2014-07-15

鶏チャーシューが絶妙『らぁめんトリカヂイッパイ』@生駒市

鶏チャーシューが絶妙『らぁめんトリカヂイッパイ』@生駒市

生駒市俵口町にオープンした新店『らぁめんトリカヂイッパイ』さん。スープからチャーシューまで、鶏にこだり、無化調・自家製麺の穏やかなラーメンを食べさせてくれます。甘めの醤油とニンニクが効いた「和えそば」は、一転してジャンク風。美味しかったです!


阪奈道路の生駒IC近くの新店です

生駒市俵口町に、2014年6月末にオープンした『らぁめんトリカヂイッパイ』さん(食べログ)。店名からもにじみ出ているように、徹底的に「鶏(トリ)」にこだわり、無化調(化学調味料を使用しないこと)、自家製麺のラーメンを食べさせてくれます。

真新しくきれいなお店の建物の前に、駐車場が4台分ほど。それほど広いスペースではありませんし、交通量の多い道路に面しているため、運転には十分にお気をつけください。

営業時間は、現在のところ「11:00~14:30」と、お昼のみ。この日は平日の13時くらいにお邪魔しましたので、行列にはなっていませんでしたが、続々と来店客がやって来ていました。注目されてますね!


らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-01

生駒市にオープンした新しいラーメン店『らぁめんトリカヂイッパイ』さん。2軒続きの建物の1階部分での営業です。阪奈道路の生駒ICのすぐ北側。生駒駅からは徒歩で15分ほどの距離。店前に4台分ほどの駐車スペースがあります

らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-02
店内の一部。真新しくてピカピカですね。L字型のカウンターで。席数は9席分ほど。それほど広くありませんので、お昼のピークには待ち時間が発生するかもしれませんね。お店に入ってすぐ左手に券売機がありますので、食券を購入してから席に着きましょう

らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-04
「●らぁめん トリカヂ イッパイ のこだわり! 化学調味料を一切使用せず、天然素材をふんだんに使い、安心して召し上がっていただける、こだわりがイッパイ詰まったらぁめんに仕上げました。

●自家製麺
かんすいの使用を極力控えた自家製少加水ストレート麺。豊かな小麦の風味と食感をお楽しみ下さい。

●スープ
たっぷりの京赤地鶏の親丸鶏とガラを使用した鶏感あふれる清湯スープです。

●タレ
らぁめんには島根県産生揚げ醤油を当店独自の火入れ法をほどこし、魚醤とブレンドしたタレです。和えそばには、奈良県の片上醤油を使用し、数種類の調味料を加え数日間寝かせたタレを使用しています。」


麺メニューは「らぁめん」と「和えそば」のみ

トリカヂイッパイさんの麺メニューは、2種類のみです。

●醤油ラーメン「らぁめん(醤油)(@700円)」(麺140g)
●汁なしの混ぜそば「和えそば(汁なし)(@700円)」(麺210g)

トッピングは、「味玉(@200円)」「鶏チャーシュー(@150円)」「全部のせ(@200円)」。麺大盛は「@100円」。ご飯ものは「ごはん(@100円)」「玉子かけごはん(@150円)」。シンプルでいいですね。


らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-03

店前にメニューが貼ってあります。食券を購入してから席に着きますので、入店する前に選んでおきましょう。お昼時のみの営業で、全面的に「禁煙」なのが嬉しいですね


穏やかで優しい味の「らぁめん(醤油)」

トリカヂイッパイさんの「らぁめん(醤油)(@700円)」。島根奥出雲の生揚げ醤油タレに、京赤地鶏の丸鶏とガラをふんだんに使用したスープを合わせているとか。化学調味料も使用しておらず、とても優しくクリアな印象です。じっくりと舌の上で転がしたくなるスープですね。ほんのわずかに醤油が勝っている感があります。

麺は、かんすい控えめの自家製ストレート麺。スープによく合う、ツルツルッと気持よくお腹に収まっていくタイプです。ほのかに小麦の風味も感じられて、個人的に好きなタイプでした。

そして、最大の特徴はチャーシューですね。国産の鶏胸肉を低温調理したもので、とろけるような柔らかさです!ネット上では「鶏ハム」と呼ばれるレシピで、自宅でもたまに作りますが、鶏ベースのラーメンにもよく合うんですね。いいアイディアです!


らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-05

トリカヂイッパイさん「らぁめん(醤油)(@700円)」。澄んだ清湯スープに、細めの自家製麺。とても穏やかでまろやかな一杯です。個人的に醤油好きですので、かなり好みの味でした。もうちょっとだけスープの鶏感が強くてもまた美味しいと思います

らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-06
ちょっと角度を変えて。トッピングは、白髪ネギ・糸唐辛子・水菜・焼き海苔、そして鶏チャーシュー。とても柔らかで味も強すぎず、「このラーメンにはこれしかない」というくらいのマッチングでした。美味しかったです!


ジャンク度高めの「和えそば(汁なし)」

そして、もう一方の「和えそば(汁なし)(@700円)」は、麺の量が「210g」(らぁめんは140g)と多めで、食べごたえあります。

汁なしの混ぜそばタイプで、具材は、半熟の味玉・甘辛い鶏ミンチ・鶏チャーシューの刻み・刻みネギ・刻んだタマネギ・焼き海苔・水菜。ガシガシと混ぜてからいただきます。麺はラーメンのものと近い細めのストレート。つけ麺とは違い、温かいままでした。

食べてみると、醤油(御所市の「片上醤油」さん天然醸造醤油だとか)がやや甘めで、ニンニクの風味が強め。いい感じのジャンク度です!


らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-07

トリカヂイッパイさんの「和えそば(汁なし)(@700円)」。味玉・鶏ミンチ・鶏チャーシューの刻み・ネギ・水菜など、ルックスも賑やかですね。かなりニンニクが効いています。食券を出した際に「ニンニク抜きも出来ますがどうしますか?」と聞かれますので、ニンニクが得意でない方や仕事中の方は、ニンニク抜きを選んだ方が無難かもしれません

らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-08
麺は自家製の細麺ストレート。底のタレに染まって黒く見えますね。タレと具と麺をガシガシと混ぜてから食べるのですが、あまり見た目がいいものではありませんので、写真は自重します。甘めの醤油ダレ、ニンニクのパンチが次第に効いてきて、見事なジャンクフードでした!

らぁめんトリカヂイッパイ@生駒市-09
最後までペロリといただきました。ごちそうさまでした!



■らぁめんトリカヂイッパイ

ブログ: http://ameblo.jp/mlb28181/
Twitter: @nakamuraya1028

住所: 奈良県生駒市俵口町1093
電話: 非公開
定休日: 月曜・祝日
営業時間: 11:00 - 14:30
駐車場: 店前に4台分ほど
アクセス: 近鉄「生駒駅」から徒歩約15分


■参考にさせていただきました

麺一杯:らぁめん トリカヂ イッパイ (初)
一日一麺: 【新店】トリカヂイッパイ 和えそば、全部乗せ
【新店】らぁめん@らぁめん トリカヂイッパイ - 全国ラーメン食べ歩き情報


●【食べログ】の該当ページへ

らぁめん トリカヂ イッパイ - 生駒/ラーメン










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ