2014-07-20

犬養孝と万葉を歩く (別冊太陽―日本のこころ)

全国の「万葉故地」を歩いた犬養孝さんの取材ノートをもとに万葉歌の魅力を紹介した一冊

日本全国の万葉故地(万葉の歌に登場した土地)を歩き、その魅力を伝えた犬養孝さん。没後に自宅から見つかった「取材ノート」とともに50の土地を紹介した、別冊太陽シリーズの一冊。

万葉集ゆかりの土地というだけでも、どこか懐かしく感じられるものですが、先生が全国を歩いたのは、今から半世紀近くも前のこと。私が生まれたころに近く、どこか原風景に近いような親近感を覚えました。


説明文:「日本中の万葉の故地を歩き、風土に宿る歌心の研究に情熱を傾けた犬養孝。著書「万葉の旅」はいまも万葉ファンのバイブルである。没後、自宅から発見された「取材ノート」をもとに、犬養の訪れた万葉の地50景を選び紹介する。」


本書では、先生の取材ノートを紹介し、足跡をたどる形をとっています。若い頃から何度も訪れた飛鳥などに関するノートは少ないのが残念ですが、全国の1200にものぼる関連の土地を巡っていて、旅行を追体験している気分になりますね。

取材の内容をまとめたものは『万葉の旅〈上〉大和 (平凡社ライブラリー)』(紹介記事)として出版されていますので、こちらを読むのがいいでしょう。

また、資料などは明日香村『犬養万葉記念館』(紹介記事)で見られます。

発売が2001年と古いため、書店ではもう手に入らないと思いますので、図書館か古書店などを探してみてください。



【犬養孝と万葉を歩く (別冊太陽―日本のこころ)】の関連記事

  • 『マンガで楽しむ古典 万葉集』~万葉集をわかりやすく解説。ボリュームたっぷりで読み応えあり!~
  • 『万葉集と日本人読み継がれる千二百年の歴史 (角川選書)』~万葉集が時代ごとにどう読まれ、写され、解釈されてきたかを掘り下げた一冊。良書です!~
  • 『万葉秀歌探訪 (NHKライブラリー)』~万葉集の秀歌を、巻ごとに分かりやすく解説。古い本ですが古びていません~
  • 『日本全国 万葉の旅 「大和編」』~大判で美しい写真と的確な解説。奈良のエリアごとに紹介されていて便利です!~
  • 『犬養孝と万葉を歩く (別冊太陽―日本のこころ)』~全国の「万葉故地」を歩いた犬養孝さんの取材ノートをもとに万葉歌の魅力を紹介した一冊~
  • 『小さな恋の万葉集』~万葉学者・上野誠さんが万葉歌を「おしゃべり語」に超訳した意欲作!親しみやすさは○~
  • 『万葉集からみる「世界」 (新典社新書)』~万葉文化館・井上さやかさんのご著書。マニアックな歌も親しみやすく解説してくれます~
  • 『古代史で楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)』~古歌の時代背景や人物像を歴史的な観点から観ていく一冊。古代史好きな方にお勧めです!~
  • 『越中万葉をたどる 60首で知る大伴家持がみた、越の国。 (高岡市万葉歴史館論集 別冊1)』~赴任した大伴家持ら、越中で詠まれた万葉歌60首を分かりやすく。平城の都とは違った趣です~
  • 『万葉集と古代史 (歴史文化ライブラリー) 』~「あをによし」など、有名な万葉歌を歴史の中で読み直すと?眼からうろこの良書です!~
  • 『はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)』~定番からマイナーまで。共感できる万葉歌87首を分かりやすく解説。ビギナーにお勧め!~
  • 『よみがえる万葉人 (文春文庫)』~長屋王・元明天皇・橘諸兄など、歴史上の人物ごとに万葉歌を見ていく面白い一冊です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ