2018-07-20

平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし

平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!

2015年の夏、平城宮跡資料館で開催された子ども向けの展示企画「平城京“ごみ”ずかん」の内容を、書籍として再編集した一冊。平城宮跡から発掘されるごみから何が分かるのか? 画像をたっぷりと使って、楽しく平易に解説されています。

出土する木簡などについて書かれた本は、どうしてもややこしくて読みづらくなりがちですが、この本は楽しく読み進められました。図書館で借りて読みましたが、手元に置いておきたいので買い直すと思います(笑)



1300年前の“ごみ”からここまで読み解ける!!大極殿周辺や西大寺食堂院跡、長屋王邸宅跡などより出土したごみから、奈良時代の暮らしに迫る!!平城宮跡資料館の大好評企画展、書籍化!!本で楽しむ博物館。

「内容紹介」より


本書の項目は以下のようになっています(項目の一部を抜粋)。

●第1章 奈良時代のごみと出会う
・ごみから生活がわかる
・発掘現場から出てくるもの など

●第2章 ごみ捨て場をのぞいてみよう
・あんなごみこんなごみ(落書きのあるものなど)
・ごみにも個性がある(役場・お寺・貴族の家)
・奈良時代のリサイクル術
・奈良時代のおまじない

●第3章 木簡は奈良時代からの手紙
・木簡大図鑑(意外・奇妙・美味しそうなど)
・平城京遷都のナゾを解く手がかりにも!?

●第4章 ウンチでわかる食生活
・奈良の都のトイレ事情
・ウンチが解き明かす食生活

●第5章 ごみは宝物
・ごみを科学する
・ごみを輝かせる仕事~奈良文化財研究所~


平城宮跡の発掘調査で見つかるものの多くは、奈良時代の人々がごみとして捨てたものばかりです。文章が書かれた木簡であったり、割れた食器であったり、捨てられた種であったり。「現代の科学を使えば、そこからこんなにたくさんの情報が読み取れるのか!」という驚きがありますね。

奈良時代の人々がどんな生活をしていたのか。恵まれた環境で生活する現代人にはなかなか想像ができないものです。彼らが何を食べ、何を不満に思い、どんな健康状態だったのか。千数百年前のごみから、奈良の都に暮らしていた人々のリアルな息遣いが感じられます。

また、フルカラーで画像もたっぷり掲載されていて、わかりやすいのがいいですね。この本を足がかりに、気になった点について深く調べていく、そんな使い方ができそうです。良書ですのでぜひ手にとってみてください!



【平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし】の関連記事

  • 『あをによし、それもよし 1 (ヤングジャンプコミックス)』~奈良時代へタイムスリップした山上(憶良)主役のコメディ。面白い!古代好きはぜひ!~
  • 『平城京のごみ図鑑 最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし』~平城京の“ごみ”から見えるリアルな奈良時代。分かりやすくて面白い良書です!~
  • 『古墳空中探訪 奈良編』~奈良の古墳の空撮写真集。時代ごとの環境の変化も見られ、空中散歩の妄想が広がります~
  • 『DEER LAND -誰も知らない鹿の国-』~鹿たちの姿を印象的に切り取った素晴らしい写真集。奈良好きな方は必見です!~
  • 『沈黙する伝承―川上村における南朝皇胤追慕 (あをによし文庫)』~資料を読み解き「後南朝」の人々がよりリアルに。読み応えのある良書です!~
  • 『神饌 供えるこころ』~神さまにお供えする「神饌」を通じて、カラフルで清浄な奈良の表情が見られます~
  • 『消しゴムはんこの仏さま』~愛らしい消しゴムはんこの仏さまを多数収録。親しみやすく味がある文章も◎!~
  • 『写真集 美しい刑務所 明治の名煉瓦建築 奈良少年刑務所』~美しい近代建築の姿を収めた写真集。関係者さんの温かいコメントも必見!~
  • 『世界一やせる走り方』~「痩せるためにどうやって走ればいいか」を真っ向から考察した良書~
  • 『住み継ぐ―藤岡建築研究室の改修・再生と新築―』~町家の改修・再生の10軒の実例。古材を活かした「住み継ぐ」価値のある家の美しさは感動的です~
  • 『旅人と地元人の洞川の本』~旅人と地元民。それぞれの視点から語る洞川。行者さんへのインタビューも掲載!~
  • 『ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)』~奈良の舞台にした短編小説集。青春あり、SFあり。奈良好きは必読の面白さ!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ