2015-01-11

妹背山婦女庭訓 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5)

天智天皇の御代を描いたファンタジックな歌舞伎作品。艶やかな絵入りで楽しく読みやすい!

歌舞伎通の作家・橋本治さん、画家・岡田嘉夫さんによる「歌舞伎絵巻」シリーズ第5巻にして完結巻。歌舞伎の世界にはあまり詳しくありませんが、天智天皇の御代を描いた作品だということは知っていたため、何気なく手にとってみたところ、これがめっぽう面白い!ストーリーもファンタジーですし、艶やかな絵も素晴らしいですね。


説明文:「大化の改新をヒントにして作られたファンタジー物語。魔王のようになった蘇我入鹿を、みんなが力をあわせて倒します。悲しい恋物語もあります。絵本で読む古代の歴史ファンタジー歌舞伎シリーズ第5弾。」


「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」(Wikipedia)は、1771年が初演の、人形浄瑠璃や歌舞伎の演目のひとつ。


645年の「大化の改新」前後を舞台としていますが、風俗は江戸時代のもの、史実に大きく脚色を加え、色恋沙汰から人情話まで何でもあり。蘇我入鹿が悪の親玉の怪物として描かれ、それを倒すために善玉が策を弄するあたり、ヒロイックファンタジーのような展開ですね。

天智天皇、蘇我蝦夷、中臣鎌足、藤原不比等ら、歴史上の人物が登場し、猿沢池に身を投げた采女、神鹿を射殺して石子詰の刑を受けそうになる話、三輪山で恋人に赤い糸・白い糸を結んで跡を追う話など、奈良っぽさにあふれています。

なお、タイトルにもなっている妹山・背山は、吉野川を挟んだ山の名前。本作では、実らぬ恋をした男女が、それぞれの山にある別荘からお互いを見つけながら、ちょっとした誤解も自害して果てるエピソードなどもあります。

絵本というにはテキスト量も多めで、読み応えもありますし、お話としても十分面白いですね。美しい絵と合わせて、夢中になって読み進められました。奈良好きな方はぜひ!

なお、ストーリーについては、文化デジタルライブラリー「妹背山婦女庭訓」のページがわかりやすいです。あらすじを知りたい方はこちらをどうぞ!



【妹背山婦女庭訓 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5)】の関連記事

  • 『ドラマティック百人一首 (だいわ文庫)』~気軽に読める百人一首の解説本。歌の意味や背景など艶っぽい話も交えながら分かりやすく~
  • 『義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))』~吉野が舞台の有名な演目を、美しいイラスト入りで。源平入り乱れてファンタジックで悲劇的!~
  • 『妹背山婦女庭訓 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻 5)』~天智天皇の御代を描いたファンタジックな歌舞伎作品。艶やかな絵入りで楽しく読みやすい!~
  • 『會津八一のいしぶみ』~会津八一さんの歌碑50基を紹介。学術目的ではなく、偉大な先生のファンブックのよう!~
  • 『竹取物語: 創業90周年企画 (マンガ古典文学シリーズ)』~池田理代子さんが古典『竹取物語』を漫画化。手堅くまとまって読みやすいです~
  • 『西行を歩く―さすらいの歌僧を追う旅』~吉野山の桜を愛した平安時代の歌僧・西行。その足跡を丹念にたどった読み応えのあるルポ~
  • 『平家語物 (上)―マンガ日本の古典 (10) 中公文庫』~横山光輝さんの作!古典を漫画で分かりやすくするシリーズですが、やや詰め込み過ぎかも?~
  • 『今昔物語(上)―マンガ日本の古典 (8) 中公文庫』~「今ハ昔」から始まるエログロ説話集を、水木しげる先生が漫画化。大人の読み物です!~
  • 『別冊太陽 西行 捨てて生きる (別冊太陽 日本のこころ 168) 』~花を愛でた歌人・西行の事績をまとめた一冊。奈良とも特に縁の深い方です~
  • 『古地図で歩く大江戸捕物帳―半七、鬼平の舞台を訪ねる (別冊太陽 太陽の地図帖 12)』~半七捕物帳・鬼平犯科帳・警視庁草紙の舞台を巡ります~
  • 『お能の見方 (とんぼの本)』~白洲正子さんがお能の見方を解説。省略と移植。幽玄の極みです~
  • 『日本ノ霊異ナ話』~「日本霊異記」のエピソードを小説に。不思議テイストです~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ