2008-10-11

「ぱーぷる」オススメの『四川亭』は旨かった!

四川亭@香芝-本場汁なし坦々麺

2008年10月号からリニューアル新創刊となった、奈良のタウン情報誌『ぱーぷる』さん(おめでとうございます!)。

誌面をパラパラとめくっていると、ウチの近所の中華料理店『四川亭(しせんてい)』さんの情報が掲載されていました。「えっ、そんなところにお店なんてあったっけ?」というくらい、これまで見事にスルーしていたのですが、誌面ではかなり強めにプッシュされていたため、さっそくお邪魔してきました。


「編集部が感動したあの一品」に登場!

このぱーぷるさんの紹介記事とは【編集部が感動したあの一品】というコーナーです。スタッフさんそれぞれのオススメのお店を紹介するという内容ですが、新創刊号の冒頭記事ですから、かなり気合の入った大特集だと言えるでしょう。

全部で25件のお店が紹介されていたのですが、何とその中で四川亭さんの「蟹肉入りチャーハン」が選ばれていたのです!他の方は、高級なお肉だとか、高そうなスイーツだとかをセレクトしている中で、唯一チャーハンで選ばれたのですから、これはスゴイことだと言えるでしょう!

(ネットではその半分だけが掲載されていて、残念ながら四川亭さんの情報は見ることができません)


また、何よりもスゴイと思ったのは、この四川亭さん、香芝市のそれほど目立たないところに位置しているだけではなく、飲食店が数店入った長屋風の建物の一角にあるのです。またこれが空き家だらけの、どーみても繁盛していなさそうな並びにあることです!

後から調べてみたら、地元の方にはそれなりに名の知られた中華料理店だということが分かったのですが、見た目だけで言ったら最低レベルかも・・・。実際、私も何度も店前を通っていましたが、完全に存在を無視してましたし、気づいても絶対に「ここで食べてみようか」なんて思わないような店構えなんですよね(笑)

(ただし、決して四川亭さんが汚いとかいうワケではありません。店の並びがあまりに寂れていて、そんなところに美味しい店があるなんて思えないだけですよ!)


そんなぱーぷるさんの情報網のスゴさに感動しつつ、早速、四川亭さんにお邪魔してみました。

四川亭@香芝-01
香芝市の鎌田にある中国料理の『四川亭』さん。何件かの飲食店が入った長屋形式の建物なんですが、周囲のさびれっぷりがスゴくて、これまで入ろうと思ったことも無かったくらいです

四川亭@香芝-02
四川亭さんの店内の様子。全部で座敷席・テーブル席が3つずつでしたが、土曜日の夕方ということもあって4席が予約で埋まり、後から後からお客さんがやって来ていました。2階で宴会も入っていたようでしたし、隠れた人気店ですね

四川亭@香芝-03
本格的な四川料理店だけにメニューは豊富。ランチは、五目あげそばがメインのもの(@735円)や、ちょっと本場っぽい「飲茶セット(1,050円)」「特選ランチ(1,200円)」など。全体的にややお値段は高めですね

四川亭@香芝-04
一品料理がメインの中華料理店ですが、この日はラーメン&チャーハンを食べに来ています。さすがに本場風のメニューが多いですね。目移りしていまいました


本格派の中華料理店は、ラーメンもなかなか

四川亭さんのメニューを見てみると、「本格的な中華を食べさせてくれるお店」という評判に違わぬくらいの客の入り。もちろん、その分だけお値段もなかなかです。私たちが気軽に食事に出かけるお店と比べると、一品あたり100~200円はお高いという印象でした。

本来は、四川料理を注文するべきだと思いますが、お財布の都合もあり、いつもどおりラーメン(そして期待のチャーハン!)を注文しました。

まずは基本の「拉麺(@630円)」。いかにも「中華料理店のベーシックなラーメン」という感じの味わいで、個人的にはどこか懐かしい感じもして、好きなタイプです。中華スープの味わいが上品なのですが、上にトッピングされたワカメの風味がやや強めに感じられて、スープの旨味を隠してしまった感があったのが残念でした。

四川亭@香芝-05
ベーシックな「拉麺(@630円)」。麺は日本の普通のタイプで、懐かしい感じのする中華料理店のラーメンでした。個人的には好きなタイプですね。ワカメが乗っていますが、味が染み出てやや強めに感じました


これぞ(多分)本場風の「汁なし坦々麺」!

そして、もう一品は「本場汁なし坦々麺(@950円)」です。コチラは、平打ちの独特な麺がとてものど越しが良く、辛さも控えめ。このタイプの麺は初めて食べましたが、かなり美味しかったです!汁がないラーメンと考えると不思議な感じもしますが、全然アリでした。トッピングの水菜もサッパリしていて、どことなく「中華風パスタ」のような味わいだと言えるかもしれません。

辛いものがそれほど得意ではない相方も、かなり気に入って食べてましたので、ぜひ坦々麺が苦手な方にもオススメしたいですね。

ただし、お値段が「950円」もしちゃいますので、なかなか気楽に・・・というワケにも行かないかも。ラーメンを食べるというよりは「中華を食べる」心構えで出かけてみてください。

四川亭@香芝-06
別メニューに入っていた「本場汁なし坦々麺(@950円)」。それほど辛さはきつくなく、中華らしい平打ち麺がかなり美味しかったですね!お値段もそれなりで、量も多いとは言えませんが、これならまた食べたいかも。相方もかなりのお気に入りでした


米粒パラパラ炒飯。美味しかったです!

そして、最後に登場したのが、期待の「蟹肉入りチャーハン(@730円)」です。

私は個人的にそれほどチャーハンには思い入れはありませんが、これは確かに美味しかったですね!よく美味しいチャーハンの基準として「お米がパラパラ」という表現が使われますが、やっとその意味が分かったような気分です(笑)

しっかりと旨味が行き渡った米粒が、本当にパラパラと独立していて、食感が最高にいいんですよね。その合間に蟹肉が現れて、しっかりした味わいを感じさせてくれます。

・・・と、チャーハンの味わいを表現する難しさを実感してしまいますが・・・。

このチャーハンがどの程度のレベルなのかは、正直なところ、私には分かりません。でも、確かに十分に満足できる味でしたし、とにかく機会があったらぜひお試しください!ちなみに、他の方の口コミによると麻婆豆腐などもかなりのレベルだそうですので、私も一度いただいてみたいと思ってます!

四川亭@香芝-07
これが「ぱーぷる」の新創刊号でオススメされていた「蟹肉入りチャーハン(@730円)」。【編集部が感動したあの一品】なんてコーナーに選ばれるだけあって、本当にかなり美味しかったです!パラパラと口の中で弾むような食感は、かなりの満足度でした!

四川亭@香芝-08
もちろん、最後の最後までキレイに完食しました!ご馳走さまでした!



大きな地図で見る


■中国料理 四川亭

HP: http://gourmet.yahoo.co.jp/0005311456/
住所: 奈良県香芝市鎌田419-19
電話: 0745-79-6606
定休日: 火曜日 (祝日の場合は営業、翌日休)
営業時間: 11:30 - 14:30、17:00 - 22:00
駐車場: 数台分あり


中国料理 四川亭 (しせんてい) (四川料理 / JR五位堂)
★★★★★ 4.5










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ