込)
発売日: 2020年10月10日
判型: A4判 並製 120頁(カラー112頁)
ISBN:9784473021519

詳細: たずねる・わかる 聖徳太子 | 淡交社
※Amazonはこちら→ たずねる・わかる 聖徳太子 (淡交ムック) | Amazon

本書では「聖徳太子のゆかりの地」として、近畿二府四県にまたがる36箇寺で構成される「聖徳太子御遺跡霊場」を中心に、聖徳太子と同時代の方たち(物部守屋・秦河勝・来目皇子・山背大兄王など)ゆかりの地などもご紹介しています。

しかし、取材メモや撮影画像は膨大で、誌面ではご紹介しきれていません。一部スポットに関してより詳細なレポートを掲載しますので、本書の追加情報としてお楽しみください。


迹見赤檮(=淡水)はどんな人物か

「迹見赤檮(とみのいちい)」(Wikipedia)とは、飛鳥時代に押坂彦人大兄皇子、または聖徳太子に仕えた舎人です。

用明天皇2年(587年)、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏の合戦「丁未の乱」では、迹見赤檮が放った矢が物部守屋を射抜いたことで崇仏派が勝利したと伝わっており、歴史に名を刻んでいます。

また、彼が活躍する作品としては、山岸凉子さんの『日出処の天子(ひいづるところのてんし)』(Wikipedia)が挙げられます。ダークな聖徳太子像を描いて多くの少女たちを夢中にさせた傑作コミックで、作中では「淡水(たんすい)」として登場しているのでご存じの方も多いでしょう。

迹見赤檮の墓『小泉大塚古墳』@大和郡山市-01
山岸凉子さん作『日出処の天子』に登場する「淡水」(=迹見赤檮)(※白泉社文庫『日出処の天子』1巻より)。クールで冷徹なキャラクターが人気となりました。1980年から4年間連載された作品ですが、いま読み直してもまったく色褪せない衝撃的な傑作です。ぜひご一読ください


小泉大塚古墳はコンビニの裏手です

迹見赤檮の墓『小泉大塚古墳』@大和郡山市-02
その迹見赤檮(とみのいちい)の墓という伝承があるのが、奈良県大和郡山市にある『小泉大塚古墳』(参考)です。小泉町大塚のファミリーマートさんの裏手に見えるこんもりした丘がそれなのです!

迹見赤檮の墓『小泉大塚古墳』@大和郡山市-03
近づいてみても、周囲を何軒かの住宅に囲まれた、小さな丘にしか見えません。ほぼ特徴もありませんが、奈良県民の方であれば「古墳だな」とすぐわかるかもしれません

迹見赤檮の墓『小泉大塚古墳』@大和郡山市-04
現地の説明板。
・古墳時代前期(※3世紀末ごろ)の前方後円墳。
・宅地造成により、前方部と後円部裾部を削られている。
・発掘調査では、石室内から鉄剣1点・鉄斧1点・刀子2点・銅鏡7面以上などが出土した。など

これはつまり、飛鳥時代の人である迹見赤檮の墓ではあり得ない、ということになります。「この辺りに葬られたという話はあるが、正確な所在地は不明。きっとここじゃないか?」と後の時代の人が言い始めた、ということのようです。

和漢三才図会(巻之七十三)に赤檮墓の記述があるが、位置は記されていない。大和名所図会(巻の三、赤檮墓の項)では、大和国小泉村(現・大和郡山市小泉町)に墓があるとされる。名所図会にそれ以上の記述はないが、一説には小泉大塚古墳が赤檮を埋葬した墳墓であると伝えられている。しかし考古学的には、小泉大塚古墳の築造は3世紀末ごろ(古墳時代前期前半)と考えられている。

「迹見赤檮 - Wikipedia」より

迹見赤檮の墓『小泉大塚古墳』@大和郡山市-05
『小泉大塚古墳』を別角度から。墳丘上に上がることはできませんので、周りから眺めるのみ。とくに面白いところはありません。
実際にここが迹見赤檮のお墓という可能性は低そうですが、このあたりに葬られたと言い伝えられたことには理由があるのでしょう。『日出処の天子』ファンの私たち夫婦はかなりワクワクできましたので、お好きな方はぜひお参りしてみてください!


■小泉大塚古墳

HP: 参考サイト:大和郡山市
住所: 奈良県大和郡山市小泉町大塚
駐車場: なし
アクセス: JR大和路線「大和小泉駅」から徒歩約18分(約1.4km)

※実際に現地へ行ったのは「2020年6月16日」でした。


大阪府八尾市の迹見赤檮ゆかりの地

迹見赤檮ゆかりの地@大阪府八尾市-06
こちらは書籍『たずねる・わかる 聖徳太子』の中で詳しくご紹介していますが、蘇我氏と物部氏の合戦場の跡に建立された、大阪府八尾市『大聖勝軍寺』(参考Wikipedia)の周辺でも、迹見赤檮の足跡がたどれます。
写真は、大聖勝軍寺のすぐ近くにある物部守屋のお墓です。交通量の多い通りに面した、きれいな墓所です。

迹見赤檮ゆかりの地@大阪府八尾市-07
「鏑矢塚」は、迹見赤檮が放ち、物部守屋を討ち取った矢を埋めたと伝わる場所です。敵将を射抜いた矢をわざわざこんなところに埋める理由は……などと思ってしまいますが、物部守屋は仏教界に立ちふさがった“仏敵”であり、大悪党として描かれることも多い人物です。仏敵を討ち果たした矢について、何らかの儀式が行われたと考えると面白いですね

迹見赤檮ゆかりの地@大阪府八尾市-08
また、そこから少しだけ離れた位置には「弓代塚」があります。住宅街の真ん中、フェンスに囲まれた鉄塔の下という、なかなか不思議なロケーションです

迹見赤檮ゆかりの地@大阪府八尾市-09
これが「弓代塚」です。ここから迹見赤檮が矢を放ったと伝わっている場所ですが、大聖勝軍寺からはかなりの距離があります。物部軍がどこに布陣していたかはわかりませんが、ぜひ現地へ行って、マップを見ながら想像を膨らませてみてください!


■参考にさせていただきました

迹見赤檮 - Wikipedia
日出処の天子 - Wikipedia
大聖勝軍寺 - Wikipedia


■関連する記事










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る




メニューを表示
ページトップへ