2016-08-26

Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。

中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本

奈良で300年(!)続く企業「中川政七商店」さんとともに、「100年続く日本のものづくり」を考えるという企画。毎回充実した内容のムック本『Casa BRUTUS』さんらしく、美しく贅沢な内容で、読み応えたっぷりでした!


説明文:「長く使いたい暮らしの道具。職人による丁寧な手仕事と、その手によって生まれた、長く愛される伝統的な工芸品たち。美しく、そして、長く使いたくなる暮らしの道具には必ず、それぞれの風土で培われてきた語られるべき歴史があり、つくり手の深い想いが宿っています。100年後も続くような日本のものづくりを再発見しに、中川政七商店と一緒に、職人たちの現場に足を運んでみました。」


中川政七商店さんが展開する「遊中川」「日本市」では、日本各地の工芸品などをリデザインして、その良さを再発見する取り組みを続けています。店頭で商品を眺めているだけでもその美しさにため息が出ますが、本書ではその産地や作家を直接訪ねて、現場まで興味が持てるような構成になっています。

「日本のものづくりの産地をめぐる旅」と題して、以下の土地と商品が紹介されています。

【奈良】奈良のモダンな日用品。
【波佐見】400年の歴史が支える波佐見の器。
【山中】魯山人ゆかりの山中の漆器。
【盛岡】盛岡の美しい鉄器づくり。
【京都】歴史が香る京都のお香の世界。
【高知】森林の恵みをうけた高知の木工。
【高岡】鋳物の街、高岡の新たな挑戦。
【能美】能美・九谷焼の伝統と未来。
【燕三条】金属加工の聖地、新潟・燕三条。
【豊岡】国内唯一のかばんの産地、豊岡。
【有松】中川政七商店と訪れた絞りの街、有松。

私などは名前すら知らなかったような土地で、伝統的な工芸品が今なお作り続けられていることに感動しますね。その土地でのお勧めの立ち寄りスポットなども(ガイドブック的にではなく)上品に紹介されていますので、工芸を巡る旅に役立つでしょう。

その他にも、クリエイターさんたちが「マイベスト工芸」を語るコーナーや、中川政七商店さんのセレクトしたアイテムの紹介ページなどもあります。とても充実した素敵な内容でした!



【Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。】の関連記事

  • 『ブラタモリ 3 函館 川越 奈良 仙台』~人気番組を書籍化。ファンなら楽しめる裏話も多く盛りだくさん!~
  • 『桜奉行 幕末奈良を再生した男 川路聖謨』~出久根達郎さんが奈良の名奉行の日常生活を日記をもとに小説化。面白い!~
  • 『古都・奈良の守り神を訪ねて 歩いてめぐる春日大社』~春日大社を知る・楽しむために最適。バランスの良い内容で読み応えあり!~
  • 『香薬師像の右手 失われたみほとけの行方』~所在不明の新薬師寺像の行方を追ったドキュメント。読み応えあり!~
  • 『d design travel NARA』~独自視点の奈良ガイド。見逃しがちな「奈良らしさ」が再発見できます~
  • 『鷗外「奈良五十首」を読む (中公文庫)』~正倉院の開封に立ち会っていた森鴎外が詠んだ奈良の歌。丁寧に解説した良書~
  • 『奈良の朝歩き、宵遊び (奈良を愉しむ)』~奈良の美しい朝、しっとりした夜。古都の新たな魅力に気づく一冊~
  • 『正倉院文書の世界―よみがえる天平の時代 (中公新書)』~行政から写経所の衣食住まで。正倉院文書をわかりやすく解説した良書~
  • 『仏師たちの南都復興: 鎌倉時代彫刻史を見なおす』~「南都復興は慶派中心だった」の歴史感を見直す、丹念で読み応えのある一冊~
  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『おとなの奈良 絶景を旅する (奈良を愉しむ)』~奈良の絶景を美麗な写真とテキストで。ただ「美しい」以上の価値があります!~
  • 『意外な歴史の謎を発見!  奈良の「隠れ名所」 (じっぴコンパクト新書)』~ディープな奈良ネタが満載!付箋紙をいっぱい貼りたくなります~




" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ