2015-07-18

小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本

開いた時間で小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。いろんな生き方がありますね

会社員が週末に小さなビシネス「小商い」を初めてみる。
「小商い」をいくつかやって生活と収入のバランスをとる。
フリーランスが自前のサービスを小さく作ってみる。

などなど、肩に力を入れて「起業」するのではなく、開いた時間を利用してゆっくりと小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。私もフリーランスのひとりとして、こうした活動の重要性は常々感じていますので、興味深く拝読しました。


説明文:「初期投資やリスクの少ない形での、シンプルで身の丈にあった「小」さな「商い」=「小商い」を、今までモノやサービスを自分で売ったりした経験をあまり持たないであろう、ふつうの個々人がはじめるための、考え方の勘所とケーススタディ。」


この本の監修をつとめ、各章の冒頭文も書いている伊藤洋志さんは『ナリワイをつくる:人生を盗まれない働き方』という著作があり、本書はその実例を取材して紹介するような内容になっているとか。

本書の冒頭から、「多肉植物が好きで育てていて、たくさん増えたから売り始めた」という方が登場したり、全国を旅しながら本を売る移動本屋さん、音楽と料理を融合したコンテンツを販売する方、田舎で地域コミュニティに入って生き方を見つけた方など、いろんなタイプの「小商い」が紹介されています。

どれもはたから見ていると楽しそうであり、大変そうであり。単純に羨むようなものではありませんが、「こんな生き方もあるんだ」という実例を見られることがちょっとした励みになりますね。

先が読めない不安定な時代ですから、さっと始められて、さっと撤退できる、小さな小さなビジネスを常に用意しておくと、精神的にも安定するかもしれませんね。



【小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本】の関連記事

  • 『職業としての小説家 (Switch library)』~村上春樹さんの小説家論。ファンとして、同じ自営業者として参考になります!~
  • 『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』~人気ブロガーさんが語る「生産性を高める」考え方。概ね賛同!~
  • 『ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)』~地方で居場所を見つけようとする若者たちの姿。いろんな気付きがある一冊でした~
  • 『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』~情報をまとめる・発想を引き出す・人に伝える。役立つメモ術いろいろ~
  • 『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』~メモによって思考と感情の言語化トレーニング。発想法として優れてます~
  • 『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』~くじけがちな「早起き」を習慣化するための具体的なノウハウがいっぱい!~
  • 『「ない仕事」の作り方』~マイブームの名付け親・みうらじゅんさんの仕事術「一人電通」の手法とは!?~
  • 『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』~メールの末尾に「iPhoneから送信」をつけるなど微妙に役立つメソッド満載の一冊~
  • 『0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる』~バイアスをゼロにして合理的な答えを見つける思考法。個人的にはイマイチ。~
  • 『習慣の力 The Power of Habit』~日常行動の4割以上は「習慣」。膨大な研究結果から改善方法を語った良書です~
  • 『ふるさとをつくる:アマチュア文化最前線』~祭りや劇など、アマチュアの活動で地域を変えた事例を多数紹介。まさに継続は力なり!~
  • 『小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本』~開いた時間で小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。いろんな生き方がありますね~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ