2014-10-03

丁寧な濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市

丁寧な濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市

「濃とんこつラーメン」を名乗る生駒市のラーメン店『一望(ichibou)』さん。帝塚山大学の近くで、店内は清潔でおしゃれ。化学調味料を使用せず、丁寧に裏ごしされた滑らかな豚骨スープが絶妙です。魚介とのWスープで迫力の太麺、ローストビーフのようなチャーシューが味わえる「一望ラーメン」は特に美味でした!


清潔感あふれる店内で濃厚とんこつを!

2014年3月に、生駒市東生駒にオープンした『一望(ichibou)』さん(食べログ)。

2階・3階がアパートになっている建物の1階部分で、お隣はリフォーム業者さん。「東生駒2丁目」交差点から50mほど東で、ガソリンスタンドと、シャトレーゼさんや自転車屋さんが入った建物の間にあります。私はこの辺りの土地勘はほぼありませんが、300mほど東には「帝塚山大学」があり、東生駒駅への通学路になっているようです。

店前には「濃とんこつラーメン」という表示があり、ガッツリ濃い豚骨がいただけるようです。学生さんが多い立地に相応しいラーメンかもしれません。


濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-01

生駒市東生駒の『一望(ichibou)』さん。見づらいですが、店名の隣に「濃とんこつラーメン」と書いてあります

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-02
入口部分。シックな木製扉は、とてもラーメン店には見えません。「学生証で麺の大盛無料!」とありましたから、近くにある帝塚山大学の学生さんあたりは狙い目ですね!

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-03
駐車場は、店前に3台分、やや離れた裏手に3台分あります。交通量の多い通りに面していて、店前の駐車場は決して出し入れしやすくありません。最初から裏の専用駐車場に駐車するのもいいかもしれませんね

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-04
店内の様子。とてもきれいで広々しています。テーブル席・カウンター席ふくめて25席ほど。BGMにジャズが流れているのも雰囲気にあっていました。女性でも入りやすいでしょう

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-05
テーブル上の四角いボックスに、卓上調味料などがまとめられています。ちょっと不思議な感じですね。薬味として、紅しょうが・高菜・おろしニンニクが常備してありました


「無化調天然とんこつラーメン」です

『一望(ichibou)』さんでは、スープの継ぎ足しをせず、化学調味料も不使用の、無化調天然とんこつラーメンを提供なさっています。

●国産の豚骨を3種類用い、それぞれ別々に水のみで2日間以上かけてじっくり煮込み、口当たりを滑らかにするため何度も裏ごししている

●麺は弾力を持たせるため、北海道産の強力粉を使用し、全粒粉も練り込んでいる

●チャーシューは、赤味の多いロース肉を使用し、低温加熱調理法でローストビーフのようなジューシーさを出している

こだわりが伝わってきますね!


濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-06

『一望(ichibou)』さんのラーメンの説明。化学調味料を使用しない「無化調」のとんこつラーメンをいただけます。なお、チャーシューはややレア感のあるタイプのため、しっかり加熱したものが好みの方は事前に申し出てください、とのことでした

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-07
メニューにも丁寧な解説付き。「麺の太さ・麺のコシ・こってり・魚介の風味」など4項目で、★印で5段階評価もしてあります。店名を冠した「一望ラーメン(@750円)」は、麺の太さとコシが最高点。しっかりと力強い麺が特徴です

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-08
濃い豚骨のストレートスープに自家製マー油が入った「こってりとんこつ黒(@700円)」と、あっさり系のコク旨スープの「あっさりとんこつ白(@680円)」。この他、魚介と豚骨のダブルスープで太麺、パルメザンチーズを隠し味に加えた「つけ麺友-ゆう-(「@780円)」などもあります

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-10
平日昼の「ランチセット(ラーメンに+120円)」。セットになるものは日替わりで、温玉ごはん・明太子ごはん・肉ごはんなどが選べます。常時オーダーできるセットものは、「チャーハンセットS(ラーメンに+240円)」「餃子・ご飯セット(ラーメンに+310円)」などがありました


太麺が存在感!Wスープの「一望ラーメン」

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-11
『一望(ichibou)』さんの「一望ラーメン(@750円)」。しっかりとした太麺が存在感あります!魚介・豚骨のWスープのため、意外とくどくありません。スープもざらつきのない滑らかな口当たりで、丁寧に作られているのが伝わってくるようです。個人的にはかなり好きなタイプのお味でした!

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-12
アップで。説明文には「2日間じっくり煮込んだ豚骨スープと煮干・かつお節・さば節から取れた魚介スープを絶妙にMIXした新しい味わい。しっかりと出汁を感じられてもしつこくならない。魚介・豚骨のWスープ!極太麺で食べ応えばっちり!味玉とシャキシャキのネギがアクセントに。」とありました。まさにその通りですね。レア感のあるチャーシューが柔らかでとろけそう!

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-15
平日昼の「ランチセット(ラーメンに+120円)」にして、「温玉ごはん」を選びました。生卵・刻んだチャーシュー・焼き海苔が乗っています。ラーメンがこってり系なので、このくらいサラッと食べられるもので丁度いいバランスですね。卓上の高菜を乗せて食べるとまた美味しさが増します!


濃厚タイプの「こってりとんこつ黒」

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-13
こちらは濃厚な「こってりとんこつ黒(@700円)」。説明書きには「2日間じっくり煮込んだ豚骨スープ。とろっと旨濃い豚骨がクセになる。豚骨のストレートスープ!自家製マー油が香ばしい!こってりしててもぐいぐいスープを飲んでしまう。」とありました

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-14
一望ラーメンよりも麺は細めのものを使用。がっしり濃いスープですが、とてもまろやか。マー油を混ぜ込むとまた風味が増します。チャーシューも味玉も美味しくて、いいバランスです

濃とんこつラーメン『一望(ichibou)』@生駒市-16
スープまで完食!2種類のラーメンをいただきましたが、最近、内臓が老いてきているため、濃厚とんこつタイプのものよりも「一望ラーメン」の方が食べやすくて好みでした。かなり満足度が高い一杯でしたので、豚骨好きな方はぜひ!



■濃とんこつラーメン 一望(ichibou)

HP: 参考サイト(食べログ)
住所: 奈良県生駒市東生駒1-535
電話: 0743-20-8029
定休日: 月曜
営業時間: 11:30-15:00、18:00-22:30
駐車場: あり
アクセス: 近鉄奈良線「東生駒駅」より徒歩14分ほど


■参考にさせていただきました

麺一杯:濃とんこつラーメン 一望(ICHIBOU) (初)
濃とんこつラーメン 一望 -ichibou-|生駒市|ラーメン|デジタルぱーぷる


●【食べログ】の該当ページへ

一望 (ichibou) - 菜畑/ラーメン [食べログ]










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ