2012-09-26

禅―心と体が綺麗になる坐り方

女性を意識した座禅入門書。ビジュアル多めで、読み物も充実しています

図書館で見つけた「座禅」関連本。最初に小池龍之介さんの特殊なのものを読んだため(『「自分」を浄化する坐禅入門』)、ベーシックな座禅本とはどんなものかを知るために手にとってみました。2004年のやや古い本ですが、内容が古びることはありませんので、全く問題ないと思われます。

本書は、●ひとり坐禅~おうちで坐禅三昧 ●いざ、参禅~禅寺でプチ修行 ●ZEN知識あれこれ~知ればもっと身近になる禅の心 ●付録データ 全国・坐禅ができるお寺ガイド このような章立てになっていて、座禅の所作から考え方のさわり部分まで、トータル的に紹介しています。

「ただひたすらに坐るのが坐禅の基本。解脱なんてしなくても、「なんか、癒されそう」そんな軽い気持ちでいいのです。続けることで、心はもちろん、姿形も美しくととのって、美人体質になるはず。だから、おうちで続けられる「ひとり坐禅」の方法もご紹介しています。さっそく、今日から始めてみませんか?」

内容紹介にこのようにあるくらいですから、誰にでも分かりやすく書かれていて、特に女性を意識した作りになっています。ビジュアルもきれいですし、英文解説もついています。また、修行僧についてのインタビューがあったり、禅語の解説があったり、座禅で脳が活性化する理由が説明されていたりするので、ページ数はそれほど多くありませんが、読み物としても楽しめます。

すでに本屋さんではなかなか見つからないと思いますが、本屋さんや図書館には座禅の入門書が多数並んでいると思いますので、出来るだけ分かりやすいものから手にとってみるといいですね。

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【禅―心と体が綺麗になる坐り方】の関連記事

  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~
  • 『蔵王さまと行者さま』~吉野・金峯山寺さんの絵本シリーズ第1弾。続編「蛙飛び」ともに大人が読んでも楽しめます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ