2014-04-22

浮世絵美人解体新書

浮世絵の美人画に絞り、ややこしい解説抜きでただただ美人たちを眺める楽しい一冊です

浮世絵の大きなジャンルである「美人画」に絞り、どんな美人が描かれてきたのかを気楽に眺められる一冊。ややこしい歴史的な背景や、技術的な解説などは抜きにして、どんな美人が描かれて来たのかを俯瞰できる、とても楽しい内容でした。


説明文:「浮世絵本は数あれど、美人画に特化した本はそうそうありません。世界的にも珍しい男だらけの大都市・江戸で誕生した浮世絵は「美人が見たい」という渇望からスタートし発展していきます。美人画を通して見えてくるもの、それは日本人の嗜好つまり好みです。そして、それは現代のアイドルブームにもつながる源流といっても過言ではありません。肩の力を抜いて「世界選抜」の名画を鑑賞し、絵に描かれた背景を知れば、浮世絵の新しい愉しみ方が見えてきます。」


本書では、「ブロマイド・ヌード・ファッション・ニューハーフ・手タレ」というテーマごとに、美人画のみを次々に紹介していきます。菱川師宣や鳥居清信、鈴木春信・喜多川歌麿・葛飾北斎・伊東深水・月岡芳年など、さまざまな時代の絵師の作品が並びますが、難しい解説は一切ありません。巻末にも作者の一覧などはありません。

もとの浮世絵の全体を写した図と、美人の顔をアップにした大きめの図、そして大きなフォントでキャッチーなコピーが添えられて、次から次へとテンポ良く作品が紹介されています。一から浮世絵を学ぶには完全に不向きですが、美人画を楽しむためには最適な構成ですね。

こういう古典作品を気軽に親しめる本は大好きです。ぜひ探してみてください!



【浮世絵美人解体新書】の関連記事

  • 『イラストレーター 安西水丸』~急逝した安西水丸さんの作品集。独特のタッチ、とても好きです!~
  • 『「失われた名画」の展覧会』~失われてしまった西洋の名画たちを集めたユニークな美術本~
  • 『浮世絵に見る 江戸の食卓』~浮世絵に描かれた「食」の場面から見る江戸の暮らし。江戸が身近に感じられます~
  • 『かわいい絵巻』~絵巻物の「かわいい」を集めた一冊。真剣なのにゆるいものなど、日本人の伝統ですね!~
  • 『北斎娘・応為栄女集』~映画『百日紅』でも描かれた葛飾北斎の娘・お栄の作品集。夜の闇の描き方が見事です!~
  • 『分解してみました』~分解した機械部品を並べて、または落として撮影した不思議な写真集。機械部品って美しい!~
  • 『田中一村作品集[増補改訂版]』~奄美大島の風景を描き「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の大判画集。迫力あります!~
  • 『もっと知りたい田中一村―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)』~奄美大島を愛し「南の琳派」「日本のゴーギャン」と呼ばれた画家の作品を分かりやすく解説~
  • 『小林清親 東京名所図 (謎解き浮世絵叢書)』~「最後の浮世絵師」と呼ばれた小林清親の作品集。この時代独特の美しい風景が見事です!~
  • 『かわいい仏像 たのしい地獄絵』~快著「日本の素朴絵」の続編。不思議な仏像と素朴な地獄絵。愛らしいヘタウマの宝庫!~
  • 『百日紅 (上) (ちくま文庫) 』~葛飾北斎の娘・お栄を主人公に描く江戸風情。傑作!間もなく公開されるアニメ映画も期待!~
  • 『幻獣標本採集誌』~存在しない「幻獣」の標本をモチーフにしたアート作品集。手元に置きたくなる存在感!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ