2015-03-03

富本憲吉の陶磁器模様

陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます

奈良県の安堵町出身で、人間国宝にも認定された陶芸家・富本憲吉さんの作品の「模様」にスポットをあてて紹介した一冊。1999年の出版で、閉館となってしまった「富本憲吉記念館」が協力して作成した豪華本です。生涯、器に描く模様にこだわった富本さんだけに、素朴だったり、艶やかだったり、連続する様が美しかったり。本当にきれいです。


説明文:「近代日本の創作陶芸の先駆者・富本憲吉。風景・花・草木・人物・動物・幾何・文字などの模様を描いた陶磁器作品と、そのもとになったスケッチ・ドローイング・絵画作品を収録し、富本自身の解説を付す。」


偉大な陶芸家の作品集となると、当然ながら陶器の写真が多くなるものです。しかし、本書ではラフに描いたスケッチや、故郷・安堵町の風景を描いた作品など、絵画作品も多めに収められているのが特徴です。

また、花や草木などが美しく絵付けされたやきもの、さらにはそれを絵に描いたものなど、様々なタイプの作品が掲載されています。さまざまなパターンがあるので、見ていてまったく飽きません。

富本さんの作品に触れるのであれば『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』(紹介記事)という本がお勧めですが、より文様をじっくりと見たい方は本書が最適です。

もう書店などでは見かけないと思いますが、充実した大型本とは思えないような価格で中古本が手に入るようですので、興味のある方はぜひ!



【富本憲吉の陶磁器模様】の関連記事

  • 『Casa BRUTUS特別編集 長く使いたい暮らしの道具。』~中川政七商店さんと「100年続く日本のものづくり」を考える。充実のムック本~
  • 『はじめましての郷土玩具』~全国の郷土玩具を約320点紹介。画像も美しく愛らしい!物欲が刺激されます~
  • 『「和もの」のいろは』~暮らしの中に「和もの」を取り入れるヒントたち。気楽にぱらぱらとページをめくれます~
  • 『日本民藝館手帖』~東京・駒場「日本民藝館」の所蔵品を紹介していく一冊。その理念と美しさを知る入門書に~
  • 『理想の暮らしを求めて 濱田庄司スタイル』~民藝運動の中心となった偉大な陶芸家。その作品と生活に迫った企画展の図録。憧れます!~
  • 『富本憲吉の陶磁器模様』~陶芸家・富本憲吉さんの「模様」にスポットをあてた一冊。巨匠のこだわりが感じられます~
  • 『あらもの図鑑 (とんぼの本)』~箒、ちりとり、おろし金など。日本橋の荒物問屋「松野屋」さんが選んだ150点がずらり!~
  • 『供養をかたちに―歴史的石造物を訪ねて (「月刊石材」別冊シリーズ)』~層塔・五輪塔・宝篋印塔・石仏など、全国30の石造物たちを紹介。渋くて興味深い世界です~
  • 『世界のかわいい民族衣装―織り、染め、刺繍、レースなど手仕事が生みだす世界の色と形』~世界の約65種類の可愛い民族衣装を収録。丁寧な手仕事、不思議な文様。確かに可愛いです!~
  • 『明治の細密工芸: 驚異の超絶技巧! (別冊太陽 日本のこころ 217)』~陶器や漆など、明治期の素晴らしい細密工芸品たち。写真大きめでじっくり観察できます!~
  • 『大和し美し―川端康成と安田靫彦』~著名な文学者と日本画家が日本の美を通じて交流した記録。まさに「文化人」という世界です~
  • 『色とかたちが奏でる美 富本憲吉のやきもの (小学館アート・セレクション)』~安堵町生まれの偉大な陶芸家の代表作130点を紹介。華やかな更紗文様は見事!見惚れます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ