2015-05-24

日本民藝館手帖

東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に

東京・駒場にある「日本民藝館」の所蔵品を、解説とともに紹介していく一冊。掲載点数はそれほど多くありませんが、その成り立ち・特色などが把握しやすい内容です。決して平易で読みやすいとは言いませんが、民藝の入門書としては適度かもしれません。


説明文:「日本民藝館は、民芸運動の主唱者であった柳宗悦により、1936年(昭和11年)に駒場に創設された、日本各地の焼き物、染織、漆器、木竹工などを集めた美術館です。展示されている品々は、それまでの美術史が正当に評価してこなかった、無名の工人の作になる日用雑器、朝鮮王朝時代の美術工芸品、木喰の仏像などで、柳本人が日本各地を歩き回って蒐集したものです。」

民芸運動を提唱した、柳宗悦らによって収集された作品は多岐に及び、本書ではその分類ごとに点数を絞って紹介しています。

エリア別には、朝鮮・日本・沖縄・アイヌ・台湾・中国・西洋の項目に分かれており、それぞれの特徴的な作品が集められています。今見ても(または今見るからこそ)まったく古びない普遍的な美しさを持つ作品ばかりで、素晴らしい審美眼ですね。

さらに同人作家たち(バーナード・リーチ、濱田庄司、河井寛次郎、芹沢けい介、棟方志功)の作品、日本民藝館の建物や施設の紹介など、施設全体の紹介をするような内容にもなっています。

私はまだ日本民藝館には行ったことはありませんが、まずこの本を読み、軽く予習してから拝見したいですね。



【日本民藝館手帖】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ