2008-09-08

京都たかばし発祥のチェーン店『第一旭』@田原本

第一旭「ターロー」@田原本店

京都駅近くの「たかばし」に本店を構える『第一旭』さん。個人的には、そのお隣にある『新福菜館』さんのファンのため、まだ本店ではまだ一度も食べたことがありません。

また、全国にフランチャイズがあるようなんですが、似たような店名の全く無関係なお店があるとされていたり、かなりややこしいことになっているため、フランチャイズ店でも一度も食べたことがありませんでした(記憶に無いだけで、一度くらいは食べてるかもしれませんが・・・)。

この日、フラッと出かけた帰り道にあった『第一旭 田原本店』さんへ入ってみることにしました。


「約80店舗」展開のチェーン店

第一旭さんのホームページによると、京都を中心に関西圏・中部圏など、直営店・フランチャイズ店合わせて「約80店舗」を展開しているのだそうです。そのラーメンの特徴はコチラ。



「京都は薄味」と言われていますが、実はコクがあって濃厚です。

国産豚骨のみから炊き出された出汁に、京伏見の老舗で醸造された生醤油を合わせます。豚骨スープは、博多を代表とする白濁した白湯(パイタン)スープだけではありません。第一旭は、白く濁る前の旨味だけが出ているほんの一瞬に取れる清湯(チンタン)スープを取ります。

渋味・臭みが出る前の状態のスープは、ニンニク、野菜等の臭い消しを必要とせず、豚骨100%でスープを出すことが出来るのです。スープの表面を覆うキラキラッとした油の粒がラーメンの命であり、何より新鮮な出来たての証拠なのです。

麺の固さはもとより、スープの脂っこめ、さっぱりめ。醤油の濃いめ、薄いめ。焼豚の赤身、白身。ネギ大盛、モヤシ大盛。全て無料でお作りします。600円も頂くのですからご満足いただけるよう、遠慮は無用です。一杯のラーメンで幸せになって頂くために、贅沢なラーメンを目指します。

「第一旭」HPより


これを読んでいるだけでお腹が鳴ってきそうな、とても魅力的な文言です。ただし、ネット上の評判を見てみると、フランチャイズ店の統制が取れず、独自に色んなことを始めたりしているという情報もあったりして、チェーン展開の難しさを感じますね。

今回、お邪魔した田原本店さんもフランチャイズ店だと思いますが、小さなお店が何軒も入店する商業ビルの、意外なほど小さなお店でした。「メニューなどは撮影しないでくださいね」とのことでしたので、今回は外観とラーメンの画像だけ掲載しておきます。

第一旭@田原本店-01
京都駅近くの「たかばし」発祥のラーメン店としてチェーン展開している『第一旭』さん。食べるのは初めてです。今回は24号線沿いにある田原本のお店へ行きました。小規模店舗が多数入居する商業ビルの一角にあります


スープはかなり美味しいのですが・・・

私が注文したのが、最も基本のラーメンであるにもかかわらず、何故か「スペシャル(@700円)」という名前の一品です。豚骨の出汁のスープとのことですが、何の臭みも無く、ごくごくベーシックなクセのない醤油味という印象でした。

こう書くと、気に入らなかったように見えるかもしれませんが、私は何の変哲も無い醤油ラーメンが大好きですので、このスープは満足できました。

ただし、麺の茹で時間が長すぎたんだと思いますが、いくらなんでも柔らかすぎでしたね・・・。ここの茹で方は、大きめの釜に人数分の麺を投入し泳がせるというタイプで、それ自体はとてもいいことだと思います。それが原因かは分かりませんが、これでは台無しですね(厨房を担当していたのは若い男性でした)。

さらに言うと、チャーシューがパサパサで堅すぎです。鉢いっぱいに5枚ほど敷いてあるのは嬉しいのですが、途中ですっかり飽きてしまいました。

ラーメンも日によって当たり外れがあるものですし、フランチャイズによってバラつきがあるのも仕方ないと思います。しかし、本店のホームページにあったような「麺の固さはもとより、スープの脂っこめ、さっぱりめ。醤油の濃いめ、薄いめ。焼豚の赤身、白身。ネギ大盛、モヤシ大盛。全て無料でお作りします。」というサービスをやっているような様子もありませんでしたし、のれん分けするならするで、もうちょっとしっかりと管理して欲しいと思ってしまいました。

第一旭@田原本店-02
私が注文した「スペシャル(@700円)」。最も基本の醤油の並ですが、何故かこの名前です(笑)。チャーシューが5枚ほどと刻みネギのトッピングの、かなりベーシックな醤油ラーメンですね。スープは普遍的な味で美味しかったです

第一旭@田原本店-03
麺は中細ストレート。毎回こうなのか分かりませんが、やや柔らかくなりすぎで、好み的にはイマイチ・・・。また、チャーシューも堅めで、全くお肉のジューシーさが感じられないタイプでしたので、コチラもイマイチ・・・


名物「ターロー」も甘すぎかな?

一方、相方が注文したのが、第一旭名物の「ターロー(@900円)」です。

これは「味付けバラ肉」がトッピングされているもので、食感は「豚の角煮」に近い感じ。甘辛いというよりも、さらに甘さが勝っている感じです。これを単品で食べると、適度に喉が渇く感じがあって、ビールのアテとしては最高かもしれません!

ただし、ラーメンのトッピングとしては、いくらなんでも甘みが強すぎて、個人的には苦手でした。ラーメン全体に焼肉のタレを混ぜたような、しつこい甘さが染み出してきてしまい、スープを飲み干す以前に、ラーメンをすするのも途中でつらくなりそうです・・・。

私は苦手に感じましたが、このラーメンの熱心なファンも全国に数多くいるんですから、人の好みって色々ですね。ぜひ一度お試しください!

第一旭@田原本店-04
相方が頼んだ、第一旭名物の「ターロー(@900円)」。ターローとは「味付けバラ肉」のことで、かなり甘めに煮付けられた角煮のような感じです。フルフルッとした食感で、これ自体はかなり美味しかったですね!

第一旭@田原本店-05
スープにはターローの味が染み出ていて、とっても美味しそう・・・なんですが、これがかなり甘い!ラーメンに焼肉のタレを投入した感じでした。個人的には、ターローでビールを飲んで、〆にラーメンを食べたい気分です(笑)



大きな地図で見る


■第一旭 田原本店

住所: 奈良県磯城郡田原本町唐古323-4 中和ビル
電話: 07443-3-0847
定休日: 火曜日
営業時間: 11:00 - 22:00
駐車場: あり






 【京都たかばし発祥のチェーン店『第一旭』@田原本】へのコメント
yukitooru  10-03-22 15:53

これまた京都本店で食べてください、味が全く違います。
京都のほうがあっさりで、若い人は田原本の濃厚なのがいいかもしれませんが・・・お節介ですいませんが・・・天下一品も本店で食べてみてください
、スープがめちゃ濃厚ですよ・・・・

naka  10-03-22 21:04

>yukitooruさん

第一旭さんは、京都の本店でぜひ食べてみたいと思ってるんですが、個人的に新福菜館さんが大好きなので、ついついそちらにばかり・・・。次に京都方面へ行ったときには、ぜひ食べてきますね。天一は、大ファンですから、一度は本店へ聖地巡礼に行きたいと思ってますので、これは必ず!

参考にしてます  13-01-23 17:40

昔、このラーメン屋の近所に住んでた者です。
小、中、高校とよく食べに行きました。
最近はご無沙汰してるんで知らないんですが、ニグロパーマの怖っそうな親父さん(実は滅茶苦茶丁寧な)と優しそうな女将さんが居て凄く美味しかった思い出が有ります。
私の中では未だにあの親父さんの作ったラーメンを越えるものは有りません。

naka  13-01-23 19:42

> 参考にしてます さん

コメントありがとうございます!
私も最近すっかりご無沙汰していますが、私がお邪魔した時はまだ比較的お若い方が接客してくださった記憶があります。ニグロパーマって懐かしい響きです(笑)

ここもまた改めて食べに行かなきゃ…と思っていたところですので、何時ごろになるかは分かりませんが、また確かめてきますね!





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ