2014-02-06

古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)

里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!

歴史漫画を多数描いてきた巨匠・里中満智子先生による「古事記」全2巻。小学館さんの創業90周年企画として、日本の古典作品が続々と漫画化されていますが、その第一弾を飾ったもの。気合の入った企画ですが、とても読みやすく古事記の世界へ入っていけます。


説明文:「日本古典が親しみやすい形で甦る!第1弾!日本古典文学の名作をベテラン漫画家が原典に沿ってビジュアル化する新シリーズ! 第1期として奈良・平安・鎌倉期の7作品10巻を刊行。各ベテラン漫画家ならではの漫画化で古典作品の魅力が倍増!読み応えと格調のある内容で、大人の古典鑑賞、入門に最適!

シリーズ第一弾として、昨年1300年紀を迎えた日本誕生ロマン『古事記』を、世界の神話・伝承を描いてきた里中満智子が、2巻立てで漫画化。その<壱>として、「この世の始まり」「天の岩屋戸」「八俣大蛇」「大穴牟遅」「根之堅州国」「大国主神」「国譲り」「天孫降臨」「木花之佐久夜毘売」「山幸彦と海幸彦」「豊玉毘売」「神武東征」「天皇誕生」「欠史八代」など収録。巻末寄稿/竹田恒泰。」


古事記自体は3部作のような形になっていますが(上巻中巻下巻)、第一巻では古事記の中巻に少し入って「神武東征」までを描いています。本書は300ページ弱ですから、1巻にここまで掲載するにはかなり駆け足にならざるを得ません。「天の岩屋戸」や「八俣大蛇」のエピソードも10ページ少々でまとめていますから、他のものと比べるとやや物足りない感もありますね。しかし、その分だけストーリーの枝葉が省いてあり、テンポ良く読み進められます。古事記の入門としてはちょうどいいのかもしれません。

里中先生が持統天皇の生涯を描いた『天上の虹』(まだ未完)と共通した、ややクラシカルな少女漫画っぽい絵柄ですから、男性のかたはやや苦手に思われるかもしれません。

また、1冊1,600円もするだけに紙質も良く、長く手元に置いておける愛蔵版のような位置づけなのでしょう。2巻までで完結していますので、合わせてどうぞ!



『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)】の関連記事

  • 『荒ぶるスサノヲ、七変化―“中世神話”の世界 (歴史文化ライブラリー)』~日本神話の英雄「スサノヲ」の時代ごとの変貌ぶり。ユニークな中世神話の世界は面白い!~
  • 『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』~脱力系イラストと独自の世界観。摩訶不思議な古事記の世界を親しみやすく面白く!良書です~
  • 『古事記 壱: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~里中満智子先生が描く「古事記」豪華本全2巻。ややクセはありますが読みやすいです!~
  • 『ニッポン西遊記 古事記編』~女優・鶴田真由さんが全国の古事記ゆかりの地を巡り歩いたエッセイ集。読みやすい一冊です~
  • 『わたしの古事記 「浅野温子 よみ語り」に秘めた想い』~女優・浅野温子さんが演じて感じる「古事記」。神々に血が通った印象で斬新でした!~
  • 『読み替えられた日本神話 (講談社現代新書)』~トンデモ化していった中世日本紀など、日本神話の読まれ方を概略した一冊。面白いです!~
  • 『古事記の奈良大和路』~奈良の土地と古事記の記述を照らし合わせながら紹介する、分かりやすい古事記ガイド~
  • 『ぼおるぺん古事記 三 海の巻』~人気シリーズ完結編!優しい絵と迫力のコマ割り。筆者の温かい視線が感じられる傑作です~
  • 『はじめての日本神話『古事記』を読みとく (ちくまプリマー新書)』~前半は古事記のあらすじを、後半はその読み方や特徴を。語源などから読み解きます~
  • 『恋スル古事記』~禁断の愛や異種婚など、『古事記』に登場するラブストーリーを5つの短編漫画に~
  • 『マンガ 遊訳 日本を読もう わかる古事記』~漫画と分かりやすいテキストの古事記入門本。330ページのボリュームですが読みやすい!~
  • 『『古事記』異端の神々 (太古日本の封印された神々)』~古事記の神々を意外なアングルから読み解く一冊。やや古めですが斬新で面白いです!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ