2016-05-06

山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)

聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!

厩戸皇子(聖徳太子)を主人公に描いた、名作漫画『日出処の天子』(Wikipedia)について、作者である山岸凉子さんも登場し、たっぷりと振り返った一冊。

連載は1980年~1984年のこと。古代の歴史をそのままなぞるだけではなく、厩戸皇子を超能力者として、さらに同性愛者として描いた、当時としては画期的な作品でした。私はかなり後になってから読んでいますから、その衝撃は想像するしかありませんが、当時リアルタイムで読んでいた女性たちは、大きな影響を受けたことでしょう(笑)

冒頭から貴重な貴重な「原画ギャラリー」で始まり、荒俣宏先生との対談、舞台となった飛鳥を訪ねる企画、ストーリーのおさらい、登場人物の紹介、歴史的なエピソード、ファンの方たち(綿矢りささんやおかざき真里さん!)からの寄稿など、とにかく豪華!ファン必見ですね。


説明文:「少女漫画史に燦然と輝く不朽の名作『日出処の天子』。30年余の時を越えて読み継がれるこの作品の魅力を徹底紹介する。舞台となった飛鳥や河内へのルポ、登場人物ゆかりの史跡・寺社のガイドのほか、著者・山岸凉子本人へのインタビューでは、創作秘話や後日談、主人公・廐戸王子への思いなどが語られるほか、貴重な仕事場の写真も公開。巻頭にはファン垂涎のカラー原画を計22枚大判で掲載、うち1枚はなんと本書が初登場の未公開作品! !すべての『日出処の天子』ファン、少女漫画ファンに捧ぐ永久保存版。」


この本は基本的にはファンブックのような形態ですが、さすがは別冊太陽さん、ディープな歴史的・美術的な考察などもふくまれていて、とても読み応えがありました。「『聖徳太子絵伝』を読む」というような考察記事などもいいですね。原作の世界をより深く掘り下げてくれています。

詳しい内容までは明かしませんが、未読の方はぜひ一度手にとってみてください。かなりクセはあるものの、いま読んでもまったく古びていませんし、本当に魅力的な作品です。先に作品を読んでからこのガイドブックを読むと、すぐにでも飛鳥に行きたくなると思います。

それにしても、この作品が発表されたのは、もう今から30年以上も前のことになります。そんな時代に、こんな斬新な作品が少女漫画誌で連載されていたということ自体が驚きです。本当にすごい(笑)



【山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)】の関連記事

  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『ならしかたなし 1 (花とゆめCOMICS)』~大仏顔の女子高生とクールな鹿。奈良を舞台にしたシュールなコメディー漫画!~
  • 『死者の書 (ビームコミックス)』~折口信夫さんの中将姫伝説を扱った小説の漫画化。不思議な読後感です~
  • 『山岸凉子『日出処の天子』古代飛鳥への旅 (別冊太陽 太陽の地図帖)』~聖徳太子を主人公に描いた名作漫画の原画やエピソードが満載!~
  • 『うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)』~人々が失くしたものが見つかる宿を舞台にした、静かで雰囲気のある作品~
  • 『ランド 1 (モーニングKC)』~四ツ神さまに囲まれた小さな古い村が舞台のファンタジー漫画。雰囲気あります!~
  • 『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション 1 (ビッグコミックススペシャル)』~不思議な魅力にあふれるコミック作品。覚えづらいタイトル、斬新な設定!~
  • 『BLUE GIANT 1 (ビッグコミックススペシャル)』~名作『岳』の作者が描く「ジャズ」をテーマにした漫画作品。面白い!熱気が伝わってきます!~
  • 『阿・吽 1 (ビッグコミックススペシャル) 』~最澄と空海。天才宗教家たちの苦悩を描いたコミック。面白い!引きこまれます~
  • 『天智と天武 1 -新説・日本書紀- (ビッグコミックス)』~二人の皇子の大河ドラマ。クセはありますがドラマティックで面白い!歴史好きな方は必読!~
  • 『新装版 夏子の酒(1) (講談社漫画文庫)』~日本酒ブームを巻き起こした名作漫画。いい日本酒を用意して、飲みながら読みたくなります~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ