2013-01-31

はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)

前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます

古事記のあらすじと読み方を解説する、新書版の作品。古事記編纂1300年イヤーだった2012年の締めくくりに、奈良県が優れた古事記関連書籍を表彰する「古事記出版大賞」という企画がありましたが、そこで島根・宮崎両県にゆかりの本を選ぶ「しまね古代出雲賞」に選ばれています。

第一部では、80ページくらいの駆け足で古事記のあらすじを紹介し、第二部(100ページほど)でその読み方や特徴を解説していきます。


説明文:「神話はたんなるファンタジーではない。なぜ古代の人々が見えない神々の世界を想像したのか、“自然”と“人間”の接点を舞台に読みとく。『古事記』の全容がわかる、あらすじ紹介つき。」


第一部のあらすじは、登場人物の名前は複雑で覚えやすいものではありませんし、限られた誌面で上中下巻のすべてを網羅するのですから、やや消化不良な感はありました。初心者の方がこれを読んですぐに理解するのは難しいかもしれませんが、どこかで聞いた話があるとか、神々も意外と人間くさいんだとか、親しみを感じてもらう役に立つでしょう。

第二部からは、古事記を読み解く作業に入っていきます。項目を見ると、「最初の出会い─水と生命がまじわる場所」「箸と橋と柱─天と地をつなぐ場所」「大地の母胎─死と再生の場所」「<食べる>体─内なる自然」などがあります。

例えば、箸と橋と柱の語源が同じであるという推測から、古代の日本人の思考パターンなどを読み解いていくのですが、これが面白いですね。あまり学術的になりすぎない程度に分かりやすく掘り下げていますので、思わず引きこまれました。この読み解き方は他の章でも同様で、草木の「実」、肉や魚の「身」、人間の「身」は区別されなかったというところから出発して、古事記を物語を読み直しています。

古事記の初心者の方にはやや薦めづらいですが、こういったアングルから見なおしてみるのは、私にとって新鮮でした。また時間が経ったら再読してみたいですね!


【はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)】の関連記事

  • 『荒ぶるスサノヲ、七変化―“中世神話”の世界 (歴史文化ライブラリー)』~日本神話の英雄「スサノヲ」の時代ごとの変貌ぶり。ユニークな中世神話の世界は面白い!~
  • 『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』~脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です~
  • 『古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!~
  • 『ニッポン西遊記 古事記編』~女優・鶴田真由さんが全国の古事記ゆかりの地を巡り歩いたエッセイ集。読みやすい一冊です~
  • 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』~女優・浅野温子さんが演じて感じる「古事記」。神々に血が通った印象で斬新でした!~
  • 『読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)』~トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!~
  • 『古事記の奈良大和路』~奈良の土地と古事記の記述を照らし合わせながら紹介する、分かりやすい古事記ガイド~
  • 『ぼおるぺん古事記 三 海の巻』~人気シリーズ完結編!優しい絵と迫力のコマ割り。筆者の温かい視線が感じられる傑作です~
  • 『はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)』~前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます~
  • 『恋スル古事記』~禁断の愛や異種婚など、『古事記』に登場するラブストーリーを5つの短編漫画に~
  • 『マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記』~漫画と分かりやすいテキストの古事記入門本。330ページのボリュームですが読みやすい!~
  • 『『古事記』異端の神々 (太古日本の封印された神々)』~古事記の神々を意外なアングルから読み解く一冊。やや古めですが斬新で面白いです!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ