2011-06-06

丁寧に作った自家製全粒粉麺『麺人ばろむ庵』@奈良市

丁寧に作った自家製全粒粉麺『麺人ばろむ庵』@奈良市

2011年4月にJR奈良駅近くにオープンしたラーメン屋『麺人ばろむ庵』さんへ行ってきました。かなり分かりづらい場所にある、かなり変わった店名のお店ですが、とても丁寧に作っているのが伝わってくる、美味しいラーメンがいただけました。


JR奈良駅近く、お昼のみの営業です

2011年4月、奈良市杉ヶ町にオープンした新店『麺人ばろむ庵』さん。JR奈良駅から徒歩5分ほどと近いものの、お店は裏通りにあってやや分かりづらいですし、駐車場もありません(近隣のコインパーキングを利用してください)。また、営業時間は11時~14時までと夜の営業もありませんから、なかなか行きづらいお店かもしれません。

私たちも全く土地勘の無い場所でしたので、カーナビに案内されるままに向かったのですが、やはり分かりづらかったですね。すぐ近くに「奈良市生涯学習センター」がありますので、これを目印にするといいかもしれません。


麺人ばろむ庵@奈良市-01

2011年4月、奈良市杉ヶ町にオープンしたラーメンの新店『麺人ばろむ庵』さん。駐車場が無いため、メインの通り沿い(754号線)のコインパーキングに車を停めてお店を探したところ、こんなひっそりとした通りへ来てしまいました・・・

麺人ばろむ庵@奈良市-02
「新中華そば」の看板を目印に進むと、ひっそりとお店が見えてきます。奈良市生涯学習センターのすぐ近くで、店構えからすると、以前はお寿司屋さんだった場所かもしれません

麺人ばろむ庵@奈良市-03
緑色の暖簾には「麺人ばろむ庵」という店名と、「自家製麺」と染めてあります。ガラスケース内にはメニューと、店内禁煙・駐車場が無い旨をお知らせする張り紙がありました


店主さんは「超人バロム・1」のファン?

『麺人ばろむ庵』という店名を聞いただけで、分かる人には分かっていると思いますが、おそらく(というより間違いなく)店主さんは昔の特撮ヒーロー番組「超人バロム・1」のファンなんでしょう。お店のロゴなども、バロムワンの胸のマークをかたどっているようですし、ブログのタイトルが「ふたりがひとり」ですし(笑)

ちなみに、「超人バロム・1」とは、1972年に放映された特撮もので、原作はさいとう・たかを氏。二人の少年が腕をクロスすると友情エネルギーが生まれ、正義のヒーローに変身できる・・・という設定になっています。完全に余談ですが、主題歌の「ぼくらのバロム・1」がぶっ飛んでいてカッコイイですから、ぜひ見てみてください。

麺人ばろむ庵さんは、ご夫婦お二人だけでお店を切り盛りしていらっしゃるそうですから、二人の力を合わせたエネルギーで頑張っていこうという決意なのかもしれませんね。


麺人ばろむ庵@奈良市-09

食券の券売機にあった『麺人ばろむ庵』さんのロゴ。古い世代の方はご存知だと思いますが、その昔の特撮ヒーロー番組「超人バロム・1」と、店名もロゴもそっくりです!きっと店主さんがお好きなんでしょうね


メニューはシンプルに「新中華そば」

店内はまだ真新しくピカピカでした。奥へと真っ直ぐにカウンター席が続き、左手には製麺室が見えます。まずは右手前にある券売機で食券を購入しましょう。

メニューを見ていくと、現在の麺メニューは「新中華そば(@700円)」と、チャーシュー麺の「焼豚新中華そば(@900円)」のみ。メニューに名前が見える「まぜそば」「焼豚まぜそば」は、まだ準備中とのことです。中華そばは、1玉の並と1.5玉の大のお値段が一緒なのが嬉しいところ。自家製麺だけに自由がきくのでしょう。

ご飯ものメニューは「温玉ごはん(@200円)」「ごはん(@100円)」、後はビールとトッピングの追加があるくらいですから、メニューは極端にシンプルですね。


麺人ばろむ庵@奈良市-05

ピカピカと清潔な店内の様子。カウンター席が12席のみで、左手は製麺室になっています。ご夫婦お二人でお店を切り盛りなさっていて、店内に入ったら、まずは右手前のやや分かりづらい場所にある食券券売機で食券を購入してください

麺人ばろむ庵@奈良市-07
麺人ばろむ庵さんのメニュー。麺メニューは、今のところ「新中華そば(@700円)」「焼豚新中華そば(@900円)」のみ。1玉の並と1.5玉の大のお値段が一緒なのは嬉しいですね。また、メニューに名前だけある「まぜそば」「焼豚まぜそば」は準備中。お披露目の日を楽しみに待ちましょう

麺人ばろむ庵@奈良市-06
製麺室の様子。営業時間中に製麺機を動かすことはないと思いますが、お子さんがこの機械を見たら喜ぶかもしれませんね


魚介ダシが強め、自家製麺・極太メンマ!

麺人ばろむ庵さんの「新中華そば(@700円)」は、豚骨と鶏ガラをベースに魚介ダシが強めに感じられるスープです。魚介の風味が強めで、脂っこさやしつこさなどは全く感じられません。私のような魚介好きには堪らないですね。

また、自慢の自家製麺は全粒粉を使用したもので、麺に黒い粒々が見える平打ち太麺です。風味もしっかりとしていますし、見た目以上に滑らかな喉越しでした。ローストビーフのようなチャーシュー、極太のメンマなど、トッピングもいいですね。本当に丁寧に作られたラーメンであることは十分に伝わってきます。

麺もスープも具材も、全て主役級のものを揃えているため、全体のバランスが気になる感はありましたが、私は大好きなタイプの一杯でした。

また、カウンターには「ブラックペッパー&ピンクペッパー」と、辛さと酸っぱさをプラスするには「ハラペーニョオイル」が置いてありましたので、後半戦に味を変えてみるのも面白いですね。胡椒の風味もいいですし、意外とハラペーニョオイルの辛酸っぱさもよく合いました。入れすぎに注意しながら試してみてください!


麺人ばろむ庵@奈良市-11

麺人ばろむ庵さんの「新中華そば(@700円)」。ローストビーフのようなチャーシューに、煮玉子・カイワレ・青菜、そして極太のメンマ!素晴らしいルックスですね。スープは、豚骨と鶏ガラをベースに魚介ダシが強めに感じられるもの。私のような魚介好きには堪らない味わいです

麺人ばろむ庵@奈良市-12
自家製麺は、全粒粉を使用した、いわゆる「挽きぐるみ」タイプの平打ち太麺です。見た目からすると、風味が強めなことと引き替えに滑らかさに欠けていそうに思えますが、ちゃんとツルツル感は損なわれていません。スープによく絡むものだとは思いませんでしたが、個性的で面白いですね

麺人ばろむ庵@奈良市-13
見た目からはほぼ分かりませんが、こちらは「新中華そば(@700円)」の大(1.5玉。お値段変わらず)です。極太メンマが分かるでしょうか。お腹が膨れて嬉しいのですが、麺の量に合わせてスープも増やしてもらえるとよりベターだと思いました

麺人ばろむ庵@奈良市-10
カウンターには、個性的な調味料が置いてありました。胡椒の刺激が欲しい方は「ブラックペッパー&ピンクペッパー」を、辛さと酸っぱさをプラスするには「ハラペーニョオイル」を。私も両方試しましたが、胡椒は文句なしに美味しいです。ハラペーニョオイルは、急にエスニックなテイストになりますね。かなり強めですから、入れすぎに注意。少しずつ追加していきましょう!

麺人ばろむ庵@奈良市-14
合わせていただいた「温玉ごはん(@200円)」。温玉を割るとトロトロの黄身が流れでてきます。チャーシューとメンマが刻んだものが乗っていますが、やや迫力に欠ける感はありますが、味が濃すぎたりすることもなく、とても美味しかったです!

麺人ばろむ庵@奈良市-15
最後まで美味しくいただきました。ご馳走様でした!



大きな地図で見る


■麺人ばろむ庵

HP: 参考サイト(食べログ)
ブログ: http://blog.goo.ne.jp/baromone8661
住所: 奈良県奈良市杉ヶ町27 山本ビル
電話: 0742-24-8661
定休日: 不定休
営業時間: 10:00 - 14:00
駐車場: 無し(近隣のコインパーキングを利用)
アクセス: JR奈良駅から徒歩5分ほど


■参考にさせていただきました!

ラーメン一期一会 麺人 ばろむ庵
新中華そば by 麺人ばろむ庵 | 別館 奈良雑記 奈良麺類図鑑


●【食べログ】の該当ページへ

麺人 ばろむ庵 ラーメン / 奈良駅近鉄奈良駅
昼総合点★★★★ 4.0






 【丁寧に作った自家製全粒粉麺『麺人ばろむ庵』@奈良市】へのコメント
まいこー  11-06-15 23:37

バロム△!笑


(超人バロム・1初めて知りました…)
食べに行きたいです!

naka  11-06-16 20:14

>まいこー

超人バロムは、幼い頃のヒーローだから嬉しくなるねー。友情パワーで変身なんて、今でも通用する設定だし(笑)。ちゃんとラーメンも美味しかったから、機会があったらぜひぜひ!

くにやん  11-09-01 6:32

「ばろむ庵」さんには、オープン以来、月1、2回通ってます。
研究熱心な、ご主人は行くたびに改善していて、オープン時よりマイルドになり、お気に入りの店になりました。
鶏ガラえをベースに鯛ダシ+?は、今まで奈良には無いラーメンだと思います。 スープ、麺、チャーシュウ、メンマのどれも、レベルが高くて、1.5玉でも値段は変わらないのはお値打ちです。

naka  11-09-01 20:29

>くにやんさん

私たちがいただいた時から、さらにまた進化してるのかもしれませんね!いいですねー。ウチなんて、まだ「まぜそば」もいただいていませんから、また伺わなきゃいけないんですけど、ますます楽しみになりました!近々、必ず再訪したいと思いますので、少しだけご期待ください(笑)





  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ