2014-06-11

み仏の絵に近づく (美術館へ行こう)

52点の「仏画」を時代ごとに分かりやすく解説。意味や手法の違いなど参考になりました!

日本に伝わったさまざまなタイプの仏画52点を収録し、時代ごとに、どんなタイプのものが描かれたのかを解説していく一冊。1998年に出版された「美術館へ行こう」シリーズのもので、以前にSNSで「この本はいいよ」と教えていただいてすぐ購入していたのですが、ようやく読了しました。

仏画は描かれている内容自体に深い意味がありますし、手法も時代によって変化しています。そういった流れを俯瞰できるので、とても参考になりました!


説明文:「篤き信仰心と絵画的想像力の交わるところに、み仏の画像は顕現する。日本の仏画52点を集め、細部を埋め尽くす緻密な装飾を味わい、宇宙を想起させる空間構成を読み取る。巻末に美術館ガイドを収録。」


本書では、8世紀という初期の頃の作品である、ボストン美術館「法華堂根本曼荼羅図」、正倉院「墨画仏像(麻布菩薩)」から、その後の曼荼羅図・絵巻物・涅槃図・来迎図・仏単体を描いたもの・地獄草紙・経文に描かれた仏たち・山越阿弥陀・神像図、さらには白隠や狩野芳崖の絵画まで紹介されています。

時代ごとにさまざまな描かれ方があり、仏画のバリエーションを見ていくのには最適ですね。基本的に、美術館に収蔵されているものばかりが紹介されているため、実際に拝見できるのも嬉しいです。

特に興味深かったのが、奈良博「辟邪絵」(国宝)。12世紀のもので、明王像と似た姿に描かれた「天刑星」と、虫型の奇っ怪なモンスターにしか見えない「神虫」が紹介されています。どちらも古代中国から伝来した道教的な思想によるものでしょう。とても貴重な作品ですね。

大きなサイズの本ではありませんので、細部までじっくりと観るには向いていませんが、仏画の流れを観るには最適の書ですね。何度も再読したいと思います!



【み仏の絵に近づく (美術館へ行こう)】の関連記事

  • 『鳥居大図鑑』~全国57の美しい鳥居、変わった鳥居を紹介。観察・分類することの楽しさよ!~
  • 『教えて、お坊さん! 「さとり」ってなんですか』~キーワードは「さとり」。仏教の教えの奥深さと包容力が感じられる良書~
  • 『源信さん 浄土教の祖』~当麻出身の源信の絵詞伝が絵本に。奈良博の特別展の予習用にいいかも~
  • 『天平期の僧侶と天皇―僧道鏡試論』~悪評が伝わる「道鏡」について、鑑真や良弁、行基ら奈良仏教史から考察した一冊~
  • 『百寺巡礼 第一巻 奈良 (講談社文庫)』~作家・五木寛之さんの名シリーズ。奈良の古刹で色んな思いを馳せられます~
  • 『ボクは坊さん。』~映画化された若いお坊さんのエッセイ本。初々しく新鮮。良書です!~
  • 『身体と心が美しくなる禅の作法―だれでもできる一日一禅』~初心者向けの座禅入門本。栗山千明さんが登場したり、わかりやすく柔らかい内容です~
  • 『アマテラス―最高神の知られざる秘史 (学研新書)』~古代から近代まで、最高神アマテラス祀られ方や性格の変貌ぶりを追った一冊。面白い!~
  • 『霊能動物館』~社寺に祀られる動物たちをオカルト的・民俗学的に考察。知らない歴史がいっぱいで面白い!~
  • 『京都・奈良ご朱印めぐり旅乙女の寺社案内』~御朱印の掲載点数は少なめですが、参拝ガイドとして便利。お寺巡り初心者さんに役立つ一冊~
  • 『体を使って心をおさめる 修験道入門 (集英社新書)』~金峯山寺・田中執行長が「修験道」を分かりやすく解説した一冊。一気に読了しました!~
  • 『山伏ノート ~自然と人をつなぐ知恵を武器に~ (生きる技術! 叢書)』~山伏になって聖なる山へ入ることで見つけたこと、感じたこと。色々と考えさせられます~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ