2012-06-15

もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

幕末に活躍した奇想の浮世絵師の作品を分かりやすく解説

幕末の浮世絵師「歌川国芳」の作品を、初心者にも分かりやすく解説した一冊。収録点数は決して多くありませんし、独特の猫の絵や風刺画・戯画なども比較的少なめですが、様々なジャンルの絵を手がけ、いずれも十分な力量を持っていたことが伝わってくる内容になっています。

国芳は、歌川豊国の門下生で、若いころは兄弟弟子の国貞の後塵を拝し続ける不遇の日々を送りました。しかし、「水滸伝」シリーズが大当たりし、一躍人気浮世絵師の仲間入りを果たします。初期の頃のやや拙い印象もあるシンプルな作品も悪くないですし、水滸伝を題材にした、グロテスクなまでの迫力に満ちた作品群もいいですね。本人は「宵越しの銭は持たない」という江戸っ子気質で、多くの弟子を引き連れて飲み歩くような人だったとか。江戸の末期にそんな粋な人間が実在したことを想像するだけでもちょっと楽しくなります。

個人的に好きなのは、やはり大判三枚続(通常の三枚分の紙を使ったもの)の「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」「宮本武蔵と巨鯨」などのダイナミックな作品ですね。三枚の紙を縦に並べた「那智の滝の文覚」なども美しいです。武者絵と怪奇絵の良さがややアンバランスにミックスされていて、見飽きない作品群だと思います。

とにかく、国芳を始めとするこの時代の浮世絵師たちは、ありとあらゆるタイプの作品を手がけていますので、その全体像を把握しづらいのですが、この「アート・ビギナーズ・コレクション」シリーズは分かりやすくて入門書には最適です。ぜひ幕末の鬼才の仕事ぶりに感嘆してみてください!


【もっと知りたい歌川国芳―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ