2007-10-21

無鉄砲系ラーメン『豚の骨』へ行く

ラーメン「豚の骨」-02


寒くなってくると、途端にラーメンが食べたくなります。この日も夕方ぐらいからどこかのラーメン屋へ行きたいと思っていたところ、相方から「無鉄砲さんの系列店がオープンした」という情報を仕入れて、早速向かってみました。

無鉄砲といえば、全国レベルの知名度を誇る、奈良の(住所は京都ですが)有名店です。私たちもこれまでに何度も車で一時間近くもかけて通い、懲りもせずに行列に並んだお店です。元々、二人とも行列に並ぶことなんて滅多に無いのですが、無鉄砲だけは諦めてました。それくらい美味しいですし、他で食べるトンコツラーメンとは全く次元が違うんですから、仕方ありませんよね(笑)

「無鉄砲さんの新店が何で別の名前なの?」などなど、色んな疑問はありましたが、どーしても期待しちゃいます。

住所を調べてみると、(一度も使ったことが無い)帯解駅の近くのようです。自宅からは30分ほど掛かりますが、所詮は大和郡山市。今まで木津の山の中にある無鉄砲の本店まで通っていたことを思えば気楽なものです。


ラーメン「豚の骨」-店舗
「豚の骨」の店構え。とてもこじんまりとした建物で、全部で15席あるかないか。入り口のドアを開けた瞬間に券売機があるので注意(笑)

ラーメン「豚の骨」-豚にぼラーメン
にぼし出汁の豚骨ラーメン「豚にぼラーメン」。トンコツのまろやかさと魚介系の旨味が混ざり合って、とても美味しかったです!無鉄砲さんの濃厚トンコツもいいんですが、個人的にはコチラの方が圧倒的に好み。「何度でも食べたい!」と思わせるだけの味ですね。さすがです!

ラーメン「豚の骨」-とんこつラーメン
コチラは相方が食べた「とんこつラーメン」。さすがににぼし出汁と比べると色も濃い目です。とんこつらしいクリーミーな味で、本家「無鉄砲」よりも食べやすく、これもとても美味しかったです。

ラーメン「豚の骨」-厨房
カウンター席に座ると厨房が目の前。トンコツがグツグツと煮えていて、ものすごい迫力です。背中が見えるのが「無鉄砲」オーナーさん。夫婦揃って頑張ってられます。

ラーメン「豚の骨」-厨房2
鍋の中身もその周辺もトンコツまみれですので(もちろん座席はキレイですが)、過度にキレイ好きな方はカウンター席は避けた方がいいかも。

ラーメン「豚の骨」-完食
完食!ご馳走様でした!


この日は、オーナーも(メガネが似合う)奥さまもお店にいらっしゃって、接客の丁寧さは相変らず。過剰なぐらいに「麺の堅さは?スープの濃さは大丈夫ですか?」と聞いてきてくれます。初めて行く方なら鬱陶しいと思うかもしれませんね(笑)

正直な感想を書くと、無鉄砲さんの本店よりもコチラのラーメンの方が好きですね。個人的には「醤油」と「魚介系だし」が大好きですので、『豚の骨』さんの「豚にぼラーメン」はまさにストライクゾーンのど真ん中。豚骨バリバリのラーメンもたまに食べたくなるんですが、「背脂が多けりゃいいってもんじゃないだろ」と思っているタイプの方にはオススメです。

私などは、子供の頃からトンコツラーメンを食べてきたワケでもありませんし(存在すら知らなかったくらいです)、最近でこそ大喜びで濃厚トンコツも食べるようになったものの、やはりそればかりではヘビーに感じてしまいます。毎日毎日、煮干でダシを取った味噌汁を飲んできたような純日本人的な味覚がベースになっているんですから、ある程度は当然のことでしょう。

そんな自分にとって、この「豚にぼラーメン」は食べやすくて美味しいだけではなく、大人になってから知ったトンコツの味わいを、さらにさらに身近にしてくれる存在なのかもしれません。日本中には「毎日食べても飽きないトンコツラーメンを作る!」という命題に取り組んでいるラーメン店さんは沢山あると思いますが、豚の骨のラーメンは十分に成功していると思います。

ちなみに、『豚の骨』と『無鉄砲』のとんこつラーメンを食べ比べた私の相方の判定は・・・「豚の骨の方が好き」だそうです。どうやら、無鉄砲の本店へお邪魔する機会はしばらく無さそうですね(笑)


食事を終えて店の外に出てくると、奥さまが追いかけてきてしばらくお話させてもらいました。奥さまのお話によると、「無鉄砲では背脂だらけの超濃厚を食べている方も多く、その方面で有名になったけど、そればかりじゃなくて毎日食べられるようなラーメンを食べてもらいたい(私の意訳です)」とのことで、敢えて無鉄砲の名前を使わずに勝負するのだそうです。

本当に丁寧に、そして真剣にラーメンに取り組んでいるご夫婦ですから、これからも応援してあげたいですね。お近くの皆さんもぜひどうぞ。



拡大地図を表示


■豚の骨(ラーメン店)

HP: http://www.muteppou.com/index1.html

住 所:奈良県大和郡山市上三橋町152-1
定休日:月曜日
営業時間:11時~14時(くらい) 18時~売切れ次第
駐車場:他店舗共同で30台


※<2007/11/22 追記>
定休日は月曜日になったそうです。
2回目の訪問記はコチラ ⇒ 「ラーメン『豚の骨』アゲイン!


※<2008/01/24 追記>
以前の記述の中に、かなり曖昧な表現がありましたので、一部修正しました

※<2008/01/25 追記>

前の画像などを見ていたら、ふつふつと『豚の骨』さんのラーメンが食べたくなって、翌日、早速出かけてきました!

この日はいつもより遅めの21:30頃の到着だったため、豚骨ラーメンはすでに売り切れ、豚にぼラーメンのみの販売となっていました。元々、お目当てはコチラですので全く問題ないのですが、流行ってますね~。最近、マスコミに取り上げられたようで(はんつ遠藤さんのサインがありました)、夜遅めの時間だというのに満席(広い店じゃありませんけど)でした。

で、また今回も美味しくいただいたのですが。。。。

時間帯のせいもあるのか、以前に食べたものよりもトンコツが強めになっているような・・・。というよりも、煮干のダブルスープって感じではなくて、純粋に豚骨ラーメンを食べているような感じなんですよね。スープが煮詰まってくる時間だったのかもしれませんし、お客さんの意見などを取り入れて軌道修正したのかもしれません。もしそうだとしたら、個人的にはちょっと残念ですね。

まぁ、純粋にとっても美味しい豚骨ラーメンですし、相変らずこの近辺ではナンバーワンだと思います。無鉄砲さんの本店との比較など、ご自身の舌で確かめてみてください。


ちなみに、この日の「はんつ遠藤さんのブログ」を見てみると、まずは「まりお流らーめん」を食べてから「豚の骨」を食べてるようです・・・。仕事とは言え、濃厚なトンコツラーメン2連発はシンドイでしょうね~。素人にはマネできません(笑)


豚の骨-080125-豚にぼラーメン

『豚の骨』さんの「豚にぼラーメン(ネギ多め)」。豚骨ラーメンが売り切れとのことでしたが、過去3回食べた中でも最もトンコツが濃厚だったような印象でした。大将がいらっしゃらなかったようなので、人によって味にブレが出たりするのかな?

豚の骨-080125-替玉
いつもはライスを頼むところですが、この日は替玉を注文(@100円)。相方と半分ずつ食べましたが、さすがにお腹一杯になりました。中年の胃にはなかなかヘビーです・・・

豚の骨-はんつ遠藤サイン
こんなブレた画像で申し訳ありませんが(笑)、この10日前ほどに、ラーメン界の有名人「はんつ遠藤さん」が来店されていたようで、サインが飾ってありました








" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ