2015-03-09

レバレッジ・リーディング

ビジネス書の多読のススメ。10年前の本ですが「読書は投資活動だ」という主張は今も新鮮!

今から10年近く前に出版された、「ビジネス書の多読のススメ」というような一冊。この本が発売された当時のことは分かりませんが、よくほかのビジネス書や、書評サイトなどでも取り上げられていることから手にとってみました。

その骨子は、「読書を投資活動としてとらえ、多読する」というもの。筆者さんは年間400冊のビジネス書を読みこなしているとか。この本から学んだことをビジネスに活かせば、1冊1500円だとしても、すぐにその100倍もの利益を生み出せると説いています。


説明文:「なぜ「速読」より「多読」なのか?訓練不要であなたの思考が劇的に変わる。1日1冊のビジネス書を効率的・戦略的に読みこなす投資としての読書法。」


「そうは言っても本を読む時間がない」という方も多いと思いますが、役に立たないと思ったらすぐに投げる、朝風呂に入りながら読書するなど、全部を読もうとしないなど、その具体的な手法が解説されています。

さらに、本の選び方も丁寧に語られていて、著者の経験が自分に役に立ちそうな読みやすい本を選ぶ、目的をもって本を選ぶなど、納得のできる内容ですね。とても合理的です。

また、もっとも参考になるのが、本で得た情報の活用法です。

本を読みながら、アンダーラインを引いたり、必要なページに折り目をつけたり、余白にメモをしたり、どんどん本を汚していきます。そして、読んだままで終わらせるのではなく、「レバレッジメモ」としてまとめ、持ち運びやすく印刷して、ちょっとした待ち時間などに取り出しては何度も何度も読み返すのだとか。

人間、一度本を読んだくらいではなかなか記憶に残りません。どんな名言であっても、それが見について血肉となるまでには、絶え間ない復習が必要です。ノート化する手間はかかりますが、それをやるだけの価値はあるでしょう。

ただの本好きな私としては、こういった手法を取り入れたいとはまったく思いませんが、とても腑に落ちる手法も多く見つかりました。腹をくくってビジネス書を読みこなしていきたいと思う方であれば、最初に手に取る一冊にしてもいいでしょう。


【レバレッジ・リーディング】の関連記事

  • 『職業としての小説家 (Switch library)』~村上春樹さんの小説家論。ファンとして、同じ自営業者として参考になります!~
  • 『自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方』~人気ブロガーさんが語る「生産性を高める」考え方。概ね賛同!~
  • 『ぼくらは地方で幸せを見つける (ソトコト流ローカル再生論)』~地方で居場所を見つけようとする若者たちの姿。いろんな気付きがある一冊でした~
  • 『仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。』~情報をまとめる・発想を引き出す・人に伝える。役立つメモ術いろいろ~
  • 『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』~メモによって思考と感情の言語化トレーニング。発想法として優れてます~
  • 『人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術』~くじけがちな「早起き」を習慣化するための具体的なノウハウがいっぱい!~
  • 『「ない仕事」の作り方』~マイブームの名付け親・みうらじゅんさんの仕事術「一人電通」の手法とは!?~
  • 『世界のエリートは大事にしないが、普通の人にはそこそこ役立つビジネス書』~メールの末尾に「iPhoneから送信」をつけるなど微妙に役立つメソッド満載の一冊~
  • 『0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる』~バイアスをゼロにして合理的な答えを見つける思考法。個人的にはイマイチ。~
  • 『習慣の力 The Power of Habit』~日常行動の4割以上は「習慣」。膨大な研究結果から改善方法を語った良書です~
  • 『ふるさとをつくる:アマチュア文化最前線』~祭りや劇など、アマチュアの活動で地域を変えた事例を多数紹介。まさに継続は力なり!~
  • 『小商いのはじめかた 身の丈にあった小さな商いを自分ではじめるための本』~開いた時間で小さな商売を始めた方たち15組を紹介した一冊。いろんな生き方がありますね~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ