2015-04-30

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている

男性ライターがチェーン店について思うままに。時間の経過が感じられて妙な味わい深さに

男性ライターが身近なチェーン店について思うままに書き連ねたエッセイ。『月刊散歩の達人』誌に連載していた「絶頂チェーン店」シリーズを一冊にまとめたもの。

決して真剣に食べ歩いたり、強みや弱みを考察したりするわけではなく、筆者の記憶だったり、好きなメニューだったり、思いつくまま書き連ねています。それがとても軽快で、楽しい雑文になっていますね。


説明文:「ウマいか?→まあ、フツー。安い?→まあ、そこそこ。早い?→まあ、確かに。吉野家、ココイチから野郎ラーメン、カラオケパセラまで35軒のチェーン店が俺を魅了して止まない理由。」


本書では、計36のチェーン店が取り上げられています。

吉野家・山田うどん・CoCo壱番屋・びっくりドンキー・餃子の王将・サイゼリヤ・かっぱ寿司・マクドナルド・やよい軒・牛角・くるまやラーメン・ビッグボーイ・日高屋・築地銀だこ・バーミヤン・てんや・どん亭・リンガーハット・東京チカラめし、などなど。

関東のみで展開しているお店もありますが、どれも名前を知っているような有名店ばかりです。私も若い頃にはお世話になりましたし、意外と嫌いではありませんでしたので、どれも楽しく読めました。

2007年、筆者が32歳のときにこの連載が始まり、中断をはさみながらも足掛け8年続いたとか。若い頃は、好きでも嫌いでもなく、普通に通っていたチェーン店も、結婚や子供が誕生したりすると足が遠のいたりするものです。また、体が老化していくにしたがって、独身男性が好むガッツリ系が食べられなくなったり、さまざまな変化が押し寄せてきます。

このエッセイ集の中に、そんな一人の男性の年輪が垣間見えて、同じ中年男性として共感できました(笑)

また、筆者さんの文章が、荒削りながら勢いがあって、とっても楽しいんですよね。私も文章を書く機会が多いのですが、こういうタッチで書いたことがないので、思わず感心してしまいました。

……などなど、いろんなことを考えながら読みましたが、面白いですよ!気軽に手に取れて、楽しめる一冊です。



【気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている】の関連記事

  • 『地元パン手帖』~日本全国のレトロな「地元パン」がずらり!見ていて楽しい一冊です~
  • 『うまい日本酒の選び方 (日本酒テイスティングBOOK)』~日本酒の基礎知識と全国の美味い200銘柄を紹介。解説も丁寧で初心者にも分かりやすい内容です~
  • 『ゼロから始める日本酒入門』~日本酒の用語などを丁寧に解説。個人的に他のどの本よりも圧倒的に分かりやすかったです~
  • 『散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)』~池波正太郎さんの食エッセイ。ふらっと蕎麦屋へ入ってお蕎麦で一杯。憧れます!~
  • 『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』~男性ライターがチェーン店について思うままに。時間の経過が感じられて妙な味わい深さに~
  • 『英国一家、日本を食べる (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)』~イギリス人ライター一家が日本の食を味わい尽くした100日間。話題の書だけに面白い!~
  • 『日本酒ガールの関西ほろ酔い蔵さんぽ』~関西の33の酒蔵を丁寧に取材し、やわらかいイラストと文章で紹介。読みやすくて実用的!~
  • 『四時から飲み: ぶらり隠れ酒散歩 (とんぼの本)』~林家正蔵さんが夕方4時から飲める店を教える一冊。魅惑的!日本酒が飲みたくなります!~
  • 『簡単、なのに美味い! 家めしこそ、最高のごちそうである。』~ジャーナリスト・佐々木俊尚さんが「食」を語る一冊。やや読みづらいですが共感できます~
  • 『全国飲食チェーン本店巡礼 ~ルーツをめぐる旅~』~飲食チェーンの本店・1号店を巡る旅。「和食さと」1号店は橿原北店だとか!意外!~
  • 『にっぽん全国 百年食堂』~椎名誠さんが全国の百年近く続く大衆食堂をめぐった一冊。肩の力を抜いて気軽に読めます~
  • 『山小屋ごはん』~山小屋でいただける美味しいご飯を紹介。男くさくて素っ気ない山のお料理はそそられます!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ