2013-04-03

ねこと国芳

無類のネコ好き浮世絵師・歌川国芳の猫作品集。ゆるいネコたちの姿に癒されます!

ネコ好きで知られる浮世絵師・歌川国芳の猫作品を、76点も収録した作品。美人画の片隅に描かれる猫、風景に溶け込む猫、擬人化された猫、当て字の図柄にされた猫など、全部で352匹もの猫が登場します!


説明文:「猫好きのかゆいところに手が届く、国芳の猫の描写

有名な《其まゝ地口猫飼好五十三疋》にとどまらず、描きに描いた猫の絵の中から、めずらしい素描や、全編に渡って挿絵を描いた猫の冒険物語『朧月猫の草紙』、猫の役者が大勢登場する団扇絵、踊る妖怪猫、猫でできた当字、盆画に粗相をしてしまう子猫など、本邦初公開の作品を含む、たまらなく魅力的な猫たち352匹を紹介します。」


大胆な構図が特徴の歌川国芳ですが、本当に猫を描いた作品が多いんですね。江戸の町にも猫好きはたくさんいたのでしょう。基本的にはゆるーい表情や仕草で描かれていて、窓辺に腰掛けた美人の足の下で遊ばれている「当世商人日斗計 日九時」、お尻を高く突き上げて大あくびをしている「艶姿十六女仙 豊干禅師」など、まぁ可愛いです。

美人絵や役者絵がご禁制となった時代には、猫を人間に見立てた作品なども多数残していますが、この猫たちの生意気そうで不遜な表情もいいですね。

本書では、国芳が猫を描いた作品と、日本語と英語の解説を、基本的に見開き2ページずつで紹介しています。猫の部分だけの拡大図が入れられたり、見開きいっぱいに画像が掲載されたりと、アート作品集としてもよく出来ていますね。英語の解説も入っていますので、海外へのおみやげとしても十分に通用するでしょう。

また、この本についている「しおり紐」の先端は、国芳が描いたお座りした猫の絵が付けられています(画像3枚目に写っています)。凝ってて面白いですね!企画展の目録でもここまでやらないでしょう。

猫を描いた作品以外にも、ユニークな浮世絵を多数描いていますので、国芳の仕事全般を知りたい方は『もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』(Amazon)辺りから読んでみるのもいいでしょう。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【ねこと国芳】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ