2015-03-04

幻獣標本採集誌

存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!

存在しない「幻獣」の標本を模した作品を発表しているアーティスト・江本創さんの作品集。龍・悪魔・人面魚・河童・ツチノコ・恐竜・不思議な魚など、妄想の中の生き物を対象としているのですが、いかにも標本っぽい茶色をしていて、手を触れればバリバリと粉になってしまいそうな素材感があり、とてもリアルです。

説明文:「謎多きロシア人科学者、アレクサンドル・ヒロポンスキー博士の孫娘アナスタシアが祖父の衣鉢を継ぎ求めた、未確認生物の数々!驚異の蒐集の成果を、ここに開陳!」

この「ロシア人科学者が……」というギミックを用いていて、背景の冒頭に説明があります。この設定は効いているような、余分なような(笑)

2006年に発売された作品集を、2014年に新装版として発売しなおしたものだとか。見ているだけで楽しい本ですから、出版社の方もいい仕事をなさったと思います!


また、同時に2011年発売の『幻獣標本箱』の新装版も拝見しましたが、個人的にはこちらの方が好みでした。

龍や亀、魚などのモチーフに加えて、虫人間、龍の骨格、マンドレイク、冬蛙夏草など、不思議度合いが増しています。タイトル通り、不思議な標本箱を覗きこんでいるような楽しさがあり、ワクワクしながら拝見しました。興味のある方はぜひ!


【幻獣標本採集誌】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~




" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ