2014-03-28

世界でもっとも阿呆な旅

スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!

テレビなどでも何度も取り上げられている「珍地名探訪マニア」さんの活動の記録。すごいんですが、まったく真似してみようと思えないところもすごいですね!

きっかけは単に自分が運営していたホームページのネタに「スケベニンゲン」へ行ったことを書いたら評判が良かったというだけでしたが、それが楽しくなるんでしょうね。長期休みは海外へ、普通の休みは国内の珍地名を巡り、そんな生活を13年間も続けているというのですから、まともじゃありません(笑)


説明文:「前人未踏!!スケベニンゲン(オランダ)、エロマンガ(バヌアツ&オーストラリア)、アホ、オナラスカ(アメリカ合衆国)、マルデアホ(アルゼンチン)、シリフケ(トルコ)、向津具、土居中(日本)などの珍地名を13年間にわたって全制覇。」


世界にはたくさんの珍地名がありますが、やっぱりしもネタ的な地名は、いつになってもクスッと笑ってしまいますね。スケベニンゲン、エロマンガ、キンタマーニ、チンポー湖、ヤキマンコ、オナラスカ(3ヶ所)、シリフケ、マルデアホ、クサイ島など、中学生が暇つぶしに地図帖を観る感覚ですね。

ちなみに、日本国内では、ワルイ川、ヤリキレナイ川、鼻毛、のぞき、南蛇井(なんじゃい)、尻手、星の糞、女体入口、万古川、ボケ谷、放出、巨根橋、土居中(どいなか)、女の都など、色んなパターンがあります。

個人的には、私が以前に何も知らずにそこへ行って、地名を知って大笑いした「尻毛」(しっけ。岐阜県にあります)が掲載されていたのが懐かしいです。

本書には、海外は21、日本は75強の珍地名への旅のガイドが掲載されており、筆者は基本的にすべて自分で周り、看板など地名が分かるもの前で記念撮影しています。世界中へ、島から局地まで足を運んでいますから、ものすごい情熱ですね。

それぞれ頑張ったレポートなんですが、基本的にすべて出落ちで、「現地へ行ってみたらほぼ何もない田舎でした」というパターンが延々と続くので、実際に行ってみたいという方以外は、特に全部を丁寧に読む必要もない気がします(笑)

バカバカしい内容ですから、期待値ほどほどくらいで読むといいですね。


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【世界でもっとも阿呆な旅】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ