2013-06-02

読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)

トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!

日本神話のスタンダードであった「日本書紀」と、18世紀の本居宣長の登場まで忘れられかけていた存在だった「古事記」。これらの書が中世などには大きく内容を変え、様々な亜種が登場していたことはあまり知られていません。タイトルの通り、「読み替えられ」てきた歴史をたどった一冊です。

この本は2006年発売の新書版です。著者の斎藤英喜さんは、2012年に『古事記 不思議な1300年史』という本を書いていらっしゃいますが、この本が眼から鱗で驚きの連続だったため、同じテーマの本も遡って読んでみました。内容も近いものがありますし、こちらもとても面白く読了しました!


説明文:「神様って、こんなにアバウトでこんなに面白い!アマテラスが蛇になり、安徳帝がヤマタノオロチに姿を変え、イザナギ・イザナミからアダムとエバが生まれ、「天皇即位の秘儀」が封印され、ナウシカが現代の神話となるまでの奇想天外、神々の変貌!『古事記』から『もののけ姫』まで時代に改変された神話の千三百年史。」


漢文体で書かれた日本書紀は、海外のスタンダードも意識した内容だったのに対し、古事記には、漢字を使いながらローカルな倭言葉の音声を重視した訛りを取り入れた文体だったとか。このため、貴族たちが歴史を学ぶのに使用するのは常に日本書紀であり、古事記はずっとサブテキスト扱いだったそうです。

平安時代になると、日本書紀を複数人で読む「日本紀講」が催され、研究が進みますが、次第に偽作された歴史書が登場したり、読み手の都合のいいように内容を読み替えたりすることが横行していきます。ここで詳しい流れまでは書きませんが、中世になると一気にトンデモ化していくんですね。

●記紀には登場しない「第六天魔王」が現れて、あろうことかアマテラスと密約を交わしている
●その影響でアマテラスは「嘘つきな神」と見られていた
●伊勢神宮の外宮に祀られるトヨウケ神の経歴や正体が書き換えられている
●現在とはまったく違った形で神仏習合していた
●オオクニヌシは冥界の王として祀られた

など、現在では考えられないような姿だった時代もあったのです。もちろん、それぞれ意図があって変化していくのですが、色んな驚きがありますね。古事記や日本書紀の意外な歴史が学べます。

本の内容としては、『古事記 不思議な1300年史』に近いので、間違いなく面白いです。こちらは新書版のため中古本もリーズナブルに手に入るようですから、興味がある方はぜひ!


【読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)】の関連記事

  • 『荒ぶるスサノヲ、七変化―“中世神話”の世界 (歴史文化ライブラリー)』~日本神話の英雄「スサノヲ」の時代ごとの変貌ぶり。ユニークな中世神話の世界は面白い!~
  • 『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』~脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です~
  • 『古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!~
  • 『ニッポン西遊記 古事記編』~女優・鶴田真由さんが全国の古事記ゆかりの地を巡り歩いたエッセイ集。読みやすい一冊です~
  • 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』~女優・浅野温子さんが演じて感じる「古事記」。神々に血が通った印象で斬新でした!~
  • 『読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)』~トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!~
  • 『古事記の奈良大和路』~奈良の土地と古事記の記述を照らし合わせながら紹介する、分かりやすい古事記ガイド~
  • 『ぼおるぺん古事記 三 海の巻』~人気シリーズ完結編!優しい絵と迫力のコマ割り。筆者の温かい視線が感じられる傑作です~
  • 『はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)』~前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます~
  • 『恋スル古事記』~禁断の愛や異種婚など、『古事記』に登場するラブストーリーを5つの短編漫画に~
  • 『マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記』~漫画と分かりやすいテキストの古事記入門本。330ページのボリュームですが読みやすい!~
  • 『『古事記』異端の神々 (太古日本の封印された神々)』~古事記の神々を意外なアングルから読み解く一冊。やや古めですが斬新で面白いです!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ