2007-11-29

クセになるラーメン『天下一品』!

ラーメン『天下一品』


すでに全国展開をしていて、ある一定の認知度を得たと思われる、京都発のラーメン店『天下一品』。ウチの夫婦も二人とも大好きで、1ヶ月に1回以上のペースで食べに行っているような気がします。

独特のドロドロのスープは、一見トンコツに見えますが、実は鶏ガラをベースにしたもので、意外とあっさりしていてくどさを感じさせません。以前、どこかのテレビ番組に社長が出演して「私、トンコツ嫌いですねん」みたいな話をしていた記憶がありますが、確かにトンコツが苦手な方でも受け入れられそうな味ですね。


最近の私の注文は「手もみ麺・スープ濃い目・ネギ多め」。絡みすぎなぐらい麺にスープが絡んで、これが美味しいんですよね。ドロドロですが脂っぽさは一切ないため、まろやかでクリーミーなスープは、質の悪いトンコツのように胸焼けすることもありません。具材のチャーシューとメンマ・ネギも悪くないですし、中華そば系が好きな私にとっては親しみやすいラーメンです。

ただし、(チェーン展開しているお店はどこもそうなんですが)天下一品も店舗によって当たり外れが大きいですね。関西発祥のチェーン店のため、こちらでは相当に古くから営業している加盟店も見受けられますが、こんなところは大抵は中途半端な営業をしているんです。

個人的な判断基準としては、やはり「独自のセットメニューが沢山あるお店は不味い」というのが一番分かりやすいですね。普通に作っていれば普通に美味しいラーメンになるはずなんですが、これが出来ないから他のことでカバーしようとしてドツボにはまる。さらに、こんなお店はサービスも悪いことが多いため、結局客足はさらに遠のいていくのです。

ウチの近辺にも数店ありますが、満足できるのは「かしば店」ぐらいですね。ここはシンプルメニューで店員さんも教育されていますし、何より「うわっ、今日は不味いな~」と思わされたことがありません。基本的なことですが、ちゃんとこんなお店が見つかれば、普段から何度でも食べたくなるような“濃厚だけどサッパリ”という、あの不思議なラーメンが堪能できるはずです。


『天下一品』-ラーメン

これは「濃い目・ネギ多め・手もみ麺」。濃厚なドロドロスープですが、決してしつこくありませんので食べやすい。定期的に体が欲する味わいですね~

『天下一品』-注文スタイル
スープの濃さだけではなく、ニンニクとネギの量、麺の固さも選べます。個人的には手もみ麺が気に入ってます

『天下一品』-かしば店外観
お世話になっている「かしば店」さん。チェーン店の中にはマトモじゃないところもあるのでご注意を!

『天下一品』-完食
スープの最後の一滴まで、美味しく飲み干しました。ご馳走さまでした!

■天下一品(ラーメン店)
店舗一覧はコチラ










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ