2014-07-16

小さな恋の万葉集

万葉学者・上野誠さんが万葉歌を「おしゃべり語」に超訳した意欲作!親しみやすさは○

多方面でご活躍中の万葉学者・上野誠さんによる、「おしゃべり語」に超訳された万葉集本。写真家・佐藤秀明さんが切り取った奈良の風景と交互に掲載されています。2005年に発売されたものですが、古びるような内容ではありませんので、今でも十分に楽しめますね。


説明文:「万葉恋歌の超訳と写真で綴るアンソロジー。「これが万葉集?!」と驚きの声があがる、斬新な超訳で綴る万葉恋歌のアンソロジー。万葉集の恋歌は、日本語で恋を歌ったもっとも古い記録でありながら、1300年前の歌とは思えないほど新鮮みに溢れています。これを、現代の万葉の語り部として活躍中の万葉学者、上野誠が、いにしえの恋人たちのため息やおしゃべりが聞こえてくるような話ことば訳にしました。たとえば「あまた悔しも」は「めちゃ、悔しいよぉ」といった感じ。また原文は、そのまま声に出して読める現代仮名遣いによる平仮名表記。おまけに、せつない恋の情景がよみがえる、なつかしさ満点の奈良の撮り下ろし写真付き。あなたも昔の恋を探しに行きませんか。」


たとえば、万葉歌がこんな風に訳されていきます。

「あなたとわたしを
引き裂こうとしている人がいるのよ……
だから、だから──お願い、あなた
噂話なんて聞いちゃダメ──
絶対に!
決して!」

「なをとあを
ひとぞさくなる
いであがきみ
ひとのなかごと
ききこすなゆめ」

元の歌は、「汝をと我を 人ぞ放くなる いで我が君 人の中言 聞きこすなゆめ」(大伴坂上郎女 巻4-660)。巻末にまとめて分かりやすい解説がついていますが、本文のところでは詩集を読むように、現代の言葉へ超訳された歌が掲載されています。

こうした「現代語で親しみやすく」という試みはずっと続けられていて、特に目新しいものではありませんが、敷居が低くなることは間違いないでしょう。

ただ、いい年のおっさんが読むと、万葉集の恋唄自体がかなりべっとりと甘めのものが多いのに加えて、さらに現代語まで甘さが増しているので、やや胸焼け気味で……。そういった方面がお好きな方はぜひ手にとってみてください。



【小さな恋の万葉集】の関連記事

  • 『マンガで楽しむ古典 万葉集』~万葉集をわかりやすく解説。ボリュームたっぷりで読み応えあり!~
  • 『万葉集と日本人読み継がれる千二百年の歴史 (角川選書)』~万葉集が時代ごとにどう読まれ、写され、解釈されてきたかを掘り下げた一冊。良書です!~
  • 『万葉秀歌探訪 (NHKライブラリー)』~万葉集の秀歌を、巻ごとに分かりやすく解説。古い本ですが古びていません~
  • 『日本全国 万葉の旅 「大和編」』~大判で美しい写真と的確な解説。奈良のエリアごとに紹介されていて便利です!~
  • 『犬養孝と万葉を歩く (別冊太陽―日本のこころ)』~全国の「万葉故地」を歩いた犬養孝さんの取材ノートをもとに万葉歌の魅力を紹介した一冊~
  • 『小さな恋の万葉集』~万葉学者・上野誠さんが万葉歌を「おしゃべり語」に超訳した意欲作!親しみやすさは○~
  • 『万葉集からみる「世界」 (新典社新書)』~万葉文化館・井上さやかさんのご著書。マニアックな歌も親しみやすく解説してくれます~
  • 『古代史で楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)』~古歌の時代背景や人物像を歴史的な観点から観ていく一冊。古代史好きな方にお勧めです!~
  • 『越中万葉をたどる 60首で知る大伴家持がみた、越の国。 (高岡市万葉歴史館論集 別冊1)』~赴任した大伴家持ら、越中で詠まれた万葉歌60首を分かりやすく。平城の都とは違った趣です~
  • 『万葉集と古代史 (歴史文化ライブラリー) 』~「あをによし」など、有名な万葉歌を歴史の中で読み直すと?眼からうろこの良書です!~
  • 『はじめて楽しむ万葉集 (角川ソフィア文庫)』~定番からマイナーまで。共感できる万葉歌87首を分かりやすく解説。ビギナーにお勧め!~
  • 『よみがえる万葉人 (文春文庫)』~長屋王・元明天皇・橘諸兄など、歴史上の人物ごとに万葉歌を見ていく面白い一冊です~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ