2011-04-20

生玉子がポイントの徳島らーめん『ふく利』@奈良柏木店

生玉子がポイントの徳島らーめん『ふく利』@奈良柏木店

恐らく奈良県唯一の徳島ラーメン専門店となる『ふく利 奈良柏木店』さんへお邪魔してきました。いわゆる「すき焼き風」と言われるような濃い味ではなく、まろやかで食べやすい醤油ラーメンがいただけました。生玉子&白ご飯との組み合わせは絶妙ですね!


追記

同じ徳島ラーメンのお店ですが、「ふく利」ではなく、『徳島ラーメン 麺よし 奈良柏木店』(食べログ)という店名となっています。


徳島ラーメンのチェーン店が奈良県初出店

『徳島らーめん ふく利』とは、徳島県に本社を置き、徳島ラーメンやカレー店などを展開する飲食チェーン「株式会社スターフード」さんがフランチャイズ展開しているお店です。関西への出店を始めたばかりで、もちろん奈良へは初出店となります。

奈良柏木店は、国道24号線「柏木」交差点近く、以前は天下一品さんが入っていた店舗です。こちらは、正式オープン日は「2011年4月25日(月)」ですが、18日からプレオープンをやっていたため、私たちはその期間にお邪魔しました。

正式オープンの前だというのに、皆さんちゃんと情報を入手していて、続々とお客さんがやって来ていました。全部で24席、駐車場も7台分ほどと、それほど大きな店舗ではありませんので、正式オープン直後やお昼時には駐車スペースが足りなくなるかもしれませんね。


らーめん ふく利@奈良柏木店-01

奈良市の国道24号線「柏木」交差点近くにオープンした、徳島ラーメンのお店『らーめん ふく利 奈良柏木店』さん。以前は、真向かいの場所へ移転した天下一品さんが入っていた店舗です

らーめん ふく利@奈良柏木店-02
ふく利さんの正式なオープン日は「2011年4月25日(月)」ですが、18日からプレオープンをやっていたので、さっそく20日にお邪魔しました。奈良では珍しい徳島ラーメンのお店ですが、写真を見る限り、生卵以外はベーシックな醤油ラーメンに見えます

らーめん ふく利@奈良柏木店-03
ふく利さんの店内の様子。テーブル席とカウンター席合わせて24席。駐車場が7台分ほどと、やや狭めに感じますが、席数も少ないのでこのくらいが適度なのかもしれません。プレオープン中のため、スタッフの方の人数は多め。接客にまだぎこちなさを感じる場面もありました

らーめん ふく利@奈良柏木店-04
カウンター席の様子


基本の「らーめん」はリーズナブル

ふく利さんのメニューを見ていくと、基本の「らーめん(@550円)」があり、そこにトッピングのアレンジで「玉子入り(@600円)」「肉入り(@730円)」などが増えていきます。

面白いのは、ラーメンに追加できる「ごはんセット(@150円)」が、ご飯+生玉子になっていること。生玉子は徳島ラーメンの重要なポイントですから、これは嬉しいですね。濃厚なスープに、溶いた卵のまろやかさが加わるのが醍醐味ですから、もちろんラーメンにトッピングしたいところですが、テーブルには「たまごかけ醤油」が常備してあり、ご飯にかけていただきたいのも事実です。

また、店内には「生玉子をいつ混ぜるか?」という3タイプの食べ方が紹介されていたりして、この卵の扱いだけでもあれこれ迷えて、それがとても楽しめました!


らーめん ふく利@奈良柏木店-06

徳島らーめん ふく利さんのメニュー。「らーめん(@550円)」が基本で、「玉子入り(@600円)」「肉入り(@730円)」などがあります。セットメニューもご飯・炒飯・餃子の3種類があります。注目は「ごはんセット(Aセット。+150円)」。白ご飯と生玉子がついてきます。また、ライス単品(@150円)はおかわり無料なので、大食漢の方はこちらをどうぞ

らーめん ふく利@奈良柏木店-07
「ふく利のらーめんといえば生玉子!」と堂々と書かれるほど、徳島ラーメンと生玉子は相性がいいもの。3タイプあって、「最初から混ぜちゃう派」「途中から混ぜちゃう派」「最後に混ぜちゃう派(最後にご飯も混ぜるとか」とあります

らーめん ふく利@奈良柏木店-05
テーブル上の調味料類。「たまごがけ醤油」があるのが目を惹きます。やや濃い目の徳島ラーメンには、白ご飯が定番ですから、これが卵かけになるとさらに魅力的ですね


食べやすく「すき焼き風」とは言えないかも

私もそうでしたが、一般的な「徳島ラーメン」のイメージは、徳島の有名店「いのたに」さんのような、濃い豚骨醤油・中細麺・豚バラ肉と生卵などがトッピングされている、というものでしょう。ご飯のおかずとして食べられるほど味は濃く、「すき焼き風」と呼ばれることも多いものです。

しかし、ふく利さんのラーメンは、スープは濃厚ではあるものの、それほど塩分は強くなく、誰の口にも合いやすいタイプです。また、チャーシューもバラ肉のようなものではなく、一般的な(とても柔らかで美味しい)タイプのものでした。

私が思っていた徳島ラーメンとは大きく違っていたため、やや肩透かしな感はありましたが、その思い込みを取り除いてしまえば、とても美味しいラーメンですね。私は醤油ベースの中華そばが好きですので、ふく利さんのラーメンはストライクゾーンの真ん中に近いですし、この手のラーメンをそれほど好まない奥さんも、とても気に入っていました。


らーめん ふく利@奈良柏木店-08

ふく利さんの「らーめん 肉入り(@730円)」の「ごはんセット(@150円)」。ここで、ついてきた生玉子をどうやって食べようか?という葛藤があります。ラーメンにも入れたいし、ご飯にもかけたいし・・・という嬉しい悩みですね(笑)

らーめん ふく利@奈良柏木店-09
「肉入り」のアップ。普通のらーめんはチャーシューが2枚でしたので、3枚増量で180円増しでした。チャーシューは柔らかでとても美味しいものでした。徳島ラーメンというと、すき焼き風のバラ肉をイメージしますが、ふく利さんではこのタイプとなります

らーめん ふく利@奈良柏木店-10
麺は、中細ストレート。適度なコシの美味しい麺でした。ホームページによると、小麦粉は最上級「特竜門」を使用、製麺後の1~2日間は専用冷蔵庫で寝かせてることで、粉っぽさが抜け、風味が増すのだそうです

らーめん ふく利@奈良柏木店-12
「らーめん(@550円)」をごはんセットで注文して、こちらは生玉子をそのままラーメンにトッピングしてみました。私は「途中から混ぜちゃう派」ですが、やはりまろやかになっていいですね。ちなみに、ふく利さんでは、トッピング用の「生玉子(@50円)」は通常は黄身のみで提供されているそうです。確かに白身は無くてもいいのかもしれませんね

らーめん ふく利@奈良柏木店-13
二人してスープまで完食しました!ご馳走様でした!


生玉子の使い方を考えるのも楽しいです

ちなみに、生玉子の食べ方ですが、、、、

<1>1個そのままラーメンにトッピング
<2>溶いてから、半分はラーメンへ、半分に「たまごがけ醤油」をかけてご飯へ
<3>ごはんセットの生玉子はご飯へ、別でトッピング用生玉子を追加

こんなパターンを考えて、上の二つを試してみましたが、私たち的には<2>がベストですね。ふく利さんのスープは、ご飯がドンドン進む・・・というまでは濃くありませんので、ご飯を美味しい卵かけに出来た方が嬉しい感じでした。

<3>のパターンでも、「らーめん+ごはんセット+生玉子トッピング(@750円)」と、それほどお高いものではありませんので、コレステロールが気にならない方はこの頼み方でもいいかもしれません。

さらに言えば、生玉子を最後の方まで残しておいて、ご飯と一緒にスープに投入して雑炊的にいただくというのも魅力的ですね。ぜひ色んなパターンを試してみてください!



大きな地図で見る


■ふく利 奈良柏木店

住所: 奈良県奈良市八条五丁目412-6
電話: 0742-30-5519
定休日: 無休
営業時間: 11:00 - 25:00
駐車場: 有(7台分ほど)
アクセス: 国道24号線「柏木町」交差点近く


●【食べログ】の該当ページへ

ふく利 奈良柏木店ラーメン / 西ノ京駅九条駅尼ケ辻駅
昼総合点★★★★ 4.0










  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ