2014-06-10

五月女ケイ子のレッツ!!古事記

脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です

ゆるいテイストで大人気のイラストレーター・五月女ケイ子さんが手がけた古事記本。脱力系のイラストと独自の解釈を駆使して、不可思議な古事記の世界を、より親しみやすく、より笑える世界に変換して楽しませてくれる良書です。

発売は2008年夏。古事記編纂1300年の記念イヤーに乗じて出版されたものではなく、この手の本の先鞭をつけた一冊ですね。とっくに読んだものだと思い込んでましたが、どうも初めてだったようです。かなり面白いので、もっと早くご紹介したかったです!


説明文:「ケイ子が古事記を描きました!古典なんてお堅くて……なんて思っているそこのあなた!あの、大人気イラストレーターが、他の本とはひと味もふた味も違う神々を描きました。五月女ワールド全開の「古事記」をご堪能あれ!!」


古事記には難解な表現も多いですから、やや取っ付きづらいイメージがあるものです。時にはSF的だったり、グロテスクだったり、辻褄が合わなかったり。そういった点を好奇心に満ちた現代人による自由な解釈で、楽しく紹介してくれています。

ヤマタノオロチ退治に向かうスサノヲが(岩鬼的な)葉っぱをくわえていたり、オオナムジが眼鏡男子だったり(呼び名はオオちゃん)、タケミナカタが学ランにリーゼントの不良の姿で描かれていたり、世界観を伝えながらもかなり遊んでいます。

例えば大学生くらいの子から「古事記に興味が出てきたんですけど、どれから読めばいいですか?」と聞かれたら、まずこの本を勧めるかもしれません。誤った知識を植え付ける可能性もありますが、エンターテイメント性に富んだ古事記の神々のストーリーは、このくらいぶっ飛んだ表現でも十分に耐えられますからね。

ストーリーを丁寧に追っているものではありませんし、お勉強にはなりませんが、ゆるーく古事記の世界に触れてみたいという方はぜひどうぞ!



【五月女ケイ子のレッツ!!古事記】の関連記事

  • 『荒ぶるスサノヲ、七変化―“中世神話”の世界 (歴史文化ライブラリー)』~日本神話の英雄「スサノヲ」の時代ごとの変貌ぶり。ユニークな中世神話の世界は面白い!~
  • 『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』~脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です~
  • 『古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!~
  • 『ニッポン西遊記 古事記編』~女優・鶴田真由さんが全国の古事記ゆかりの地を巡り歩いたエッセイ集。読みやすい一冊です~
  • 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』~女優・浅野温子さんが演じて感じる「古事記」。神々に血が通った印象で斬新でした!~
  • 『読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)』~トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!~
  • 『古事記の奈良大和路』~奈良の土地と古事記の記述を照らし合わせながら紹介する、分かりやすい古事記ガイド~
  • 『ぼおるぺん古事記 三 海の巻』~人気シリーズ完結編!優しい絵と迫力のコマ割り。筆者の温かい視線が感じられる傑作です~
  • 『はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)』~前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます~
  • 『恋スル古事記』~禁断の愛や異種婚など、『古事記』に登場するラブストーリーを5つの短編漫画に~
  • 『マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記』~漫画と分かりやすいテキストの古事記入門本。330ページのボリュームですが読みやすい!~
  • 『『古事記』異端の神々 (太古日本の封印された神々)』~古事記の神々を意外なアングルから読み解く一冊。やや古めですが斬新で面白いです!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ