2015-11-03

世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書

メールの末尾に「iPhoneから送信」をつけるなど微妙に役立つメソッド満載の一冊

個人的にも大好きな超人気サイト『デイリーポータル Z:@nifty』の編集長であり、『死ぬかと思った』シリーズの著者でもある、林雄司さんによる“ゆるビジネス書"。

タイトルこそ、緩いながらもそこそこ使えるビジネス書風で、その真逆なのかと思わせておいて、実際にそれなりに役に立ちそうな内容です。とはいえ、デイリーポータルZのファンの方でなければ、この一生懸命ふざけたニュアンスが伝わらないかも。ファンの方は裏話も豊富で読む価値ありますよ!


説明文:「なるべくラクして仕事したいすべての社会人におくる、最小限の努力で仕事ができる(ように見える)、77の裏技メソッド!「ペリーの開国提案書」ほか、ウェブの人気記事も多数掲載! 」


●第一章 重要なプレゼンを乗り切る
●第二章 最低限の努力で人を動かす
●第三章 アイデア・企画をひねり出す

章立てを見るとかなりお硬いですが、「なるべくラクして仕事したい」という脱力系メソッドが77も掲載されています。

例えば、お詫びメールを送信する際のメソッドとして挙げられているのが、「末尾に「iPhoneから送信」をつける」「慌てる(例:すいませn急いでお見積り書をお送りいたします)」など、実用的といえば実用的なものもあります。

とはいえ、やはり見どころはデイリーポータルZの運営に関する内容でしょう。「生命保険をハトが選ぶ」「知らない人の結婚式の二次会に混ざる」「納豆を一万回まぜる」など、突飛な企画はどのように生まれるのか、そんな部署がどのように社内で生き残ったのかなど、ファンにはたまらない内容です。

「記事には情報か共感があればいい」など、ウェブコンテンツの本質をついた言葉が出てきたりしますので、なかなか侮れません。誰にでも勧められる内容ではありませんので、興味のある方だけどうぞ。

余談ですが、この本、発売から1年半も経って地元の図書館へ新着本コーナーへ並べられました。ツタヤ図書館の選書がひどいなどと言われていますが、公共の図書館もこんなものです。この本を選んでくれた司書さん(またはリクエストしてくれた誰か)の勇気にお礼を述べたいと思います(笑)



【世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書】の関連記事

  • 『職業としての小説家 (Switch library)』~村上春樹さんの小説家論。ファンとして、同じ自営業者として参考になります!~
  • 『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』~人気ブロガーさんが語る「生産性を高める」考え方。概ね賛同!~
  • 『ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)』~地方で居場所を見つけようとする若者たちの姿。いろんな気付きがある一冊でした~
  • 『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』~情報をまとめる・発想を引き出す・人に伝える。役立つメモ術いろいろ~
  • 『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』~メモによって思考と感情の言語化トレーニング。発想法として優れてます~
  • 『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』~くじけがちな「早起き」を習慣化するための具体的なノウハウがいっぱい!~
  • 『「ない仕事」の作り方』~マイブームの名付け親・みうらじゅんさんの仕事術「一人電通」の手法とは!?~
  • 『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』~メールの末尾に「iPhoneから送信」をつけるなど微妙に役立つメソッド満載の一冊~
  • 『0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる』~バイアスをゼロにして合理的な答えを見つける思考法。個人的にはイマイチ。~
  • 『習慣の力 The Power of Habit』~日常行動の4割以上は「習慣」。膨大な研究結果から改善方法を語った良書です~
  • 『ふるさとをつくる:アマチュア文化最前線』~祭りや劇など、アマチュアの活動で地域を変えた事例を多数紹介。まさに継続は力なり!~
  • 『小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本』~開いた時間で小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。いろんな生き方がありますね~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ