2014-11-17

井浦新の日曜美術館

「日曜美術館」司会者・井浦新さんが番組について語るエッセイ。番組ファンは楽しめます!

NHK「日曜美術館」の司会を務める、若手俳優・井浦新さんが、番組で取り上げた作品や撮影の裏側について語ったエッセイです。毎週楽しみに拝見している番組で、2013年に井浦さんが司会に抜擢された際には驚いたものですが、画面の中からもアート好きなことがひしひしと伝わってきて、とても好感が持てました。

本書では、好きな作品について、番組について、撮影について、飾らない言葉で語っている、とても楽しい読み物になっています。番組を観ていない方には伝わりづらいところも多いと思いますが、視聴者であれば楽しく追体験できますね。


説明文:「人気実力派俳優"井浦新"待望の初エッセイ!歴史や美術、日本の手仕事を心から愛する井浦新が、「日曜美術館」の司会体験、アートへの熱い思いや人生観を語ります。番組内では語り切れなかった思い、美術に親しむ喜びなど、 井浦氏の素顔が見える、新鮮なアートエッセイ。」


本書で取り上げられたのは、全18篇。河井寛次郎・ムンク・川合玉堂・鈴木其一・岡倉天心・高村光太郎・本阿弥光悦・植田正治・川瀬巴水・河鍋暁斎・藤城清治といった巨匠たち。そして、撮影の時まで井浦さんもご存知なかったという神田日勝・萩原英雄・朝倉文夫といった作家たち、さらに大神社展・興福寺仏頭展・正倉院展などの企画物です。

いずれも本当に楽しい放送内容でしたし、それらの裏話のようなものが聞けて、番組ファンとしては嬉しい限りですね。

番組中では、井浦さんは決して出過ぎず、一人の美術ファンに近い立場で登場していますが、その感じ方など「さすが」と思わせる点も少なくありません。本書では美術好きになったきっかけなども語られていますし(「縄文がスタート」だとか)、個人的に美術展へ行った時の見方(三周するそうです)などについての記述も面白いですね。

ただ、エッセイで触れられた作品でも、写真が掲載していないものが少なくありませんので、やや消化不良な感もありますが、番組ファンの方であれば問題なく楽しめると思います。お好きな方はぜひ!



【井浦新の日曜美術館】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ