2015-01-12

義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))

吉野が舞台の有名な演目を、美しいイラスト入りで。源平入り乱れてファンタジックで悲劇的!

作家・橋本治さん、画家・岡田嘉夫さんによる「歌舞伎絵巻」シリーズ第2巻。桜が満開の吉野を舞台に、美しい絵と切ない人間模様が展開されます。


説明文:「源義経と静御前、そして武蔵坊弁慶と戦いで死んだはずの平家の貴公子たち。彼らが登場する『義経千本桜』は、『仮名手本忠臣蔵』とならぶ、とても有名な歌舞伎です。嵐の大物の浦で、桜が満開の吉野山で、兄の頼朝と仲が悪くなった義経は、どんな事件とであうのでしょう。」


「義経千本桜」は、1747年が初演の、人形浄瑠璃や歌舞伎の演目のひとつ。歌舞伎の演目としてはもっとも有名なものでしょう。

ストーリーは、源平の合戦後、源義経の都落ちの悲劇とともに、死んだと思われていた平家の武将たちが生き延びていたというもの。静御前や弁慶、安徳天皇なども登場し、史実を超越したファンタジックな世界が演じられます。

こういう物語があることはもちろん知っていましたが、史実とは別にこうした物語が江戸時代の方々に愛されてきたということを理解するのも面白いですね。名場面は浮世絵の画題にもなったりしていますので、それと照らし合わしながら読みなおしてみたいです。

この「歌舞伎絵巻」シリーズはよく出来てますね。全巻読んでみたいです!

なお、ストーリーだけ把握したい方は、文化デジタルライブラリー「義経千本桜」が分かりやすいです。



【義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))】の関連記事

  • 『ドラマティック百人一首 (だいわ文庫)』~気軽に読める百人一首の解説本。歌の意味や背景など艶っぽい話も交えながら分かりやすく~
  • 『義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))』~吉野が舞台の有名な演目を、美しいイラスト入りで。源平入り乱れてファンタジックで悲劇的!~
  • 『妹背山婦女庭訓 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5)』~天智天皇の御代を描いたファンタジックな歌舞伎作品。艶やかな絵入りで楽しく読みやすい!~
  • 『會津八一のいしぶみ』~会津八一さんの歌碑50基を紹介。学術目的ではなく、偉大な先生のファンブックのよう!~
  • 『竹取物語: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~池田理代子さんが古典『竹取物語』を漫画化。手堅くまとまって読みやすいです~
  • 『西行を歩く―さすらいの歌僧を追う旅』~吉野山の桜を愛した平安時代の歌僧・西行。その足跡を丹念にたどった読み応えのあるルポ~
  • 『平家語物 (上)―マンガ日本の古典 (10) 中公文庫』~横山光輝さんの作!古典を漫画で分かりやすくするシリーズですが、やや詰め込み過ぎかも?~
  • 『今昔物語(上)―マンガ日本の古典 (8) 中公文庫』~「今ハ昔」から始まるエログロ説話集を、水木しげる先生が漫画化。大人の読み物です!~
  • 『別冊太陽 西行 捨てて生きる (別冊太陽 日本のこころ 168) 』~花を愛でた歌人・西行の事績をまとめた一冊。奈良とも特に縁の深い方です~
  • 『古地図で歩く大江戸捕物帳―半七、鬼平の舞台を訪ねる (別冊太陽 太陽の地図帖 12)』~半七捕物帳・鬼平犯科帳・警視庁草紙の舞台を巡ります~
  • 『お能の見方 (とんぼの本)』~白洲正子さんがお能の見方を解説。省略と移植。幽玄の極みです~
  • 『日本ノ霊異ナ話』~「日本霊異記」のエピソードを小説に。不思議テイストです~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ