2013-06-06

おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-

17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!

エッセイスト・宮田珠己さんが、17世紀に描かれた「オランダ人が見た不思議な日本」を、多くの挿絵を引用して紹介する一冊。鎖国体制の日本に来たオランダ人は、日本で見聞きしたことを文章などで広めていきますが、伝言ゲーム的に情報は誤って伝わり、イラスト入りの本になった時には、すでに原型を留めていないまでに変形しています。

本書で主に紹介するのは、1669年にオランダ人のアルノルドゥス・モンタヌスが著した『日本誌』という書物です。本国で歴史世や教科書の出版を手がけていた彼は、オランダ使節フリシウスの『江戸参府日記』などの情報をもとに、後に奇書と呼ばれる『日本誌』を執筆しました(※彼自身は日本へ来たことはありません)。当時のヨーロッパでは日本に関する情報は少なく、いくつかの本を参考にしたものの、テキストから挿絵を書き起こしているため、トンデモな世界となってしまっているのです!


説明文:「噂と空想が入り乱れる、フシギの国の挿画。「モンタヌスやその時代の人々の日本情報は、そんな意外性と荒唐無稽さが横溢して、実に胸躍る、ありえない世界を現出させていた」。外国人が想像で描いた、でたらめでほほえましい日本の地図や、豊満な胸をした女性のブッダ、だぶだぶソデのサムライ、ラジオ体操おじぎをする日本人たちなど、ユニークすぎる絵図の数々。「そうして私はなぜか気づくと、自分でこんな本を書くことになっていたのである」(宮田珠己)。」


この手の本は、たいていどれを読んでも面白いものですが、本書は図版が大きめなのがいいですね。挿絵として使用された版画が大きめに掲載されていますし、注目の部分はアップの画像も載せてあります。

見たこともない国の風俗を、テキストから連想して絵を書き起こすという作業は大変らしく、例えば着物の着方・お辞儀の仕方など、いちいちメチャメチャです。参考とした本に中国やインドのものも混じっていたのか、不思議な雰囲気なんですよね。当時の安土城などを描いたものも、実物を見ていないのですごいことになっていますw

そんな風俗の描写も面白いのですが、すごかったのが5章「得体の知れない宗教」の項目でした。犬顔の仏さま(阿弥陀仏だとか)が7つの頭がある馬に乗っていたり、三十三間堂を怪しくしたような五百羅漢堂があったり、千手観音の手の付き方がおかしかったり、補陀落渡海らしき絵では海に飛び込んでいたり。伊勢神宮なども登場しますが「粗末」扱いされています!多くのシーンでヒンズーの神々と混同されているのが見えて、なかなか面白いですね。

おかしな図版に目を奪われますが、ちゃんとその当時の情勢や、こんな本が書かれた背景なども解説してありますから、歴史好きな方にもオススメです。私はとても楽しく読み終えましたので、興味のある方はぜひ手にとってみてください!


『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より

『<$MTEntryTitle$>』より


【おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-】の関連記事

  • 『マンホール:意匠があらわす日本の文化と歴史 (シリーズ・ニッポン再発見)』~マニアさんが画像コレ約400点を紹介。画像は白黒。地域紹介の読み物的に充実してます~
  • 『厳選! デザインマンホール大図鑑』~美しいデザインのマンホールが553枚!見やすくコラムも充実。お勧めです!~
  • 『大人の探検 奇祭』~大人の探検シリーズ二冊目は「奇祭」。読みやすくて適度に専門的。かなり楽しめます!~
  • 『デザインマンホール100選―阿寒から波照間島へ旅歩き』~マニアご夫婦が集めた美しいマンホールの蓋の画像が多数。旅行ガイド本のような楽しさ!~
  • 『世界でもっとも阿呆な旅』~スケベニンゲン、エロマンガ、鼻毛。「珍地名」探訪マニアの活動記録。呆れるほどの情熱!~
  • 『南極1号伝説 ダッチワイフからラブドールまで-特殊用途愛玩人形の戦後史』~ラブドールの歴史をたどった真面目な一冊。(※アダルトではありませんが18禁で)~
  • 『いやげ物 (ちくま文庫)』~もらって嬉しくない土産物=「いやげ物」。400点強の写真入りでMJワールドが炸裂します!~
  • 『JAPAN UNDERGROUND』~日本の「地下空間」の写真集。あまりにも退廃的で蠱惑的。身震いするほどの美しさです~
  • 『巨石巡礼―見ておきたい日本の巨石22』~全国22ヶ所の「巨石」スポットを紹介した一冊。写真も美しく、ガイド本としても使えます~
  • 『古くて新しいお江戸パワースポット 富士塚ゆる散歩』~関東に残る「富士塚」を探して登り、信仰する人々に密着し、その魅力を伝える充実の一冊~
  • 『おかしなジパング図版帖 -モンタヌスが描いた驚異の王国-』~17世紀のオランダ人が描いた奇書『日本誌』。とんでもない挿絵が興味深く面白い!~
  • 『キャラ立ち民俗学』~確珍犯・即身仏・天狗・飛び出し坊や・鍾乳洞など、広大なMJワールドの入門編に最適!~






  • Twitterでフォローする
  • Facebookページを見る
  • Instagramを見る
  • ブログ記事の一覧を見る







メニューを表示
ページトップへ