2013-11-25

色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)

安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます

奈良県の安堵町で生まれた、人間国宝の陶芸家・富本憲吉の作品を解説した一冊。富本憲吉の生涯や作品の特徴など、豊富な画像を用いて紹介しています。ビギナー向けで、テキストよりも画像中心のため、とても分かりやすいですね。どのような作風の方なのか把握するのに最適な内容でした。


説明文:「世界的な陶芸作家の代表作130点を、美しいカラー写真で収録。英国留学体験やインド・朝鮮美術に影響をうけ、情熱的な作陶活動を展開し、やがては人間国宝にいたる富本の足跡を、数々の傑作とともに紹介する。鮮やかな色彩、曲面の織りなす調和。陶芸に、初めて個性の美を探求した、人間国宝・富本の小伝と代表作130余点。」


富本憲吉は、生涯で安堵町・東京・京都などを移り住みました。作風も様々で、素朴な焼き物から始まって、白磁・色絵磁器・金銀彩磁器など、次第に華やかさを増していったことが分かります。若いころの民藝作品らしいものにも惹かれますが、鮮やかな色彩で草木などを書き込んだ色絵磁器は素晴らしいですね。

そして、金銀を用いて細かな連続した更紗文様を描いた作品は、さらに見惚れてしまいます。代表的な文様としては、菱型が連続する「菱文様」や「四弁花」(安堵町の町花にもなった「テイカカズラ」の花がモチーフ。本来は五弁だが、連続して描くため四弁にしてあるとか)。そして、細やかなシダの葉を描き込んだ「羊歯文様」などがあります。

白磁の白に、赤・緑・金・銀が華やかですが、全体を落ち着けるためか白を残してある部分も多く、何十年後に見てみても素晴らしいデザイン性です。

富本憲吉の生家を展示施設にした、安堵町の「富本憲吉文化資料館」は、現在変則的に開館していますが、「※本館は、約1年の期間限定開館のため、平成26年2月28日(金)にて閉館致します。」とアナウンスされていて、閉館となることが決定しています。この本で紹介されていた作品の実物が見られるはずですから、ぜひ行っておこうと思います!

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ