2014-05-06

川瀬巴水木版画集

大正~昭和の「新版画」第一人者の作品集。日本各地の美しい風景を切り取っています

「新版画」の第一人者である版画家・川瀬巴水(かわせはすい。Wikipedia)の作品集。大正から昭和にかけて、衰退していた版画界に新風を巻き起こした方だけに、どれも素晴らしいですね。江戸時代の作品とはまた違った繊細さがあります。

本書では、300枚にも及ぶ作品が、大きめの図像とともに掲載されていて、とても見応えがありました。


説明文:「大正・昭和期の「新版画」を代表する画家・川瀬巴水の、「旅みやげ」「日本風景撰集」などのシリーズ作を中心として約300点オールカラーで掲載した木版画集。「新版画」とは浮世絵方式の絵師・彫師・摺師による木版画。巴水は、日本全国を旅して歩いたスケッチを元に、情感あふれる風景木版画を描いた。本書には、巴水自身による随筆や、巴水「新版画」制作工程などの貴重な資料も添付。」


川瀬巴水の作品は、本人が大の旅好きだったということもあり、日本全国(朝鮮半島にも)を写生旅行に出かけ、大量のスケッチをもとに作品を仕上げていくスタイルだったようです。奈良の東大寺二月堂、春日大社の様子なども何度か描いています。

もっとも有名なのは、「芝 増上寺」の雪景色を描いたものでしょう。どれも古き良き時代の美しい日本の風景を切り取っていますが、風景の中に自動車が描かれたり、より現代に近い風景になっています。これがまた独特でいいんですよね。雪景色や富士山、社寺などを描いても、少しずつ先人のものとは違ったテイストです。

なお、川瀬巴水は、故スティーブ・ジョブズが惚れ込み、多数作品を所蔵していたことでも名前が知られるようになりました。ジョブスファンの方もぜひその作品に触れてみてください。



【川瀬巴水木版画集】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ