2014-03-05

まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?

街角写真などからフォントの楽しさを解説する第二弾。欧文フォントがメインですが面白い!

ドイツ在住で欧文フォントの企業に勤めている日本人著者による、興味深い一冊。前作の『フォントのふしぎ ブランドのロゴはなぜ高そうに見えるのか?』(書評はこちら)が面白かったので、その続編に当たる本書も読んでみましたが、こちらもなかなか楽しめました。


説明文:「ブランドのロゴの秘密を書体デザインの視点から解き明かした書籍『フォントのふしぎ』の第二弾は、世界の街角の文字『まちモジ』。タイプディレクター/書体デザイナーの小林章さんが世界の街角で撮影した標識や看板の文字について語ります。

今回は、日本の標識や看板だけなぜ丸っこい文字(丸ゴシック)が多く使われているのかに着目し、外国の標識を調べたり、看板職人に取材したりしながら、その秘密に迫ります。そこには日本だけで丸ゴシックが進化してきた驚きの事実が。そのほか、ヨーロッパ、北南米、アジアで集めた街中の文字やマクドナルドやルフトハンザ航空で使われているフォントなど、身の回りの文字を観察し、17か国で撮影した350点の写真で紹介。書体デザインの第一人者による文字観察本の決定版です。」


欧文フォントの話題がメインのため、ヨーロッパやアジアの国々の街角で見つけたフォントの写真を紹介し、それに対してフォント好きな専門家らしい解説を加えるというスタイルです。その繰り返しなんですが、日本人には気づかないようなちょっとしたルールやクセなどが理解できて、とても面白いですね。

また、サブタイトルになっている「日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?」については、今回は冒頭に近いパートで長めに扱っています。ちなみに、丸ゴシックの反対語は角ゴシック(線がすべて四角形になるもの)で、丸ゴシックは線の終わりが丸まっているものです。このフォントを使用しているのは、見た目が柔らかな印象になるのと、筆文字で書きやすいという理由があるのだとか。

大阪・和泉市で今も活躍している、手書き看板の職人さんの元を訪ね、実際に書いてもらっていますが、詳細な書き方などが解説されていて、これも面白いです。普通の書道とはまた違ったルールがあるようで、角ゴシックよりも丸ゴシックの方が圧倒的に書きやすいという理由も理解できました。

この本を読んでいくと、世の中には色んなフォントがあふれていることに気づきます。何となく……というレベルですが、少しずつ違いが見えてきますので、町で注目してみるようにしたいですね。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【まちモジ 日本の看板文字はなぜ丸ゴシックが多いのか?】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ