2014-05-16

もっと知りたい雪村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

奇想の画家たちの先達となった室町後期の画家の作品集。代表作は大和文華館にあります!

室町時代後期~戦国時代にかけて活躍した水墨画家「雪村(せっそん)」(Wikipedia)の作品と生涯を、初心者にも分かりやすく伝えた一冊。近年になって、伊藤若冲・曾我蕭白など、江戸時代の「奇想の画家」たちが注目を浴びていますが、それに先んじていた偉大な作家です。

15世紀末ごろに常陸で生まれた雪村の足跡には謎が多かったのだとか。常陸・小田原・鎌倉・奥州と居場所を変え、この時代の画家としては比較的たくさんの作品が残っています。また古くから「雪舟の弟子」と言われることもあったそうですが、時代も拠点もずれており、影響は受けていたにしろ面識はなかったのではないかと考えられているそうです。

飄々とした水墨画、きっちりとした南画など、作風は変幻自在。現代の人間が観ても十分に面白く、現代人が観ても新鮮に感じられますね。

雪村の代表作といえば、この本の表紙にもなっている「呂洞賓図」(重文)でしょう。中国の仙人を描いたもので、龍の頭に乗り、遠くのもう一匹の龍と対峙して上方を仰ぎ見る姿を描いています。アングルの妙で、緊迫した場面のはずがとてもユーモラスにも感じられますね。

この作品を含む「雪村自画像」などが、奈良市・大和文華館の所蔵品となっていて、私の地元ですぐ拝見できるのもとても嬉しいですね!近いうちに拝見してきたいと思います!



【もっと知りたい雪村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ