2015-03-18

百日紅 (上) (ちくま文庫)

葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!

江戸の風俗を鮮やかに描きだした、故・杉浦日向子さんの漫画作品。江戸の浮世絵師、葛飾北斎の娘・お栄を主人公に、情緒ある江戸の人々の姿を描きだしています。

特に大きな事件が起こったりはせず、浮世絵師という稼業の人々と、それを取り巻く人々、歌舞伎役者、商店の旦那など、淡々と描写していきます。粋であり、ずぼらであり、酒を飲んだり、女郎屋へ通ったり。売れっ子の浮世絵師の一門ですから、江戸庶民とはまた違うのでしょうが、リアリティがにじみ出ています。

初出は1983年の雑誌連載だったそうですが、まったく古びていません。まさに傑作ですね。

作中には、浮世絵を描くシーンや、完成した作品などの多数登場しますので、江戸絵画が好きな方も楽しめるでしょう。「父である北斎に劣らない」とも言われたというお栄の、はしたないほどの粋な姿など、思わず惚れてしまいそうです(笑)

2015年5月に、アニメ映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』が公開になりますが(お栄役は杏さん、北斎役は松重豊さん!)、原作は短篇集なので、どんなストーリーになるのか楽しみですね。



また、ちくま文庫版では上下巻になっています。『百日紅 (下) (ちくま文庫)』も読みましたが、特にストーリーがあるわけではありませんので、最後までふわりと終わっています。ぜひ合わせてどうぞ!


【百日紅 (上) (ちくま文庫) 】の関連記事

  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)』~ダンジョンで倒したモンスターを食べる。これだけなのに面白い!ダンジョンRPG好き必見!~
  • 『花よりも花の如く (1) (花とゆめCOMICS)』~「能」をテーマにしたコミック作品。演目や裏側も含めて分かりやすく描いた良作です!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ