2015-04-09

身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅

初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です

日常生活に「禅」の教えを取り入れて心も体もすっきりとさせましょう、という、初心者向きの禅のススメ本。女優・栗山千明さんが、冒頭のグラビア部分で参禅しているシーンが登場したり、著者である禅僧・星覚さんと対談したり、女性向けらしい柔らかい作りになっています。

初心者女性向けですから、基本的にどの解説も分かりやすくなっていて、私のような初心者の男にもとても読みやすいですね。「身体と心が美しく」なんてタイトルなので、こそばゆい感じもしますが、特に違和感なく読めました。


説明文:「ただひたすら美しい作法を日常に取り入れるだけで、不安や悩みはスッキリ消えて、ストレスがストレスにならなくなります。禅で身心ともに健やかで、輝く、幸せな人生を手に入れましょう。」


本書は4章で構成されています。

●誰でもできる禅の基本所作 ~シンプルな美しさの秘密~
●毎日が輝きだす!雲水生活術 ~禅の智慧を楽しいモダンライフへ~
●本格的に坐ってみよう ~不思議な力とつながる作法~
●上手な禅生活のための問答集 ~雲水さんに聞く素朴なQ&A~

タイトルだけ見るとやわらかすぎるように思いますが、ちゃんと分かりやすく作法が紹介されていますし、難解に見える禅の所作などが簡潔に説明されています。

(私も含めた)「自宅で座禅を組んでみて、精神統一したい」というような方には最適でしょう。禅に関する本はたくさんありますので、これからもあれこれ読んでみたいと思います。



【身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅】の関連記事

  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~
  • 『蔵王さまと行者さま』~吉野・金峯山寺さんの絵本シリーズ第1弾。続編「蛙飛び」ともに大人が読んでも楽しめます~




" width="480" numposts="5" colorscheme="light">


  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ