2012-11-19

柳宗悦民藝の旅―“手仕事の日本”を歩く (別冊太陽 太陽の地図帖 7)

柳宗悦氏が愛した「日本の手仕事」たち。写真を見ているだけでも魅了されます

日本中の民藝を再評価し、手仕事で作らえた日用品の美しさを世に知らしめた「柳宗悦(やなぎむねよし)」さん。氏が好んだ品々を、北から順番に50品ほど紹介しています。別冊太陽のさらに別冊となる「太陽の地図帖」シリーズですから、基本は『柳宗悦の世界 (別冊太陽)』と近いものですが、よりシンプルに分かりやすいですね。氏が愛した民藝品の美しさが誌面から伝わってきます。

個人的にも、盛岡の南部鉄瓶、小田原の箱根寄木細工、甲府の印伝、富山の八尾和紙、和歌山の棕櫚箒(しゅろぼうき)、大分の小鹿田焼など、ページをめくっていくごとに、素朴で美しい道具たちが現れて、とにかく楽しいですね。年を取るごとにこういったものが好きになっていくのは不思議なものだと思います(笑)

なお、奈良県から取り上げられているのは、古梅園さんの「墨」でした。ちなみに、奈良を拠点に活動する映画監督・河瀬直美さんの好きな道具についての短いエッセイも掲載されていますが、そこでは倉敷の西阿知花筵(にしあちはなむしろ)という「むしろ」を紹介しているのも、ちょっと意外で面白かったです。

こうした民藝品の紹介がメインですが、柳宗悦氏の業績・日本民藝館の紹介・掲載商品が購入できるお店の案内などもありますので、日本の伝統的な手仕事にちょっとだけ興味があるという方には最適ですね。100ページ以下のムック本ですから、ぜひ気軽に手にとってみてください。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【柳宗悦民藝の旅―“手仕事の日本”を歩く (別冊太陽 太陽の地図帖 7)】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ