2013-06-08

もっと知りたい書聖王羲之の世界 (アート・ビギナーズ・コレクション)

4世紀の書聖「王羲之」。書の魅力・歴史的な観点からの解説で、初心者に最適の入門書

4世紀の中国・東晋時代に生きて、1600年もの間「書聖」として崇められてきた書家「王羲之」(おうぎし。Wikipedia)の作品や生涯について、分かりやすく解説した一冊。

私自身、書の素養はまったくありませんが、テレビ番組「開運!なんでも鑑定団」を見たり、書道をテーマにした漫画『とめはねっ! 鈴里高校書道部』を読んでいたりするため、王羲之の名前だけは何度も目にしていました。図書館でこの本を見つけてさっそく借りてみましたが、その書の素晴らしさが理解できたとは思えませんが、どんな位置づけの方なのかが把握でき、ちょっと知識が深まりました。


説明文:「真跡がまったくないにもかかわらず、1600年以上にわたり書の世界に君臨し、「書聖」として崇められてきた王羲之。その実像とアルカイックな書の魅力を、3部構成でさまざまな角度から解き明かし、王羲之信仰の全貌に迫ります。
書研究の第一人者監修の下、東京国立博物館や書道博物館に在籍する、第一線で活躍中の若手研究者たちが それぞれの専門に応じて分担執筆。複雑多様な羲之書の世界を平易な言葉で道案内してくれます。」


書が上手いの何の……というのはともかく、王羲之がすごいのは、書聖とまで呼ばれる有名な書家でありながら、本人が書いた書が一点も残されていないことでしょう。歴代の皇帝が懸命にコレクションしてきましたが、それも戦乱で散逸。今では王羲之の書を臨書(書き写すこと)、または拓本したものが残されているのみです。長い間、何度も書き写されてきたため、もとの字形がかなり崩れたりしているともいいます。

もっとも有名な書は「蘭亭序(らんていじょ)」。353年、蘭亭に名士41人を招いて宴を行った際に、詩を詠みあいました。その時の詩をまとめた詩集の序文が蘭亭序。二十八行・全三百二十四字の書が、後の千年以上も名書として珍重されてきたそうです。私はその名前を知っていた程度でしたが、本書では同じ文字でも登場する場所によって書き方を替えるなど、そのすごさを分かりやすく教えてくれます。

また、日本でも鑑真和上が来日した際に、王羲之の真蹟を持参していたという記録が残っています、また、正倉院宝物の中には、王羲之の書「楽毅論」を光明皇后が臨書したものがありますし、十行・九十九字分の「大小王真蹟帳」が収められていたりします。そんな時代から崇められた書聖なのだという証ですね。

私のような者にはその凄さは分かりませんが、とても分かりやすくて興味深い内容でした。歴史好きな方であれば、きっと楽しく読めると思います!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【もっと知りたい書聖王羲之の世界 (アート・ビギナーズ・コレクション)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ